川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

葉山 星山温泉

以前葉山に変な温泉があるのを聞いた。
葉山といえば湘南。湘南近辺にも温泉はあることはあるが、どれも気を引くほどのものではなかったので葉山の温泉てのも特に気にしてはいなかった。

でも昨日なんとなく調べてたら、その葉山の温泉は「星山温泉」という秘湯というか珍湯であることを見つけてしまった。
なんだかいてもたってもいられなくなって本日出発の9:45。


DSCN0125.jpg
一般道で行こうかと思ったが、めんどくさくなって横々で。
逗子ICで降りる。

一般道を走り温泉へ向かう。


DSCN0128.jpg
湘南国際村の近くに迷宮の入り口はあった。


DSCN0130.jpg
最初は普通の道。民家なんかもある。


DSCN0132.jpg
ここは魚の剥製館。といっても全くの普通の家だけど。
ココが見つけられるかが第一のポイント。
今度来たら中を覗いてみよう。


DCIM0048.jpg
温泉への分岐は数箇所あるが、「温泉こっち→」とかの表示は一切無い。
しかも分岐ごとに絶対こっちじゃないと思う道が正解の道だったりする。


DSCN0133.jpg
ここら辺の道はもはやボクのGPSにも出てなかった。


DSCN0135.jpg
クソ細い坂を下り、


DSCN0137.jpg
なにやらボロい小屋が現れる。


DSCN0139.jpg
最後は道はダートに。
ここまで来るのにあっち行ったりこっち行ったり。

そのままダートの坂を登りきると、


DCIM0044_20121209202535.jpg
とうとう着いた。
およそ温泉などとは思えなく、どちらかというとクソ山の中の解体屋のような雰囲気だが、ここは立派な温泉なのだ。
だってネットで見たのと同じだもん。ここで間違いない。
知らずに来たら(知らずには来れないと思うが)なんか怖くなっちゃいそう。


バイクを降り、誰も居ないみたいだなぁなどと思ってたら、スグにどこからともなくカブに乗ったオジサンが颯爽と現れた。
誰?と思ったが、この方がここの管理人さんらしい。
なんでボクが来たのわかったんだろ。バイクの音がしたからかな。

「こんにちは。初めてですか?」と聞かれる。
「はい。」と答えると、
「じゃあちょっと見てくれる?見てもらってから入るか決めてね。」などと言っていた。

ネットで見たからだいたいのことは知ってたんだが、一応一緒についていく。


DCIM0040_20121209203441.jpg
風呂はこの奥にある。
う~む、すごい絵だ。


DCIM0039_20121209203441.jpg
そしてこの右側が風呂。
ここで薪を燃やして風呂の源泉を加熱している。


DSCN0142.jpg
で、奥へ行くと炊事場のような場所が。う~む、なかなかやるね。


DSCN0143.jpg
そしてお風呂はココ。
今の炊事場の横。
中央のスキマに見えているのが脱衣所である。
先に見せるのはこの辺でギブアップして帰っちゃう人がたまにいるんだろう。
ボクはどんどん楽しくなってきたけど。


DSCN0145.jpg
背後にあるのは休憩所。
廃墟ではない。これはれっきとした休憩所である。
お風呂が小さいのでお客さんが重なると、前の人が出るまでここで待つんだって。


いちど戻ってオーナーさんとしばし談笑。オーナーさんは実にきさくな話し好きの方である。
話し続けてると入れないので、料金(500円)を払いひとりお風呂へ。

突入。


DCIM0045.jpg
ここは脱衣所。
カゴふたつ。狭い。
めちゃくちゃ楽しい。こういうのを楽しいと思えないなら絶対に来ないほうがいい。


DCIM0046_20121209204041.jpg
で、コレがお風呂。
ステンレスの湯船があるだけ。ワイルド。


DCIM0056.jpg
壁にはよくわからん絵が。
これはなんの時計台だろう。壮絶なセンスを感じる。


DCIM0033.jpg
ちょっと湯を触ってみたら熱い熱い。入れるレベルじゃない。
スグに水でうめてかき混ぜる。


DCIM0057.jpg
水はこの蛇口からどんどん出るんだが、これは源泉そのままの鉱泉らしい。
なんと贅沢な。

しばらく格闘して適温になり、やっと入浴。
泉質はよく知らんがなんかものすごくツルツルしてる。入ってると40過ぎの男の肌がスベスベ。
なんかこれいい泉質なんじゃないかー?

外では薪をガンガン燃やしてるらしく、油断してるとスグに熱くなってくるんで蛇口の鉱泉はほとんど出しっぱなし。
「水を大切に」などと書いてあるが、大切にしてると釜茹でになってしまう。
こりゃーもう源泉掛け流しってやつだな。ご機嫌。


DCIM0034.jpg
ふと見たら入浴の心得が貼ってあった。
湯気で曇っちゃったよ。

ゆっくりつかってもう最高な気分。ここが葉山だってのが信じられん。
かなりゆでダコになってからあがる。


DCIM0041.jpg
外ではやはり薪を次々と燃やしていた。
もうあがりましたよー。

でも次の人がもう待ってた。
こんな場所でもやっぱ来る人は来るのね。


DCIM0047.jpg
森の中の雰囲気をもう一枚。
実際は青い空が見えて実にきもちいい。

以前はココ、アスレチック場だったらしい。
熱気を冷ましながらまたオーナーさんと話す。こんなとこだが常連さんやボクのような物好きなお客がポツポツと来るらしい。
そりゃ来るよな。こんなのこの辺じゃ他にないもん。

15分くらいは話してたろうか、もう話が止まらなくなってきたんで退散することに。
あー気持ちよかった。
これからはちょくちょく葉山に来ることになりそうだな。


DCIM0053.jpg
帰りは城ヶ崎と観音崎回って帰宅。
城ヶ崎のプロペラの下で。今日は風が強くてブンブン回ってた。


恐るべき星山温泉。
次はいつ行こうかな。


おわり


本日の走行距離:190km
本日までの走行距離:105111km
スポンサーサイト
Comments
凄すぎ!! 
こんなトコあるんだぁ~!!

人がいるのもビックリだけど!!チャンと営業してるのも凄い!!

しかも次の人が待ってるのもビックリだ!!

葉山って加山雄三イメージだけど完璧に破壊されたよ!!
葉山に 
こんなとこがあるなんて今まで知らなかったです。
湘南に来ることがあったら寄ってみてください。
驚きです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR