川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

トーシロによる禁断のエンジン分解2

今度はクラッチカバーを外してみた。
外せる箇所、緩められるボルトは車載しているうちに、外すなり緩めるなりしておきたい。


DSCN4022.jpg
パカっとご対面。
楽しいが、これからの作業を思うと同時に気が重くなる。
でもこちらも意外にキレイなのでちょっと嬉しい。


DSCN4032.jpg
色々角度を変えて見る。
上から。
左は当然クラッチ本体。右はオイルフィルターローターだって。


DSCN4034.jpg
下から。
オイルポンプ。こんな風になってんだ。


DSCN4021.jpg
ギアシフト廻り。
これで中のシフトドラムを回すんだろ。この辺の事はボヤッとしかわからん。
今回勉強しよう。

ギアの入りが非常に悪いのは、やっぱこの辺に何かトラブルがあるんだろうかね。


DSCN4031.jpg
オイルフィルターローターカバーを外す。
これを外さないと中のセンターロックナットが外せない。
皿ビス3個。

コイツがチョー固かった。
普通のドライバーでは回せず、部屋にインパクトドライバーを取りに行く。


DSCN4039.jpg
ひっ叩いて簡単に外れた。
インパクトドライバー持っててよかった。
ローターの中は端っこにウンコみたいなカスが沢山溜まってた。

この後、中のセンターロックナットを外そうとする。
クラッチの回り止めなど持っていない。
フライホイールの時と同じようにスプロケをボロキレ噛ませて押さえてみた。

グイっと一気にトルクをかけてみたがクラッチが滑っちゃう。
ということは、専用工具のクラッチホルダーが使い物にならないってのは本当だ。
これだとクラッチセンターのロックナットはもっと手強いというわけだ。
ニンジャのスプロケセンターナットを緩めた時を思い出した。

うーむ、色々と考えて、、、明日にしよ。と結論。


DSCN4040.jpg
けっこうバラした。
ボクにしちゃあまぁまぁ頑張ったか?

全バラにするつもりなんでまだまだ先は長いが。


DSCN4045.jpg
上死点出すのに一度外したフライホイールを取り付けてる(笑)
スプロケもストッパー替わりにするのに何度も付けたり外したり。
トーシロだから順序よくできず無駄な動きが多い。
でもちゃんと体で学んだぞ。何事も体験だとつくづく実感する。

さぁー、どうするかな、と思っていたら、、、


DSCN4046.jpg
豪雨。。

急いでカバーを掛けた。
ニンジャは雨ざらし。差別主義です。


DSCN4048.jpg
雨は1時間ほどで上がったが、もう今日はバラす気がないのでパーツ洗浄。

灯油で念入りに洗うが、汚れとサビが酷くて完全にはキレイにはならない。
だってスキマというスキマにドロが詰まってるし。
それでもずいぶんキレイになったかな。


DSCN4049.jpg
一時間半ほど格闘してやっとこの感じ。

明日も頑張るぜ。


つづく
スポンサーサイト
Comments
No title 
今回は運よく外れたからいいけれど、オイルフィルターローターカバーの3本の+ネジ開け閉めにインパクトを使ってはいけません。
フィルターローターが根元から折れることが往々にしてあります。
六角穴ボルトに変更して、手で軽く開け閉めできる程度のトルク管理にしたほうが安全です。
 
危なかったですねー、壊さずに済みました。
言われて見れば危ない形状をしてますね。
いつも的確なアドバイスいただいて感謝します。
まだまだトーシロがバカな事をするので監視をよろしくお願いします。

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR