川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

またまたOn any sunday

ま深夜に帰ったら、またまた届いてた。



それでまたしてもOn Any Sunday。

今回はリアルマッコイズの高級品。
当然古着。
高級な値段はしなかった。



当時のポスターのバックプリント。

これもまたカッコいいわ。



袖にはロゴが。

高級品だけあって生地がいいのか、着る時に一切伸びようとしない。
これは想定外でなんかちょっとキツイのと脱ぐのがすごく大変だった。

たくさん着て伸ばそ。


おわり


おわり

 

ステムベアリング確認

朝。
当然遅起き。
暫く早起きというのができてない。

くだらないゾンビ映画を観てから作業にかかる。



赤フレームのステムベアリングレースを撤去。

降ろすのめんどいのでサンバーの車内でやるが、下側が難儀。



結局降ろして作業。

無駄だ。



新しいテーパーローラーベアリング。

ただ、やっぱりかなり厚みがある。
レースを打ち込もうと思ったが、とりあえず色々確認。



トップナットを外してシャフト出代のチェック。

トップブリッジ上面からの出代は約8mm。
ワッシャーを付けると約7mm。

ボクのはXLXのトップブリッジに変えてるせいもあるのだろうか。
意外に短い。
テーパーローラーベアリングに変えて、これがどれだけ食われてしまうのだろう。



テーパーローラーベアリングの厚みは約12.5mm。



ボールの方はアウターレースだけで約6mm。


これがインナーレースとボールを入れた時にどのくらいの厚みになるかだ。
あまり厚みに差があると、それだけトップブリッジからの出代が少なくなる。
ベアリング厚みの差が1mmくらいならなんとかなりそうだが、2mmを越える差がある場合は
まずいかも。ネジ山のかかりが浅くなりすぎる。

などと考えるとテーパーローラーのレースを打ち込む度胸が出ず、もう少し調べることにした。
もう一度外すの嫌だし。



とりあえずプラグのチェックして。

交換しといた。



回転が安定しないのでスロットルをチェック。

けっこう汚れてたので洗浄とグリスアップ。
なんとか回転は安定した。



最後にタペットホールカバーのOリング交換して。

これでオイル漏れ止まるとは思えんが。
いちおう汚れ落として様子見。



キックシャフトのオイルシール廻りも洗浄して。

これでオイル滲みかどうか様子見。


とりあえず今日はここまで。
もう疲れちゃって。
でもシーズン前になんとかしたいわ。


おわり


本日までの走行距離:28379km

 

130,000km


サンバーが130,000kmに。

購入時から32,000kmほど乗った。
まだまだいけるな。


おわり

 

グリップ


また真夜中に帰ったら届いてた。



キジマの安いグリップ。

そろそろ小物も揃ってきたし、やるかなー。


おわり

 

ベアリング

真夜中に帰ったら届いてた。



XL125S用に買ったステムベアリング。

テーパーローラータイプにしてみたいと思って。
パッケージに昭和レトロを感じる。
もう何十年も販売してるんだろか。



あけた。

いちおうMade in japanと書いてはあるが、NTNさんやNSKさんのような大メーカーさんのではないようで。
先生は純正と比べると磨耗が早いと言っていたが。
これも同じものだろな。

それより厚みがあるからステムシャフトの長さが足りるか心配。
ノーマルの三つ又でならHIDEさんがやってるので実績あり。
ボクのはXLX用三つ又にシャフト打ち替えなんで、、うーむ。
勝負だな。
先生のはボクのに似てるけど、テーパーローラー用にちょっと長めのシャフトをジュラルミン鍛造で
ワンオフしてるんだって。
そんなすごいズルしてたのか・・・

暖かくなる前にフレーム換装終わりたいわー。
時間が欲しい。


おわり

 

« »

04 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR