川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

追浜 鷹取山磨崖仏

朝。
体が動かない。週に三日も会社に泊まるとロクなことがない。

寝てようか迷った午前11時、今日は気になってた追浜の磨崖仏を見に行く。

追浜駅の少し先から県道に入り、学校のそばから住宅街に入ってウロウロ。
グルグル回ってやっと鷹取山公園の入口に着く。


DSCN1865.jpg
ここが磨崖仏への入口。
へんなトコにあるのにけっこうバイクが停まってた。


DSCN2011.jpg
ここからは歩きで。
坂を登っていくとけっこう見晴らしよし。


DSCN2009.jpg
上に着くと広くなって休憩所なんかがある。
磨崖仏はここから歩いて10分らしい。
ここの自販機で飲み物を調達しておくこと。


DSCN1948.jpg
地図を良く見てと。


DSCN1952.jpg
岩場のような道を歩く。
岩登りは禁止となってるが、どうも黙認されてるらしくフリークライマー達の縄張りになってた。


DSCN1954.jpg
こんな階段を上り下り。

けっこう疲れる。
ヒーヒー言って更に先へ行くと、


DSCN1988.jpg
居た。


DSCN1965.jpg
こちら鷹取山磨崖仏。

磨崖仏とは岩に彫られた石仏のこと。
思ったより小さいな。

そういえば大分の臼杵でもおんなじような岩に彫られた仏像を見たな。


DSCN1968.jpg
下から煽って見るとまあまあ迫力があるではないか。
男前だし。
男だか女だか知らんけど。


DSCN1974.jpg
男前もあんまり下から撮りすぎると目が笑ってる。



1234.jpg
小さいとは言ってもこのくらいはある。
山の中に突然現れるとやっぱりちょっとは驚いたりもする。


散々見て満足したら去る。


ここの公園にはもうひとつの磨崖仏がある。
裏磨崖仏とかインディーズ磨崖仏とか言われている。B級好きにはこっちの方が人気だったりする。



DSCN1942.jpg
たぶんココだ。
来たときからそんな気がしてた。


DSCN1940.jpg
藪の中の道を進んでみると、


DSCN1931.jpg
やっぱりあった。


DSCN1895.jpg
キレイに切り出された岩の面には仏像が彫られている。
これは非公認の磨崖仏で、誰かが勝手に彫ったもののようだ。
いわば落書きのようなもの。


DSCN1887.jpg
しかし、


DSCN1890.jpg
なんとも言えない味わいが。


DSCN1905.jpg
素人らしいが壮絶なるセンスがたまらない。


DSCN1875.jpg
寝釈迦はちょっと剥れかかってる。
是非とも修復したほうがいいような。


DSCN1925.jpg
これもかっちょいいなぁ。

カベに彫刻するなとか色塗るなとか書いてあるけど、消さないで残しておくのは管理の自治体もこの良さを認めてるってことかね。
このインディーズ、このまま保存する方向でお願いします。

表も裏もあり一粒で二度おいしい鷹取山磨崖仏、一見の価値あり。


海行って戻っていつもの山へ。


DSCN2014.jpg
変な道通って三増の合戦場跡地へ。

今日はこのくらいでヤメとこ。


おわり


本日の走行距離:181km
本日までの走行距離:113558km
スポンサーサイト
Comments

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR