川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

トーシロによる禁断のエンジン分解1

連休。

エンジンをバラしてみることにした。

サービスマニュアルは先日手に入れた。なんとかなるだろ。
やるのだ。


バラす。


DSCN3990.jpg
もうこれだけ取った。
どの部品も非常にキタナイ。


DSCN3987.jpg
エキパイ。
いろんなとこに切った貼ったの溶接跡が。
ノーマルじゃダメだったのか。


DSCN3989.jpg
アンダーガード。
アルミのワンオフ品のようだが、ボクはノーマルの方が好き。
誰かノーマルと取り替えて。


オイル抜く。


DSCN3991.jpg
またしても黒蜜のようなオイルが。。
しかも量が少ない。

ほとんど乗ってないんだが。
中の状態が思いやられる。


次。


DSCN3995.jpg
色々外したついでにスプロケを外す。
が、まだ早かったようでこの後何度か付けたり外したり。
スプラインはまだ大丈夫そう。

それにしてもキタナイ。


DSCN3996.jpg
ACGカバー取った。
中は意外にキレイ。


DSCN3999.jpg
フライホイールを取る。
想像してたのと違う。
プーラーの先に付いてる部品は使わなかった。

フライホイールの固定工具など持ってないのでクルクル回っちゃう。
仕方ないからスプロケとチェーンにボロキレ挟んで、プーラーを締まる方向にプラハンでひっ叩いたら取れた。


DSCN4005.jpg
外した中。
もっと焼けたようなオイルで汚れてると想像したがキレイ。


DSCN4007.jpg
カムチェーン、スプロケットも問題はなさそう。

ふーん。


DSCN4013.jpg
続けてヘッド側。
パルサーローター、ジェネレーター外して、パルサーベースも外す。


DSCN4017.jpg
カムスプロケットが出てきた。

スプロケ外そうとしたら、マニュアルに圧縮上死点にしろと書いてある。
先に言ってくれ。

ローターボルト付けて上死点を出してスプロケとカムシャフトを外す。
こんな状態でカムが抜けるんだと関心。

写真がないわ。
外したカムはカム山の面に特に異常は無い。
ニンジャのカムよりずっとキレイ。

だか、ジャーナルの細い方は焼けたように黒く荒れている箇所を発見。
これも写真撮ってないわ。
よく撮って記録しておかないと。


長いのでつづく
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR