川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

20年振りの犬越路

昨日は家から一歩も出ずに何もしなかった。
今日は朝早く起きて出かけよう、と思って起きたのだが、、体が全く動かず二度寝三度寝。
ようやく起き上がって動き出したのはもうお昼前。

三週連続で神ノ川林道へ。
今日こそは走ってやる。


DSCN0510.jpg
またまた来ました神ノ川林道青根側第一ゲート。

ネット情報によると、ここにはゲートのワキにずっと通せんぼの岩があったようなのだが、最近なぜかどけられたと。
ボクはたまーに調査に来ていたにも関わらず、岩があったことも記憶になく、ただ通れないと思っていた。
確かにゲートのワキにはバイクが抜けられる隙間がある。

でもゲートにカギかかってないけどね。

今日は工事も終わったのかゲート前には誰も居ない。
よし、行くのだ。これから冒険の旅が始まる。


DSCN0511.jpg
ゲートをスイッと通り抜ける。

あぁ、この地に再び立つことができるとは。


DSCN0514.jpg
少し行くと青根側第二ゲートが。


DSCN0517.jpg
そこもスイッと忍法で通り抜ける。

ニンニン。

滝&トンネル。


DSCN0521.jpg
その先にまたトンネル。

先へ。


DSCN0522.jpg
いやぁ。


DSCN0524.jpg
もうドキドキワクワクなわけです。

20数年振りのこの地を噛みしめながらゆっくりと走る。


DSCN0527.jpg
ゲートから1kmちょっとで早くも待望のダートが。


DSCN0529.jpg
嬉しいなぁ。


DSCN0530.jpg
橋。

この橋はまだここが走れた当時、林道に似合わぬ大橋を建設中だったのだが、あの橋なんだろうか?
記憶が徐々に蘇る。


DSCN0538.jpg
ダートは舗装を交えて断続的に続く。


DSCN0539_20150921000921d3f.jpg
休憩。ゆっくり行こう。


DSCN0541_201509210009223af.jpg
また橋。


DSCN0543.jpg
崩れてる所は結構多い。

ただ、管理や補修での通行があるのだろう、通る分だけはきれいにどけてある。


DSCN0548.jpg
またまた自分を撮ったりして。


DSCN0552.jpg
気が付くとダートは終わっていた。

かつてはそこそこのダート距離だったが、現在は舗装されて5km程度となってしまっている。


DSCN0553_201509210010325fc.jpg
おっと第三ゲート。

ここは開放されている。

そして、、


DSCN0556_20150921001033c31.jpg
バンザーイ!!

とうとう峠の犬越路トンネルに着いた。
ここへ来れたのは20年ぶり。
感激でシッコ漏れそう。


DSCN0557_20150921001034ba0.jpg
20年前はこうだった。

この時はさっきのゲートが閉まってて、もう走れなかったはず。
だいたい道凍ってるし。


DSCN0559_20150921001036dc2.jpg
トンネル内。

ここは心霊で有名なトンネルなのだが、懐かしさの方が先で怖さなど全く感じない。


DSCN0565_201509210012026e6.jpg
通行止めの標識。

表面のサビレが自動車の通行が無くなってからの年月を物語るようだ。

抜ける。


DSCN0571_20150921001204497.jpg
反対側には犬越路林道の開設記念碑が。

こんなのあったかなー。
土砂で埋まりかかってるし。

青根側では林道標識は「神ノ川林道」と書かれているが、この石碑にはしっかり「犬越路林道」と書かれている。
青根側と山北側で呼ばれ方が違うのだろうか。
昔はライダーはほぼ「犬越路」と呼んでおり、地図や林道紹介とかだと「神ノ川林道(犬越路)」となっている事が多かった。

名残惜しいが去る。


DSCN0579.jpg
山北側もじっくりと走る。


DSCN0582_20150921001206e70.jpg
分岐が。

全線を通して支線はここだけだった。
当然行く。


DSCN0586.jpg
いきなりのダートでフラット。

走りやすい。


DSCN0584.jpg
3kmほどで行き止まりに。

この雰囲気は覚えてる。
一度入ったことがあるなこれは。

ちょっと手前に二台のジムニーがいた。
ゲートがある以上管理の車だろう。特に何も言われなかったが。

戻る。


DSCN0590.jpg
下界が近づいてきた。

下のキャンプ場が見える。


DSCN0595.jpg
もう少しで終わりだろうか。


DSCN0599.jpg
と、思ったらすぐに最後のゲートが。

ここはしっかり施錠されている。


DSCN0600.jpg
最後も忍法ですり抜ける。

とうとう制覇した。いいなぁ、この感じ。
林道内で出会ったのは自転車3台と管理のジムニー二台のみ。
バイクとは一台もすれ違わなかった。

ただ、入ってる人は居るようで。
オフタイヤの痕跡が数本あったね。

また来よ。


DSCN0602.jpg
帰りの駄賃の箒杉。

ここも20数年ぶり。


DSCN0604_20150921001629169.jpg
茶屋がある。

こんなのあったかな?閉ってるけど。


DSCN0607.jpg
川沿いをどんどん下る。

昔はこの道が延々細かったような。


DSCN0610.jpg
丹沢湖。

今日は緑っぽい。

どうせ通れないが、玄倉林道に寄ってみる。


DSCN0615.jpg
こんな感じのダー舗が2kmほど続き、


DSCN0612.jpg
やっぱりガチガチゲート。

この林道には崩落の危険で人も通れなくなった、青崩トンネルという超ワイルドなトンネルがあるのだが、
通れなくなったので、新青崩トンネルというのがいつの間にかできてるらしい。
ますます行ってみたくなるじゃないか。

旧青崩トンネルはガケに向かって横穴が開いていて、こんな遊びもできた。→こちら
ボクがどこにいるか探してみよう。


戻る。


DSCN0617_20150921001741e2f.jpg
丹沢湖側から秦野峠林道も調査。

ここは開通とほぼ同時にゲートがかけられて通れなくなった林道。
ボクは当時運よく一度だけ通ることができた。

オフロードバイクならワキから通れそう。
誰か一緒に行かない?


DSCN0619.jpg
帰り際、丹沢湖近くのトンネル。

ワキに道が。


DSCN0623.jpg
やっぱり。

こういうのがたまらない。


DSCN0627.jpg
道の駅山北。

一服して。
今日はちょこっとだったけど、思い出深いトコばっかりでホント楽しかったわ。


おわり


本日の走行距離:212km
本日までの走行距離:18859km

本日の峠:トズラ峠、犬越路、七国峠
スポンサーサイト
Comments
http://fuu10.minibird.jp/bike/bbs1-main/joyfulyy.cgi 
良い雰囲気のツーリングですね。

カーブミラーの自分撮り写真だけ見ると1980年代!
 
ここはもうずっとゲート閉鎖されていた林道なんです。
まぁ、今でもそうではありますが。
この辺じゃダート長も雰囲気も地理的にもなかなかの林道でして、けっこうよく通ったんで感慨深いです。

80年代に訪れたことはないのですが、ボクみたいな感じの人が走ってたんですかねー。
やっと出逢えました〜! 
kattsuさん、初めまして。
ちょっと前に私の犬越路の記事にコメントを頂いたかっき〜です。
たまたま緑山の件でどんな所なのか調べていたら、偶然kattsuさんのブログに辿り着きました(^^)
あれから犬越路行かれたんですね。無事に制覇されて何よりです。犬越路隧道を越えて丹沢湖側へ降りる途中の支線ですが、東沢林道という林道です。以前、営林署に確認しましたら、犬越路林道は東沢林道との分岐点までだそうです。ですから、最後に忍法で越えたゲートは東沢林道のゲートです。
秦野峠林道は何度か通りました。寄側のゲートは結構厳しいので、虫沢林道経由で下山出来ますよ(^^)今度、宜しければご一緒したいですね(^^)
 
かっき~さん

犬越路の情報はホントに驚きました。
おかげさまでボクも走ることができました。ありがとうございます。

あの支線は東山林道ですか、そう言われると古い記憶が蘇ってきました。
それになんと虫沢林道が秦野峠林道に繋がっているのですか!
寄側のゲートがガチガチなのは一度見に行って知っていたのですが、虫沢林道が繋がっていたとは。
また貴重な情報をありがとうございます。

緑山峠はですね、今はどうということはない散歩道です。
かつての緑山峠の事を調べてみると、なかなか興味深いですよ。

機会があればご一緒しましょう。

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR