川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

サンバーオイル交換 10回目

朝。
当然昨日も出勤だったんで、早起きしよかと思ってもできず。
昼からカンカン照りの中でオイル交換。



もう10回目だから慣れてるんだが。

暑い。
なんでこんな時間にしてしまったか。



もぐってオイル抜いて。

汗がすごい。



なんとなくスペアタイヤを見た。

ものすごく片減りしてる。
そういえばクルマ屋さんが、片減りしてるタイヤがあったんでスペアと交換しといたよ、と言ってた。



見回したら左のリアタイヤの内側が減ってる。。

これか。
なんでだろ?
左に重いもの積んでるか?
工具箱くらいだけどな。

様子見ましょう。



エレメント交換。

10個セットで買った安物。
今付いてるのと見比べたら、かなり安そうな作りだった。
気にしない。



オイル。

けっこう黒い。
やっぱりちょうど2Lしか出てこない。
少し継ぎ足しとかないといかんな。



オイルはまたモリドライブ。

しかも残って溜めといたやつ。
酸化?気にしない。
少し足りなかったから新品足して。



オイル交換終了。

暑すぎてくたばりそうだった。



終わったらオイル処理。

トイレットペーパーい一本使って染みさせて捨てる。

汗だくでやっと終了。
オートバックスとか行けば座ってるだけで終わることなんだが。
こんなもの全部やってくれてタダだったりするんだから素晴らしいですわ。

夏はやりたくない。


おわり


本日までの走行距離:132350km
前回オイル交換からの走行距離:3807km
スポンサーサイト



 

大量買い

オイルフィルター大量買い



10個。

最低でもあと3万キロは買わんでいいんだが、サンバーがそんなに持つかな。


おわり

 

また珍達そば

秩父の近く通ったんで。



また珍達に。



大盛り。

2玉分なんで量がすごい。
細麺で延びやすいから急いで食べるのだが、スープがむちゃくちゃ熱いんで。
火傷覚悟。
かなりお腹いっぱいになるんたが、奥様の分も半分食べないと。
食べ終わったら汗がビチョビチョで。

うまいんです。
また来ますわ。


おわり

 

御荷鉾林道峠越え

朝。
今日はどこか行こうかと。
奥様はここのところずっと外出してたんで、どこにも連れていってないんで。
どこ行くか聞いたら「ぐんま」と漠然とした回答だったので、とりあえず関越道へ。

途中で真剣に行き先を探し、久々に御荷鉾林道に行こうと勝手に決めた。
若い頃よく行ったんたけど、まともに走るのはほんとに久しぶり。



で、道の駅上州おにし。

あれっ?



ハチくんがお仕事をしてた。

いきなり興味をひくものが。



奥様撮影。

かかかかわいい。
ふわふわしてる。



花粉持ってきた。

あんまりかわいいんでどんどん時間が過ぎる。
今日はもうずっとここでいいんじゃないかとも思ったが、諦めて先へ。
今日はこれが一番楽しかった。

御荷鉾林道突入。



すぐダート。

2kmくらいですぐ終わった。



法久峠。

御荷鉾林道の峠は意外にもほとんどカウントしていない。
ここからどんどん峠行ってみよう。



石神峠。

リール置き場になってる。



投げ石峠。

尾根伝いの道なんで、峠はだいたい一番下がった所にある。



道標あり。



林道開通記念碑。

内閣総理大臣中曽根康弘書。
大プロジェクトだったのか、県知事レベルではなくかなりの大物の名前が。
御荷鉾林道開通時の総理は中曽根さんだったのか。
こういうのは誰かが忖度して名前を掘るんだろうか。
六十里越には田中角栄って掘ってあったな。



秋葉峠。



古峠。

どんどん行こう。



塩沢峠。

ここはそういえば500峠を達成した峠だった。
500峠まで18年かかり、それから800峠まで10年。。
1000峠まではあと10年はかかるな。
死ぬまでにはなんとかしよう。

ここから西はダート。



管理棟。

あー、なんか懐かしい。
なにか施設があったのを覚えてる。



最後の桜かなぁ。



ダートは続き、

ちょっと2WDのサンバーではあたふたしかけるとこもあったけど、なんとか行けた。

ダートは14kmくらい。



杖植峠。

支線あり。



ダート終わって八倉峠。

峠東の大崩落の跡がまだ見てとれた。


去る。



危ない展望台寄って。



景色堪能。



桧沢峠。



塩ノ沢峠。

おぉ、ここは懐かしの峠越えを始めた場所。
ここを一つめの峠としたんだった。
よく撮っておこう、なにせ当時の塩ノ沢峠の写真はタバコ吸ってるボクがでっかく写ってるだけの写真で、
道路がほとんど写ってないのだ(笑)。
28年も前のことだがあんまり変わってない気がするわ。
それでいい。変化はキライ。



いい扁額。

心に刻んでおこう。
また来るよ。

ここから西はまたダートだが、ダートのとこまで行ってまた戻ってきた。
ここから先行くと帰りが遅くなりそうなんで。
ちょっと寂しいけど国道へ降りる。



川の駅寄って。



志賀坂峠。

秩父寄って珍達さん行って一気に帰国。
GWの後だからか、いい時間でも道路は空いてた。

峠いっぱい越えて満足。
また明日から仕事だな。


おわり。


本日の走行距離:390km
本日までの走行距離:131999km

本日の峠:法久峠石神峠投げ石峠秋葉峠古峠、塩沢峠、杖植峠八倉峠桧沢峠、塩ノ沢峠、志賀坂峠、赤倉峠
本日までの峠:809峠

 

韮崎 長浜ラーメン松吉

帰り道。
腹がへった。
そういえば、お友達のご近所さんが「国道沿いの長浜ラーメン行ってこよかと思って。あそこおいしいよね。」
と言ってたのを思い出した。
勝手にハンドルが向く。



ついた。

なんか久しぶりだなー。
前に来たのは10年くらい前か。
まだ健在でお店もキレイになってるから、やっぱり人気店なんだろう。


ラーメン注文。

ハリガネで頼むんであっという間に出てくる。
やっぱりおいしいわー。

替え玉もして。
満足でした。
また来ますわー。


おわり


博多長浜ラーメン松吉
場所:山梨県韮崎市一ツ谷2066−1
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:30
定休日:火曜日
駐車場:あり

 

増えたお友達と801峠

朝。
ここははるをさんちの庭。
まだ現実には戻ってない。
もう一日楽しもう。



昨日切れてしまったポンコツテールランプ。

とりあえずばらしてみたが、完全に断線してしまったようでもうモミモミしても復帰しない。
もう歳だな、などと考えてる場合ではなく、そのまま元に戻す。

今日ははるをさん達のお友達のさやちんさんが来て林道に行く予定らしい。
ヒマならもう一日一緒に居て行きませんかー?との誘いを受けたので、これ幸いとお邪魔させていただくことにした。

さやちんさん到着後、お茶しながら談笑。
まったりしてから出発。

荒倉山林道へ。



今日も林道日和で気持ちいいわ。



ジェベル乗りのさやちんさん。

怖いー、と言いながら躊躇しないのが印象的でした。



荒倉山林道からの八ヶ岳。

はるをさん達に最初に会った時の事を思い出す。
ペットボトルどっかで落としたような。



林道奥で休憩。

ここでまたダンナのXTZ1号に乗らせてもらう。
やっぱりここまで違うかというくらいの別物加減に呆れる。



下ったらなんと気づかなかった峠が。

あー!峠!
なんと急に800峠達成(違う)。
「これで800峠だね」(違う)と皆は言ってくれるが、急なので(急でもない)実感がない(そりゃそうだろ)。



淡々と写真撮って。

800峠じゃまだ通過点(801だけどな)のせいか、あまり達成感も感じないね(喜んでも1違うし)。
とりあえずこれで800峠達成(違う)。

気づかずに先へ。



なんか広くて気持ちいい道に出た。

ここは道でなくて防火帯なんだとか。
そういうことでしたか。
気持ちいい所でお昼ごはん。



気持ちいいけどこんなスゴい坂もある。

誰か登ってるみたい。
絶対ムリ。



ゲート閉まってたり。



まんまと切り抜けたり。



違う防火帯でまた大坂見つけたり。

4人もで林道ツーリング初めてだわ。
おしゃべりして楽しいもんだね。
おっさんはもう満腹。

韮崎でさやちんさんとお別れして、雨が降る前にはるをさん宅に急ぐ。
八ヶ岳にドカーンと雷が落ちててすぐにでもこっちに来そうな感じ。



急いでバイク積み込んで。

お茶いただいてたらやっぱり降ってきた。
ギリギリセーフ。

さぁ、帰るか。



またねー!

って旅の終わりも別れもいつも切ない。
またしても大変お世話になりました。

ありがとー!


おわり


本日までの走行距離:

本日の峠:平川峠
本日までの峠:800峠801峠

 

お友達と青池と800峠越え

朝。
悪酔いはしていない。

今日ははるをさん達と青池探しのツーリング。
朝7時には出発でGO!

まずは行き掛けの駄賃で以前単独で挑んでたどり着けなかった鳥屋峠に向かう。

すぐにそれっぽい道を発見。
「なんだこれじゃん」と先へ進む。



すぐに道はダートになり、



ずんずん進むが、



ドン突きですごい角度(笑)。

はるをさんズルズル滑る(笑)。

ここから先は徒歩道のようなので歩く。
やっぱバイクじゃ行けないんだな。
上に登ると鳥屋城跡があるらしい。
こんなとこにも城があったのか。
ま、でもこの道で間違いないだろ。



登るのはいいがもうすぐ50の身には負荷率が高い。

ハーハー言ってイヤになったが、こんな景色見て脳をごまかす。
もう少し登ったら道標が見えてきたぞ、あそこが鳥屋峠なのか?



違うじゃんかー!(笑)。

鳥屋峠はここから西に910mもズレてたわ。
せっかく自分を騙したが、ムダに疲れただけだった(笑)。

降りて他の道をチャレンジしてみるが、どうにも峠には届かない。
地元の方に聞いたらずいぶん行ってないのと整備してないので通れないと言ってたので、
まぁ廃道なんだろう、また今度の宿題とした。
駄賃にしてはキツかった。。


去る。



白道。全く通れます。



空峠へ向かう林道へ。

ここでダンナのXTZ1号と取りかえっこしてXTZ125に乗る。

ナニコレー?

ヒュルルーンとモーターのようにスムーズに回るエンジン。
バランサー付きでほとんど振動もない。
XLとは40年の技術の差を感じるわ。
年式の新しいバイクにほとんど乗る機会がないので驚いてしもた。
二人はXLの振動のスゴさに驚いてた(笑)。
無骨な男のバイクです。



空峠展望台。

797峠。



林道上のピーク。ホントの空峠はここかも。

なんかトライアルコースみたく作ってあるんだけど、ここはなんと県警の練習場だった。
今日はお休みだったみたい。



次行ってみよ。



廃砕石プラント。



砕石場。

ダンナが登って行っちゃったけど、段のとこにはたどり着けなかったみたい。



また展望。

色々変化があって楽しい道。
ここでXLのテールランプ切れに気づく。
なんか本体をもみっとすると点いたりするんで中で断線してるらしい。
もむと点くってのがちょっとエロいなぁ、などと一人で思ってた。
ポンコツあるある。



なんだこれは。

神社の祭壇のようなもの。
なんか古そうでカッコいい。
色んなの出てくるわ。

さて、また知らない白道へ。



いきなり穴か?

と思ったのだが、ただの岩。
閉塞されたトンネルとよく似てるんだわこれが。



白道はずーっとダートで楽しい。

途中分岐もあるが、下草の萌えたかわいい道が続く。



出たのは青木峠だった。間違えた。会吉トンネルだった。

二人ともこの道が気になってたんだって。
頭の中がボクと一緒です。



すっきりしたんで出発。

峠越え行ってみよう。



まずは馬飼峠へ。

ゲート開けて中へ。
今日はこれが多い。



古道のダートを行く。

倒木で遊ばないように。



いい感じのとこまで来たんだけど、

道が崩れてて、というか沢で分断されてて。



なんかもう少しっぽいんだけどなぁ。 

残念、撤退。



諦めて次の刈谷原林道へ。

ここは二人が以前通った事があるとか。
ちなみに地図上では点線道。



刈谷原峠着。

とても雰囲気のいい峠で気に入っちゃった。
峠にもいい峠、つまらん峠と色々ある。
798峠。



こういうのがあるといいんです。

来たなぁ、って感じがするんだよね。



下ったら馬飼峠への道を発見。

さっき行けなかった峠への反対側からの道だ。
迷わずGO!
普通は抜けられないのわかってるし、どうせまた戻ってくるだけだから行くなんて言わないんだけど、
全員「行く」と。
いいわ、このグループ。



細ダートのヘアピン越えて。



倒木越えて。



最後はV字谷の登り。

バイク一台しか通れん。



やったー!



みんな登って。

馬飼峠制覇。
気持ちいいー。



バイク一台しか通れんV字谷に電柱があるのが不思議。

今日一番の面白い峠だったわ。
799峠。
塩尻峠のせいで一個ズレてるのをこの時は知らんかった。。



下って次は稲倉峠へ。

今日最後のゲートかね。



ここは普通の車道でなんなく稲倉峠到着。

800峠になってしもた(笑)。
この時は799だよ、って言って「あと一個足りなかったねー」とか言ってもらってた。
間違えました、ここで到達してました(笑)。
なんか微妙な感じになっちゃったけど、800峠越えました。

気づいてないので先へ。



原付50円の三才山トンネルを抜けて。

さぁ、もう帰ろ。
たっぷり楽しんだわ。

また寒い大門峠越えて一気にはるをさん宅へ。



今夜も飲もう!

今日の出来事を肴にしてね。
楽しいんだこれが。

なんともう一泊して明日も山を走ることに。
明日も楽しいぞ。


まだつづく。


本日の峠:大門峠、青木峠、空峠刈谷原峠馬飼峠稲倉峠

本日までの峠:800峠!


それで青池は、、ボクもズラして書いとこう。
着いて手前で「たぶんアレだよ」って言われた時は、なんだよく見えねぇけど青いのかなぁ?
と思ったのだが、近くによってバイクを停めると、
「青い青い青い!!!」「青青青青青!!!」と全員喚きだした(笑)。


ほら。


ナニコレ?

逆さまにしてみると空みたいでしょ。



ここでお弁当食べてね。

そりゃもうびっくりしたよ。
誰も居ないし。

はるをさん達は三日間探したって(笑)。
ボクはタイミングよく一緒に行ったからタナボタ的なラッキーで。

そっと記憶にしまっておきます。
ありがとー、楽しかったわ。

 

諏訪 毒沢鉱泉 宮乃湯

前々から気にかけていた諏訪の毒沢鉱泉に寄ってみた。
なにかこう、温泉に似つかわしくない毒と言う文字がそそる。



宮乃湯さん。

ホントは沢ノ湯さんという更にディープな所があったらしいのだが、営業をやめてしまったと言う。
残念。

突入。



昭和感あふれるロビー。

受付のおねいさんに料金(800円)を払い、説明を受ける。
グイグイ系のおねいさんは温泉成分などを喋りまくり、風呂へ案内。







脱衣所。

おねいさんは脱衣所はおろか風呂の中まで入ってグイグイと説明してくれた。

さて、おねいさんも去ったし、誰も居ないしでじっくり入浴。





確かにオレンジ色のにごり湯。

源泉は無色透明だが、加温するとオレンジ色に濁るらしい。



おねいさんに勧められた飲泉。

当然飲む。

「うわー!」

想像はしていたがかなりまずい。
強酸性の成分だそうで、酸っぱいというか、渋いと言うか、はたまたフルーティーと言う人も居ると言う。
ワインのような、、、なんて人も居るらしいが、ほんの少しだけわかる気がする。



入浴。



41度ほどの心地よい温度。

よくわからんが、なにかに効く気がするわ。
ほどよい昭和感に浸りながら長湯。
林道の汚れ落として満足。

上がってロビーに出たが誰もおらず、グイグイのおねいさんを呼んでみたが居ないようなのでそのまま出る。



これ、おねいさんにもらった飲泉のボトル。

お礼を言おうと思ったんだけどね。
この温泉水、加温するとオレンジ色に、ソーダを入れると緑色に、緑茶を入れると黒色に変化するらしい。
加温はいいが、ソーダと緑茶は何故に入れるのかはボクには聞けなかった。

毒沢鉱泉、ごった返してた諏訪大社のそばなのに誰も居ない穴場。
また来ますわ。


おわり

 

高ボッチ林道探索

連休。
最初の二日はやっぱり仕事。
三日目から休みにはなったが、奥様の田舎に用事ができたので茅野に行くことに。


IMG_20190430_103027.jpg
どうせならってんで、XLを積んでついでに長野でも走ってくることにした。


IMG_20190430_103054.jpg
現地では3人で乗るんで、後部座席も座れるようにしとかんと。

実際に積みっぱなしで3人乗って買い物とか行ったのだが、ガソリン臭い以外は普通に乗れたんで、
サンバーもなかなかやるなと感心。

茅野に行く前にせっかくだからとはるをさん夫妻に連絡。
ちょうど謎の青い池探しに行くとこだった、って言うんで一緒に行こうという事に。
なんか楽しくなってきた。

で、家族と別れてツーリングに。
今の位置から近い高ボッチに行ってみよ。


IMG_20190502_091225.jpg
まずは塩尻峠。

後で気づいたのだがこの塩尻峠、何度も越えてるのにまさかのカウントしていないことが発覚。
現在これで795峠。帰ってからちょっと微妙な感じになっちゃった。


IMG_20190502_091719.jpg
塩尻峠から勝弦峠への尾根伝いの道に入ってみた。

うまいことにダート道。


IMG_20190502_092108.jpg
結構な坂を上がると峠のようなピーク。

地図によってはこの道の上が塩尻峠とポイントしてあるのだが、ここではなさそう。
この先は下って案の定、勝弦峠に繋がってたが、ゲートがあったんでそのまま塩尻峠まで戻る。

塩尻峠から今度は高ボッチに入っていく。


IMG_20190502_093709.jpg
塩峰高ボッチ山林道。

塩嶺とは塩尻峠付近の地名のこと。
塩尻峠も地元の人は塩嶺峠(えんれいとうげ)と呼ぶ人も多いという。


IMG_20190502_093756.jpg
中山道の石の道標がそそる。

途中でなぜか入山記録を書かされて、いざ林道へ。


IMG_20190502_094424.jpg
いきなり鉄塔脇。


IMG_20190502_094847.jpg
分かれ道。

どこまで続いているのやら。


IMG_20190502_094914.jpg
先へ。どんどん行こう。


IMG_20190502_100600.jpg
終点。ここでドン突きで終わりか?


IMG_20190502_095527.jpg
よく見るとここが荷直峠(になおしとうげ)だった。

ここで796峠。


IMG_20190502_095831.jpg
木に看板が。

こんなんでもあると嬉しい。


IMG_20190502_095607.jpg
こけた(笑)。土がやわすぎる。


IMG_20190502_095915.jpg
この先はまだ道があるが、通行止めのチェーンが張られている。

脇にはトラタイヤの跡が。
トレールタイヤでなくトラタイヤなのが気になりつつもとりあえず行ってみたが、少し行くと結構な下りの
結構な深溝地帯。
行って行けなくもないが、戻るのは非常に難儀しそうなのでパス。
ここでまたハマったり、ガケ落ちしたら誰も助けには来てくれまい。


IMG_20190502_104545.jpg
戻って気持ちいい林道探索。

スッ飛ばしてとりあえず分岐があるけどぐるぐる廻って。
いい練習になってだんだん慣れてだいぶ感覚が戻ってきた。
やっぱ久々の最初はちょっと怖くって。

いい感じに満足したら高ボッチ高原に向かう。


IMG_20190502_114001.jpg
着いた。

雲がいい感じ。
旅っぽくなってきた。


IMG_20190502_114215.jpg
空が広い。


IMG_20190502_121401.jpg
展望の駐車場へ。

フォー!スゲー!


IMG_20190502_120624.jpg
歩いて高ボッチ山頂上へ。


IMG_20190502_120442.jpg
諏訪湖と八ヶ岳。

もう少し雲がないと富士山も見えるらしいが今回はおあずけくらった。


IMG_20190502_120521.jpg

IMG_20190502_120504.jpg
綿あめみたいな雲。


IMG_20190502_121130.jpg
ドカーンとやっぱこれか。

高ボッチ山、観光客もいるけど辟易するほどでなく、ほどよい感じで心地よかった。


去る。


IMG_20190502_113054.jpg
来る途中に見つけておいた片丘南部林道に入る。


IMG_20190502_123737.jpg
ここも長くて支線たっぷりの面白い林道。


IMG_20190502_130134.jpg
地元ライダーに聞いて飽きるまで走る。

ほんといい練習になったわ。
はるをさん達に会って林道でオロオロはできんからな。


IMG_20190502_130803.jpg
林道終了で一般道に出た。

なんだあれ。


IMG_20190502_130926.jpg
行ってみた。

ふーん。


去る。


道の駅で遅い昼ごはん食ってサンバーにまた積んで温泉寄って、さぁ行くか。
久々はるをさん達と再会。
テラスで飲みながら互いの近況を語り合い、明日の予定を聞く。
またまた楽しくなってきた。

では明日早いんで、早めに寝よってことでサンバーに。
おやすみなさい。


つづく


本日の峠:塩尻峠荷直峠
本日までの峠:796峠

 

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR