川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

サンバードライブ

朝。
雨降ってる。降らないって言ってたのに。

今日はバイクに乗ろうと思ったが、またまたサンバーに乗ることに。

行くあてもなく高速に乗り、愛鷹PAで降りる。
よくわからんが、伊豆長岡方面に向かう。


伊豆長岡付近まで来たら、そそる白道が6日から通行止めになると書いてあるので、もちろん入る。


DSCN1974_20160403225905191.jpg
小さな峠。

車坂っていう所みたいなんだけど、峠の名前があるかは不明。
なんか通称の峠名はあるのだろうか。
誰か教えて。


降りる。


降りたら地図上に「人造施設」と記載のある、何かの施設の敷地ような場所を発見。

人造施設、、、人造人間というキーワードをすぐに思い浮かべた。
人造施設→人造人間→地下組織→秘密結社、などと瞬時に色々なキーワードが浮かび上がり、
ハンドルが自然と向かう。


DSCN1976.jpg
人造施設。

造成してるだけだった。。
これから地下組織のアジトを地下に造るのだろうか。
だいたいなんだよ人造施設っていう怪しい表現。


去る。


DSCN1977.jpg
またしても峠のような白道発見。

またまたハンドルが自然と向かう。

少し登ったら民家が出てきて急に道が狭くなる。
行けるのか怪しい匂いを若干感じたが、アクセルを踏んでしまった。

峠が近づくにつれ坂は急激に勾配を増し、幅員は軽自動車一台分となる。
峠の付近に現れたのは、軽自動車一台分の幅で急坂急ターン、ターンの途中には停車の逃げ場が
あったがそこも狭い。
停まっても立ち往生しそうな気配だったので、サンバーの小回り性能を生かして一気に行く。
カーブの先はクソ狭く、ガードレールの無い土の浮いたコンクリ舗装でストンガケ。
峠の直前で更に勾配を増したスゲー急坂で、さすがにギアをローにしたらタイヤが一瞬空転!!

隣で奥様が「ギャー!!!」と悲鳴をあげた。


DSCN1982.jpg
そいで着いたのがこの峠。

危なかったわ。
サンバーの少し後ろは急坂。

奥様はそのまま下がって、崖の下に落ちると思ったらしい(笑)。
車での白道探索はほどほどにしましょう。
さすがに写真撮ってる余裕もなかった。

ここも花坂って名前があるんだけど、ちゃんとした峠名は無い。
でもここは花坂って地図に書いてあるんで峠にしちゃおう。

降りる方も狭くって参ったな。
途中でゲートとかあったら戻れないじゃん、とか思ったもん。

一般道に出たときはホッとした。
今のも一般道だけど。

年に一度はこういうドキドキを体験するな。


DCIM0347.jpg
奥様の心臓が(自分のも)バクバクしたんで休憩。

いちご大福買いに。

そろそろ帰り道に入るか。


IMG_5317.jpg
韮山反射炉。

せかいいさん。

外から見る。

この近くの白道も面白そうなのがあったが、入り口まで行ってヤバそうだからヤメといた。
今度バイクで来よう。


DSCN1985.jpg
韮山峠。

伊豆スカに乗る。
霧がすごかった。

ついでに芦ノ湖スカイラインに。
十何年振りかに久々に乗った。

630円も取られた。
十何年も乗らなかった理由を思い出した。


DSCN1988_20160403230218a46.jpg
霧の三国峠。

久々だね。


今日はいい休日だったね。
明日からまた仕事、頑張ろ。


おわり


本日までの走行距離:100032km

本日の峠:花坂、韮山峠、熱海峠、十国峠、箱根峠、杓子峠、三国峠、湖尻峠、乙女峠、七国峠
本日までの峠:738峠
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR