川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

関西ツーリング(2)

朝。

おはようございます。
仮眠のつもりが朝まで寝た。。


DSCN2250.jpg
西宮名塩SA。

天気よし。
ソッコー出発。


DSCN2251.jpg
福知山I.Cで降りる。

さて、こっからが旅の始まりだ。
と言ってみたが、まだどこまで行くかは決めていない。


DSCN2255_2016050413292738e.jpg
北上しながら旧道探索。

R176与謝トンネル上の与謝峠へ向かう。


DSCN2258.jpg
与謝峠。

苔むした石積みが雰囲気を醸し出す。
でもやっぱバイクで来てみたいね。


DSCN2263.jpg
道の駅シルクのまちかや。

この辺が適当かと思い、バイクを降ろす。
周辺の峠越えでもしてみるか。

さぁ、行くぞと思ったら何か指先に違和感。


DSCN2264_2016050413310780f.jpg
ブレーキレバーが…

ピボット部分が折れてるじゃん。


終わった…


タイダウンベルトがレバー部に負荷を与えてたようで。
これはきっとトランポ初心者あるあるだな。

ここで終わりたくないんで頭をつかう。


DSCN2266.jpg
タイラップ職人縛ってみた。

4本使ったらがっちり固定できて、折れる前と変わらないフィーリングに。
あぁ、よかった。

無駄な時間を費やしやっと出発。


DSCN2271_20160504133110d16.jpg
一発目は県道701号 滝峠。

付近に楽しそうな脇道が多数あったね。


DSCN2273.jpg
続いて県道704号。

ダートの分断県道の先には峠があるが、



DSCN2278_20160504133113068.jpg
行き止まりは峠まで達してなかった。

この先は徒歩道。


DSCN2280.jpg
戻って県道2号岩屋峠へ。

現道の峠はスノーシェードが被っている。


DSCN2281.jpg
旧道組は当然旧道へ。


DSCN2282_20160504133215acb.jpg
しかし、スノーシェード部分で道が。

ここを岩屋峠としよう。

また戻る。


DSCN2287.jpg
続いて検討705号加悦奥峠。

「かやおくとうげ」と読むらしい。


DSCN2295.jpg
与謝野町のあぜ道。

天橋立行こう。


DSCN2300.jpg
途中で最新版ツーリングマップルを購入。

持ってきたのは2003年版なんで。
情報量が圧倒的に違う。
地図はたまに新しくしないとなー。


DSCN2302.jpg
早速見つけた県道651号大内峠へ。

上の公園をちょっと見て戻る。


DSCN2308.jpg
天橋立を通り過ぎて、先に県道45号板戸峠へ。

さらに寄り道。


DSCN2313.jpg
R178宮津トンネルの旧道トンネルへ。

実にカッコいい。


DSCN2316.jpg
隧道ではなく、「農商通利」と扁額が。

反対側へ。


DSCN2320.jpg
反対側も素晴らしい。

あれー?


DSCN2321.jpg
こちらの扁額は「撥雲洞」とある。

近くの看板にトンネルの説明があったが、なぜ扁額の名前が違うのかは書いていなかった。
ただこのトンネル、明治に造られたものらしく、当時としてはかなり豪華なものだったらしい。
その威光は現在でも衰えることなく素晴らしい。
長く残してほしいものだ。

ちなみにここは栗田峠を貫通させたもののようなので、当評議会は現在の栗田峠と認定する。


DSCN2328.jpg
いいもの見たらやっと天橋立へ。

海上に一直線に見えるのがそう。

更に核心部へとハンドルを進める。
天橋立付近はお土産やと人でごったがえすが、無視してバイクで進む。
写真など撮っている場合ではない。


DSCN2329.jpg
天橋立根元の小さな橋を渡る。

廻旋橋といい、船が通るとき90°旋回するようだ。
人目を気にしながら中へ。


DSCN2330.jpg
そこには標識が。

原チャリは通行可能の標識。
やったー!
原チャリでよかったと思う瞬間。


進む。


DSCN2335.jpg
また橋。

このように観光客が非常に多く、たまに怪訝な顔をされる。
でも合法なんで大きな顔して通れる。
これは実に気持ちいい。


DSCN2336.jpg
浜にも出れたりして。

特権な感じが実に楽しい。


DSCN2342.jpg
レンタル自転車はよく通るが、バイクは少ない。

若い男子には羨ましがられる。


DSCN2343.jpg
なんちゅうか、異次元な感じで楽しいわけだ。


DSCN2344.jpg
何度も浜に出て。

オフロードバイクだしね。


DSCN2345.jpg
たまにツーリングライダーが通る。

お互い手を振りあって喜ぶ。


DSCN2352.jpg
さんざん楽しんだ天橋立もこの辺で終了。

原付ライダーは是非行こう。


DSCN2372.jpg
丹後半島。

伊根に向かう。


DSCN2376.jpg
途中のトンネル旧道。


DSCN2379.jpg
やっぱダメか。

こんなことの繰り返し。


DSCN2380.jpg
伊根の舟屋。

とっても有名な観光地だが、来てみるとボクにはあんまり。

去る。


DSCN2391.jpg
丹後大仏。

地図上にあったんで気になって来てみた。


DSCN2392.jpg
大したことなかった(笑)。

これも旅だ。


DSCN2395.jpg
たまに自分。

いい時間だし、この先あまり楽しい感じでもなさそうなんで戻る。
やっぱ観光地はボクには向いていないな。


DSCN2408.jpg
天橋立以外は。

楽しいんで帰りも寄る。


DSCN2412.jpg
こんなに人が居る。

観光客の中には「こんなとこバイクで入りやがって」という顔で見る人も。


DSCN2415.jpg
更に廻旋橋。

回転中で渡れず人の渋滞。
この中にバイクで突っ込む。

見物で停まる人が居るので歩くよりも遅いスピード。
人にケガさせないように注意。


DSCN2416.jpg
天橋立から白道へ。

一気に山の中。


DSCN2420.jpg
地蔵峠。

地図には少しダートとあったが、舗装されてしもた。


DSCN2421.jpg
降りたらゲートが。

開ける。


DSCN2422.jpg
倒れた(笑)。

急いで救助して車に戻る。


DSCN2424.jpg
着いたらさっさと積んで。

移動しようぜ。


DSCN2426.jpg
神懸峠を越えて兵庫県側へ。

だいぶ日が落ちてきた。


DSCN2430.jpg
途中で地図見てたら虫がたくさん。

これ、かげろうかね。ナウシカの世界です。
この時期夕方田んぼの近くを走ると必ず大量にいるヤツ。
バイクだと体にバチバチ当たったり、口に入ったりするから恐怖。

1分も停まってないのに5,6匹フロントガラスに止まった。
走り出したらフッ飛ぶだろうと思ったら、逆に押し付けられて気持ち悪いったらない。
スピード出すと潰れそうで怖いわ。


道の駅ようが但馬蔵でバイクをまた降ろす。
今夜はここに泊まろ。


DSCN2432_201605041343194d7.jpg
すぐ上に温泉あるし。

気持ちよくなって、飲んで寝ます。
サンバーは足伸ばして寝れて快適。

また明日。


つづく


本日の峠:与謝峠、滝峠、岩屋峠、加悦奥峠、大内峠、板戸峠、栗田峠、地蔵峠、神懸峠
本日までの峠:749峠
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR