川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

いよいよバイク積み込み

昨日はまた仕事。
今日は遅起きで疲れて昼までまったり。

ラダーも手に入れたし昼過ぎてから動き出す。


DSCN1932.jpg
まずはフック増設。

キャラバンかなんかの純正らしい。
4つで500円と安かった。
もちろん中古品。


DSCN1929.jpg
座席の後ろのボルトに共締めする。

助手席側はヒンジがあるので下向き。


DSCN1930.jpg
運転席側

こっちは何もないので上向きに。
これで準備オッケーか。


DSCN1933.jpg
ラダーレールはこれ。

アルミの三つ折りタイプ。
最初は二つ折りのストレートタイプ(湾曲タイプはかさばりそうで嫌だった)を探してたんだが、
これがなかなかよさそうだったんで。

値段もなかなか安くって、送料込み、クーポンで500円引きで得しちゃった。
と思って喜んでいたら、ヤフオクで同じのが売ってて、送料含んでもヤフオク
の方がずっと安かった。
そそ損した。。


DSCN1935.jpg
とりあえずあてがう。

横から見るとヒンジがまっすぐにならない所で止まるので、なんとなく湾曲に近い感じで
曲ってる。
これだったらニンジャでも下をすらないかも。


DSCN1936.jpg
梯子の幅が広いような気もするが。

どうだろう。


DSCN1940_2016032722024938a.jpg
それじゃまぁ行ってみよう。

せーので勢いもつけず、ゆっくりと押してみた。
スルスルと登って、


DSCN1941.jpg
あっさり入った。

試しに押してみたんで、途中で降ろそうと思ってたんだけど簡単に入っちゃった。
ボクのXLはミラーが下に付いてるんで、特に当たるも何もなしで。
床養生もなんもしてないけど、いいか。
スタンドは100円灰皿置いて。


DSCN1944.jpg
リアハッチも問題なく閉まった。


DSCN1945.jpg
クリアランスは十分かな。


DSCN1947.jpg
色々と体位を変えてみたりして。

タイヤを運転席と助手席の間に入れるといいようだけど、ちょっと運転中に気になりそうだったんで
タイヤは運転席のカドっちょに当てる事にした。


DSCN1950.jpg
こんな感じで。

これでもドア開けてもタイヤは落ちない。
運転席のシートもそれなりに下げられる。

これなら助手席の人とのやりとりもジャマじゃない。


DSCN1953.jpg
タイダウンかけてみた。

前2本、後ろ1本。
前2本だけでも大丈夫そうだったけど、念のため後ろもやっといた。


DSCN1957.jpg
荷物ぶっこんで終了。

奥様呼んで試走。

走って揺れてもグラグラする様子はない。
ちゃんとできたかもね。


DSCN1961.jpg
広域農道で桜。

気持ちいいね。


DSCN1966.jpg
帰りは善波トンネル近くの峠で。

ヤギとちょっと会話して。

いい休日だったけど、明日はもう仕事か。
ここんとこ仕事とクルマばっかりで。
そろそろバイクに乗りたいなー。


おわり
スポンサーサイト
Comments
http://fuu10.minibird.jp/bike/bbs1-main/joyfulyy.cgi 
軽箱バンではサンバーが最強ですね。

旧々規格サンバー(550)にXR350RとRTL250Sの2台積んだことがあります。
旧規格サンバーにXL125Sを2台とモンキー1台を積んだことがあります。
 
旧々規格で二台、旧規格で三台ですか、載りますねー。
ならば現行規格のサンバーならXL125Sを二台積むのは、当然可能という事ですね。
なんか載せられそうなスペースはあるなぁ、などとは思っていましたが。
載せる時は大変でしょうけど。
 
イヤー ピッタリじゃないですか!

これで遠方まで出掛けて、夜は車中泊なんてすれば、どこでも行けそうですね。
 
これで禁断のトランポツーリングができそうです。
遠方の峠越えとかXLでも楽しめそう。
http://fuu10.minibird.jp/bike/bbs1-main/joyfulyy.cgi 
それにしても桜がきれいで羨ましい。

松山はまだ一分咲き以下です。
 
川崎はそろそろ見頃になってくる頃でしょうか。
今年の桜は長いって言ってましたね。

サンバーにXL積んで松山に行きたいですわ。
これだったら原チャリ自走でなくて済む。

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR