川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

究極のバイク サイボーグライダー

JUGEMテーマ:車/バイク

こんにちは。日記を書いていたらまた風呂を焚きっぱなしにして熱湯風呂を製作してしまいました。大変です。


懐かしむ人も居たのでまたTOY話。お約束のノンケはスルーね。

今回は数あるサイボーグシリーズのラインナップの中でも、親に発狂しそうなほど買ってくれと頼んだ一品。
今でもこんなにデザインの秀逸なTOYは見たことないね。



ボクの小さい頃の憧れのオモチャ、

サイボーグライダーである。

今回も箱入りで登場。




中身はこう。

オートバイ乗りとオモチャ好きの魂が両方揺さぶられる。

では、久々に組んでみよう。


ちなみにこのオモチャは変身サイボーグ1号がオートバイに変身するって設定ね。



まずはサイボーグ1号をバラす。

なんかかわいそう。

マヌケというか、

でも美しいというか、




次は車体を。

ホイールとエンジンを組む。

エンジンは、やっぱ原子力エンジンだったっけ?忘れた。




サイボーグ1号をドッキング。

なんかまだ、ローラー持って腕立て中、

みたいな感じ。辛そう。。




マフラー、リアフェンダー、タンデムシート(リアカウル?)を装着。

なんとなく良い感じになってきたぞ。




光線銃をセット。

クリアーレッドがイケてます。

それにしても太いねこのタイヤ。

バンバン?




ライダー用ヘッドを装着するとなんだか精悍な感じに。

ゾクゾクするね。

あと一歩で完成だよ。


ハンドルとスクリーンを付けて…





ジャジャーン!!完成!!!

チョーカッコイイ!!!






後ろからも。
クリアボディとメッキメカ、黒のタイヤがマッチしてる。光線銃の赤のワンポイントもセンスが非常に良い。

まさに人馬一体だね。誰が考えたんだろこのデザイン。ボクの子供の頃の心はこのバイクに鷲掴みにされたね。いまでも鷲掴みだけど。
東本昌平さんのはる萬のトップ画にも以前こんな感じのおねいさんバイクのイラストが貼ってあったね。

では細部を少々見てみよう。


マフラーはドラッグマシンのように低く、スラッシュカットでワルっぽい感じ。

リアショックは片側に二本付いてるんだ。なんで?

フェンダーは随分と垂れ下がってる。フェンダーレスとか付けたいね。




フロントは下から煽ると、

やっぱチョーカッコイイ!!!

ハンドルは族車みたいだけどね。


ハンドルなど付いてはいるのだが、ディープな方達はいつもこうツッコむ。


「自分がバイクになったら誰が乗るの???」


ボクもそう思うのでとりあえずワタルくんを乗せてみた。



デカイ。

子供にはちょっと無理だね。

免許無いだろし。

勝手に動いてくれるからいいんだけどね。

このツッコミはタカラの人に聞かないとわからんね。


このセットはオートバイセットていうんだけど、別途側車を買うとサイドカーにもなったりするんだよ。
そして究極のセットとしてサイボーグ1号とオートバイ、サイドカーが全てパッケージングされたフルセットという商品も売られていた。
これは当時('74年)5500円という破格の値段で売られていたため、持ってる子供はボクの回りには一人も居なかったよ。居たらヒーローだね。

今見ても全く色褪せない究極のバイクTOY。ずっと箱に入れっぱなしで久々に組み立てたから、暫くこのまま飾っとこ。

サイボーグシリーズまだ続くぞ。


おわり

スポンサーサイト



Comments
No title 
チョ、チョーカッチョイイ!!

なんとなくお洒落な感じもします(笑)



No title 
そうでしょ。
やっぱり変身サイボーグは日本が誇れるオモチャです。
ライダーの美しさは今でも充分通用しますね。

ボクはライトの中のライダーヘッドが結構好き♪

Body

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR