川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

トーシロによるXL250Sメーター分解

XL250Sのメーター、針がフラフラしてどうにも調子が悪い。
中古を買うか、分解してなんとかしてみるか迷ったわけだが、
どうせ中古を買ってもコレは余るのでいっその事分解することにした。


DSCN7184.jpg
まぁバラしたところで直せるかなんて全くわからない。

男はチャレンジするのだ。


DSCN7187.jpg
そもそも分解などしてはいけないメーター。

ネジでパカッと外れる構造ではなく、カシメてある上蓋を捲ってはずさなければいけない。


DSCN7192.jpg
道具は買ってきた。

アングルスクレーパー。
家の買い物のついでに寄ったホームセンターで売ってた。500円くらい。
これで直れば500円で済む。

ヤスリで刃先を少し丸く加工してみた。


DSCN7199.jpg
これを引っかけて捲り上げる。

ただし、このように垂直に刃を突っ込んではいけない。
これでは蓋の輪が広がるだけで一向に捲れない。


DSCN7202.jpg
斜めに突っ込むと具合がいい。

コイツですこーしずつ捲り上げる。
一気にやらずにちょっとずつ。


DSCN7206.jpg
何周か捲り上げたところ。

うまい具合に剥がれてきたが、まだこれでは蓋は外れない。
もう少し頑張ろ。


DSCN7213.jpg
取れた。

さートリップのノブを外してメーター内部とご対面、、、のはずだったが、
ノブが取れない構造だった。。
これを取らないとメーターの心臓部はケースから取り出せない。

引っ張ってもビクともしない。
調べてみるとこれは取れない構造のようだ。
諦めようかと思ったが、諦めてもこのメーターはどうせ捨てるので、


ノブの軸をノコギリで切った。


DSCN7226.jpg
出てきた。

磁石とゼンマイバネでできてるって聞いてたけどホントだった。
すっごく精密部品っぽい。


DSCN7235.jpg
裏。

センサーとローターが見える。
速度警告灯かリミッターだろう。

距離計にはいくつものウォームギアを介してる。なんか面白い。

で、肝心の修理はどうかというと、さっぱりわからない。
軸んトコの潤滑をちゃんとしろみたいに書いてあるが、スプレー吹くくらいしかできんなこりゃ。
これ以上分解したら確実にぶっ壊すわ。

一通り掃除して、給油して元に戻す。
直ってりゃいいが、、、ダメだろなこりゃ。

DSCN7251.jpg
切断したトリップノブ。

中央に小さな穴があいてるから、金属シャフトを通せば強度を保って復旧できそうだ。
ブラインドリベットのシャフトがピッタリだった。
まぁ直ったらの話だが。


500円で直るかと思ってたが、直んない上に500円損した感じだけど、勉強になったね。
来週動作確認してみよ。
ついでにメーター探さなくては。


おわり
スポンサーサイト
Comments
http://fuu10.minibird.jp/bike/bbs1-main/joyfulyy.cgi 
XL125Sのノーマルメーターは四角い箱に入ってますが蓋を取るとスピードとタコに分離できます。
スピードのケースは緑、タコのケースは黄ですが塗装すれば結構いけます。
たまに安いのが出てるのでチェックするといいです。
 
XL125S用ですかー、そうするとXL250Rとかもいけそうですね。
メーターステーさえなんとかすれば。
視野に入れてみます。

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR