川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

テールバッグ再修理

サイドカバーへのデカール貼り後、まだ少しやる気が残ってたんで、今度はテールバッグの修理。



チャーミーちゃんが覗いてるのは気にしないように。

2年ちょっと前にファスナーの修理をしたのだが、糸が劣化してボロボロにまた取れちゃってた。
どうも使った糸が麻糸だったのがよくなかったようだ。
化繊の糸がいいようなので、何か他にいい糸はないかと探すとテトロンボンド糸と言うのに当たる。
これは少し前に買っておいた。



これ。

クラレのビニモMBT。
ボンドを練り込んだテトロン(ポリエステル)糸らしい。
テントやシートなどにも使われてて、対候性も高いようで。
本来ミシン糸なので1000mや2000m単位で売ってるのがほとんど。
そんなに使わないんで、短尺のものを探すのに苦労した。
こちらは60mで売ってるものを購入。
太さがよくわからないので、勉強のために5番と8番を買ってみて、今回使うのは5番に。



さっそく縫う。

前回同様ほつれていない糸は外さず、同じ穴位置をトレースするように縫っていく。
ひと針ひと針、気が遠くなる作業だが、この糸すごく縫いやすい。
パラパラほどけたりしないのだ。

一時間半ほどで上側が縫い終わる。
一旦歯医者さんへ。
前歯三本治療。



戻って下側へ。

まずは生地が裂けてるところの縫い継ぎ。
これも麻糸なんで、引っ張るとプチプチと糸が切れてしまう。



さぁ、あと半分。

もう手が痛い。
で、また一時間半後。



終わった。

縫いはキタナイ。
だが、テールバッグの内側など誰も見ないからいいのだ。
機能すればよい。

あぁ、下向きっぱなしで首痛い。



めんどくさいのがひとつ終わった。

これでもう破けなくなるのか。
ちょこちょこ進んでまたやる気が出てきたな。
あとはテールランプ修理とリアフェンダー製作。
なんだか頑張れる気がしてきた。

あ、タンク塗装補修とデカール貼りもあったわ。。


おわり
スポンサーサイト

 

デカール貼り

躊躇してたらいつまでも無理なんでやる。



合わせて。

ボクに貼られるこのデカールが不憫に思える。



まず裏の台紙をタテに真っ二つに。

先生、頑張ります。



貼る。



当然必死でワタワタするんで写真などあるわけがない。



右用。



一瞬一枚無駄にしそうになった。
やっぱり必死。



貼った。

カッコいいー。

でも疲れた。なんとかなってよかったわ。
1m離れて見れば大丈夫。

右用はXR185と違って大きな段差があるから、XL125Sに貼るとちょっとだけデカールの長さが足りない。
後端部の余白がちょっとだけ大きくなっちゃった。
後端部に合わせて貼るといいかも。

さぁ一歩進んだ。
またXLに乗れるように頑張らないと。


おわり

 

大雪

今日はけっこう降った。



帰るのが大変だわ。

会社に泊まった方がよかったかな。
なんて考えが浮かんでしまうのは人として情けない。



家の前の公園。

雪山の馬の背みたいになってる。

あ、バイク。



なんだこれ。

ニンジャが白クマか白トラみたいになってる。
今更カバーかけるのもな。

明日はどうなってるかな。


おわり

 

免許更新


5年ぶり。

毎回めちゃくそ混んでる。
違反運転者だから今度は3年しか持たないようで。

あーもう。



おわり

 

ひな鳥山

お互い誕生日も近いんで、ささやかに贅沢を。

ひな鳥山へ。























たまにはいいね。
また数年後に来ます。


おわり

 

そろそろ貼りたい

XL用に買ったタンクとサイドカバーのデカール。
キタナイXLに貼るとデカールが汚れてしまいそうで、もったいなくて貼るのに二の足を踏んでいたのだが、そろそろ貼ろうかとまず準備。

塗装をキレイにしてから貼ろうかと思ってたけど、絶対やらないだろうし。



とりあえずタンク外してガソリン移動。

初期型XLのタンクに移して。



しばらく初期型の外装で居てもらう。



外した部品。

写真だとなぜか少しキレイに見える。



タンクのキズ。

これだけは直したいな。
それとガソリンに負けてシワシワになってるとこも。
とりあえずパテ盛っておいた。



肝心のデカールを仮合わせ。

チョーカッコいい。
これをうまいこと貼らねばならぬ。
寒い部屋に置いてたせいか、ちょっと縮んでるかも。
でっかいデカールてのはとてもやっかいで。
しかも、ココに貼らなきゃいけないって場所指定はもっとやっかいで。
でも貼らねば。
よく、学習と準備をしておこう。


おわり

 

リアフェンダー合わせ

R&Pのリアフェンダー、放っておいても仕方ないんで、ちょっと車体に合わせて確認してみる。

とりあえず壊れたフェンダーと並べてみる。



アレー?

色が違う。。
なんかオレンジっぽい。
R&Pは赤とオレンジの2種類あんのかー?
どうやらそうらしい。
まーいっかー、でいいんだろか。。
とりあえず先へ。



とりあえずあててみた。

こんなもんかなー。
フレームに当たるトコへこませてないから、もうちょっと上がるけど。

なんか全然わからんなー。



壊れたフェンダーもあててみる。

これでわかるかしら。
わからん。。



こっちからみて。



古いのもこっちから。

なんかよくわからんなぁ。
ま、ここでいいんだろ。
フェンダー加工しなきゃ。


おわり

 

メーター修理確認

直したメーターの取り付け。



特になんということもない。

では直ったか試乗してみる。



大丈夫みたい。

どんなにスピード出してもメーターは音をあげることはなかった。

よかったー。
新品の見積りかけたら絶版だったし。
だいたいカネかかんなくてよかったわ。



おわり


本日までの走行距離:121611km

 

デニムスクランブラーパンツ修理

数ヶ月前、お気に入りのデニムスクランブラーパンツのファスナーが、歯飛びで壊れちゃった。
お店に修理依頼で持っていったのだけど、ファスナーの交換はバラさなきやいけないんでお金がかかると。
とりあえずよく見てもらうために置いていったのだが、やっぱりダメだったのかそのまま送り返されてきた。

うーん、もうけっこう傷んでるからな、新しく買った方が賢明かもねって言われたけど、同じモデルはもう売ってないし。
それ以前にまだ履けるものを、ファスナートラブルだけで捨てられない貧乏性。

自分で何とかする。



上の方が歯飛びしたのでソコにストッパを。

もうここから上は使わないことにした。



ボタン下にもう一つ隠しボタンをつけた。

上の方はボタンで止めるインチキ技(笑)。
ボクにはファスナーを付け替える能力は無い。



けっこうスレて穴あきそうなトコがあるんだけどね。

いい感じに色落ちしてて、まだ履きたいわけだ。
よいものは大切にしないと。


おわり

 

スピードメーター修理

壊れてるメーターをいちおうバラしてみる。
メーターは精密部品、開けたところで治せるかはわからない。
でも取り敢えず確認だけはしておく。



裏カバーを外す。

さて、ここからどうバラしていくか。
ケーブルのギアから確認しよ、と思ったら、



ん?

アレー?
いきなり異常が。
ギアシャフト上のフタが付いてない。
ここにはカシメのフタか付いているハズなのだが。。



これはいかん。

これでは下からケーブルを差し込むと、このようにギアが上がって飛び出してしまう。

なんでこれが無くなったのかは知らないが、きっと回転が上がると勢いで上にギアが上がってしまって、ギアの噛み合いが外れてメーターが急にダウンしてしまうのだろう。
信号待ちが来ると一旦回転が止まるので、重力で上がったギアが落ちてきてまた噛み合う。
これを繰り返してたんだな。
そうだ、きっとそうに違いない。

幸いこの部品はケーシングとギアのアッシーで売っている。
でも、頼むのめんどくさいからありものでフタを作ってみよう。



ちょうどいい感じのカラーがあったんで、入れてみた。

カラーの穴の大きさがまんまとシャフトにあってて都合がいい。



JBウェルドをハナクソみたく盛ってみた。


あっという間に固まって固定完了。
見えないトコだから仕上げはしない。
このまんま。



取り付け。

ついでにJBウェルドでハナクソみたいなフタを作っておいた。
ここからグリスを入れられるように。



裏カバー装着。



修理完了。

これで直るといいんだけどなー。
明日取り付けて試運転してみよう。


おわり

 

« »

01 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR