川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

オイル漏れ確認

ニンジャの次はXLのチェック。
ちょっとオイル漏れが気になるので。



前からヘッドカバー廻りが汚い。

ここはタペットホールキャップのOリングがダメなのだろう。
かなり汚れてる。



キックシャフト。

オイルシールの周辺が汚れてる。
シールがダメなのか、キックアームへの注油の油が付いてるのか。
一度キレイにして様子を見よう。



エンジン左側。

ここもヘッドカバー廻りが汚い。
タペットホールから漏れたオイルだけではなさそうな気がするのだが。

ガバナの奥のオイルシールが気になったのでパルスジェネレータカバーを開けてみる。



開けた。キレイ。

大丈夫のようで。
ついでにガバナにスプリングチェック。
こちらも大丈夫。
どなるとパルスジェネレータベースのガスケットが気になるが、そこまでは見たくない。
寒いんだよ。



うーん。

こうやって見ると、ヘッドとヘッドカバーの間から漏れてる気がする。



やだなぁ。

ここはエンジンを降ろさないと作業できない。
まずはやりやすい所から始めてみよ。

明日から仕事。
また頑張らねば。


おわり
スポンサーサイト
Comments
 
エンジン下ろすなら、ついでに赤フレーム!
 
自分のはタペットホール部はエンジンオイルのドレンパッキン使い回しでも漏れないですがkattuさんのはヘッドが違うんですね!
 
symさん、この車両もヘッド自体はノーマルです。
デコンプ穴加工しただけなのでドレンキャップと同じOリング。

でもヘッドカバー合わせ面から滲んでいるならフレームを赤いのに交換(笑)
 
六ツ星様
そうですか。デコンプの必要性があるんですね。
それと自分の名を間違えてました。yamでした。
 
yamさんでしたか!

XL125Sオーナーがまた増えたかと思いました(^^;


普通に乗るならデコンプ不要ですが、ヌルヌルの下りに行く人は下りでエンブレを和らげるため、排気量を上げた人はキック機構を保護するため必須です。
 
先生
あけましておめでとうございます。

では、赤フレームやるかー!
ステムベアリング用意しよ。
先生、ちょっとお聞きしたいのですが、ステムベアリングって社外でテーパーローラー型があるじゃないですか。
あれって純正のスラストボール型と変えたらなんかがよくなると思いますか?
 
yamさん
あけましておめでとうございます。

そうなんです。
ボクのヘッドはデコンプ有無の違いだけなんです。
タペットホールキャップとドレンキャップのOリングって同じなんですか。
そんなことも知らないんです。
だったらナップスとかに売ってるかも。
ありがとうございますー。
 
うちのはテーパーローラーベアリングに交換しています。
メリットは、線接触(純正のボールは点接触)なので剛性が上がること。

デメリットは、純正と比べて焼きいれが甘いようで、割と早く磨耗して頻繁に締め付け直しが必要になることです。
また、組み立て幅が純正より少し長いためステムシャフトの長さが足りなくなる可能性もあるので注意。
私のはそれも考慮して少し長いステムシャフトをジュラルミン鍛造でワンオフしました。
 
先生はテーパーローラー使ってるんですね。
それは参考になります。
剛性アップは想像してた通りで聞けてよかったです。
品質はこれも予想はしてましたがそうですかー。
点から線で接触面積が増えてるにも関わらず、減りが早いとは。。
そうなると考えてしまうのですが、やっぱり一度ボクも試してみます。

先生のはステムシャフトはジュラ鍛ワンオフですかー、、、羨ましい。
 
私もテーパーローラベアリングを使っています。
https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1118693/car/2320419/4172121/note.aspx

ステムシャフトは純正のままで組みました。
 
HIDEさんもテーパーローラーですか。
使っている方が居られると安心します。
メーカーが2つ3つあったような気がしたのでどれが具合がいいか勝負してみます。
結局どれも出所は同じ果もしれませんが。

Body

« »

04 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR