川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

館山 正木温泉

今日のツーリングの目当ては温泉。
葉山の星山温泉を調べた時に館山にも珍妙な温泉があると知った。
未知への興味は尽きない。行くしかないのだ。


1-1.jpg
R127の那古交差点を左折し、スグに民家の脇道のような道を行く。
途中違う温泉の看板があるが、気にせず進む。


1-2.jpg
知らなきゃ来れないが、なんなく到着したのは正木温泉。
大きな看板があるので前を通ればスグわかる。

とりあえず駐車場に停める。


3.jpg
停めたのはいいが、温泉らしい施設は一切見当たらない。
あるのは洗濯物なんか干してある普通の民家だけだ。

駐車場の奥の道か?と行ってみたが行き止まりだった。
他にそれらしいものもないのでとりあえず民家の中へ進んでみる。


4.jpg
まぁ、違っててもここで聞けばいいや。
突入。


5.jpg
こりゃただの民家だな、と思ったが、壁に何かゴチャゴチャと書いてある。
一瞬フワッとB級な香りがした。
ここで間違いない。


6.jpg
看板?には温泉の名前が。やっぱり。
他にもなんじゃかんじゃと読みたくなくなるくらい書いてある。


7.jpg
左を向いても効能書きが。
全部手書きだ。これだけ書くと大変だろうな。

入り口のような引き戸を開ける。


「こんにちはぁ~」と叫ぶ。



…反応なし。



「すみませ~ん」とかなりデカい声を張り上げる。



シ~ン、、、と音がした。。



ヒト、居ない。



たしか外には「誰も居ない時は勝手に入っていいよ」のような事が書いてあった。
では入ろうかと思ったのだが、引き戸の内側はおよそヒトが入れるような状態ではなかった。

う~ん、これは困ったとウロウロし、もう一度効能書きの看板を見ていたら入り口は引き戸ではなく、
左のドア(ドアに見えなかった)だという事が判明。やっと入れた。。

本格的に突入。


8.jpg
クソ狭くDIY度100%な感じの内部。
う~むこれはなかなかすごい。期待が膨らむ。

とりあえずもう一度声をあげてみたが、やはり返事はない。


9.jpg
ふと右を見るとこれまたDIYな料金箱が。
一体いくら払えばよいのか定かでないが、ボクの場合は650円でよいと判断。
カネを投入し、奥へ。

誰も居ないんでちょっと異様な感じ。
不法侵入っぽく感じる。


10-1.jpg
クソ狭い廊下の突き当たりには「男湯」のドアが。
このテキトーさ加減が素晴らしい。
ドアの向こうには何があるのかとドキドキする。


10-2.jpg
左を向くと更に奥が。
アッチは女湯なのだろうか。

と思ったらそっちから女性の話し声が聞こえた。
一瞬ドキッとしたが、玄関に靴があったから先客なのだろう。
こんなところに来るとはなかなかツワモノの女性だな。

ヒトが居て安心したような、更に怖くなったような。


11.jpg
当然男湯に入る。
ドアの中にはこれまたクソ狭い脱衣所が。
やっぱり星山温泉の雰囲気にそっくりだな。ヒトが居ないところが違うけど。


12.jpg
左に白いドアが。
なんだかあけるのを躊躇する。
あけたらさっきの声の女性達がいたらどうしよう。

あける→人がいる→叫ぶ→捕まる→ツーリング終わり。と瞬時に想像したが、手はすでにノブを引いていた。


13.jpg
大丈夫だった。湯船発見。
取り越し苦労だったか。


14.jpg
湯船を見る。
フタが浮いてる。


15.jpg
剥がす。
ちょっと狭い。一人用だな。

一旦外へ。


16.jpg
もうひとつ奥に部屋があったので調べる。
ここも風呂があるようだ。

こちらは少し広かったんでこっちに浸かることにした。


17.jpg
そそくさと脱いでカゴへブン投げる。


18.jpg
入り口には「浴槽の水は汲み出すな」と書いてある。
少々字が間違ってるが、絶対にやってはいけないのはよくわかる。
やらないように!


19.jpg
中。
必要最小限のものが置いてある。
タオルさえ持ってくれば正しく入れるようにはなっている。


20.jpg
こっちにも湯船にフタが。

どかす。


21.jpg
ちょっと茶色っぽいお湯はやや熱めだがとても気持ちいい。
勝手に入っちゃってホントにいいのかなー、と思いながらも気持ちいい。

なんかここの湯もツルツルしてんだよなー。
こりゃーいい湯だわ。

普通のヒトならここまで入ってこれねぇだろうな、とか思うと更に気持ちよさがアップする。


22.jpg
湯船側から洗い場を。
こう見ると立てかけたフタ以外はわりと普通だな。

出たり入ったりで温まって終了。
チョー気持ちよかった。

あがった頃には先客も帰っていて、結局温泉の方にもお客さんにも誰にも会わなかった。
居たのはネコだけ。

勝手に施設内に入って(カネは払ったが)勝手に帰る。
なんというこの背徳感。

たまんないね。


23.jpg
正木温泉。
こういう温泉は消えないようにみんなで守って行きたいもんだ。
いつまでも続くことを祈る。

また来るよ!


おわり


正木温泉
場所:R127那古交差点から近く(探してみ)
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
駐車場:あり
スポンサーサイト
Comments
知らないよ!!正木温泉!! 
那古の近く??知らなかった・・・

ってか!!大山林道行ったの???

俺泣きながら帰ってきたよ・・・・・・・・

ヤッパ師匠だ!!

俺は夏になったら行ってみる!!!!

温泉はお任せします。。。
正木温泉 
ガイドブックとかでは紹介しにくい温泉なんで知名度は低いようです。
その方がいいけど。

大山林道は途中から逸れて横尾林道を調査してきました。
近年千葉の林道は整備されてないのか荒れてきてますね。
ロードバイクでも通れるくらいのトコが多かったのに。

夏場は藪とオーバーヒート注意!
たまげた! 
すごい温泉ですね。感動的ですわ。
道で無人でうってる野菜とかじゃないですもんね。


正木温泉  凄すぎですが、お湯に入って幸せ気分名kattsuさんは、更に上をいきますね。

いつか、探してみたいです。
kattsuさんが、入ったなら....私も!   と今は、思ってます。ふふふ
温泉はいいですよ 
特にこういう温泉は。

bonさんごぶさたしてます。

こういうトコを楽しいと思うなら温泉ツーリングに向いてる人です。
bonさんは大丈夫そうですね。
いつか行ってみて。ひとりで。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR