川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

サンバー床張り4

朝。

テレビ見てから動き出す。
昨日と一緒。


DCIM0333.jpg
今日もサンバー。

公園の片隅で大工仕事は続く。


DCIM0336_20160228213441d92.jpg
後部座席の凹凸均し。

せっせせっせと切り出しては貼りを繰り返す。
大きさや形を合わせ、段差があったらノミで削る。
もう疲れた。


DCIM0338_20160228213442470.jpg
続いて後部座席のキャッチ部分。

荒加工してきたんで位置確認。
今回は設計と測定がいいようで。


DCIM0339_201602282134437a0.jpg
キャッチには下駄を噛ます。

床が上がった分の辻褄合わせ。


DCIM0341_20160228213445bfd.jpg
キレイに整形。

バッチリ。


DCIM0343_20160228213656db8.jpg
均し板が落ち着かないんでタッカーを。

うまく強度が出た。
最初からこうすればよかったな。


DCIM0344_20160228213657a30.jpg
やっと真っ平らになってきた。

来週で終わるかなー。
今日も昼抜きでずっとだったぜ。


おわり

スポンサーサイト

 

サンバー床張り3

朝。

起きてテレビ見て、花粉症の薬を飲み、ゆっくりと動き出す。


DSCN1847.jpg
今日も当然サンバー。

やはりバイクなど乗ってる場合ではないのである。

先週見事に間違えた中間板の作り直しをする。


DSCN1849.jpg
家で穴あけてきた。

シートキャッチ用とシートベルト用の3ヶ所。
木工用のドリルなど当然持っていないので、鉄鋼用であけた。
当然板はバリバリになるが気にしない。


DSCN1850.jpg
ノコで繋ぐ。


DSCN1852.jpg
仮組みしてみた。


DSCN1853.jpg
今回はちゃんとシートキャッチが見える。

図面チェックしたもんね。


DSCN1854.jpg
シートベルトの穴も。

今回はちょっと小さ目にしてみた。
あとはヤスリでキレイにする。
ノコギリみたいなヤスリ使うとこんなのも結構簡単なんだ。


DSCN1855_20160228000213307.jpg
後部座席のヒンジ逃げを掘る。

完全に手製で、ノミを使ってカンカンと掘っていく。4ヶ所も。
先週も同じことやってるから、だんだんノミの使い方がうまくなってきた。

これが非常にめんどくさい。
それでも頑張って、なんとかやりました。
中間板の加工だけで5~6時間くらいかかるね。こんな面倒なのになんで失敗したんだろ。


DSCN1858_201602280002158d1.jpg
荷室最前部、後部座席の裏側。

ここはコンパネを張らずに波板の凸凹を均すだけにする。
そうしないと後ろと段差ができてしまう。

後ろにもう一枚コンパネを敷けばいいのだが、天井が低くなるのでやめた。
というよりめんどくさいのでやめた。
床張りの作業などちっとも楽しくなく、できれば誰かにやってもらいたいくらいなのだ。
よってめんどくさい所は手を抜くのだ。


DSCN1859.jpg
両面テープがなくなっちゃったんで今日はここで終わり。

9時半から18時まで、昼ごはんも食べずに作業してここまで。
床張りキットとかが高いのがよくわかる。、とにかくめんどくさいのだ。

でもやらねば。
明日もがんばろ。


おわり

 

サンバー床張り2

朝。


DSCN1838.jpg
今日もサンバーの床張りの続き。

非常にめんどくさい。


DSCN1839.jpg
今日はフロア中央部。

おもむろにパネルを置いてみる。
後部シートのヒンジが干渉している。
加工せねば。


DSCN1840.jpg
その前に下地作り。

凸凹均しの板を切る。
ノコギリとは非常に難しい。
切った断面を見ると、ほとんどがどっちかの方向に微妙に曲ってしまう。
トーシロだから仕方ないか。


DSCN1841.jpg
タテ切りはもっと難しい。

コーナンで50mm以下は切ってくんないから、自分で切るしかない。
頑張ったら上手に切れた。


DSCN1842.jpg
貼り付ける。

だんだん良くなってきた。

ここから床板の加工に入る。
ヒンジ逃げのテーパーを4ヶ所、ノミで掘り、後部座席キャッチの穴、シートベルト用の穴をあける。
もはや写真など撮っている暇はない。
せっせと作業して完成。


DSCN1843_20160221175226f31.jpg
乗せてみる。

真ん中の穴はうまくあいたな。

しかし、他の穴が、、、

アレー?


DSCN1844.jpg
シートキャッチ用の棒が見えるハズなんだが…

板が。。(涙)

やってしもたー!!!


DSCN1845.jpg
かっつさん痛恨のミス!

ほんとはコレが見えて座席をキャッチしてくれるのだが、、、穴がずれた。
しかも修正しようがないほど。
寸法取りした時のミスのようで。

ここまで順調だったのに、どうしたのでしょうかっつさん、これは痛いミス。


DSCN1846.jpg
片づけはじめました。

これは修復できないミスと判断したのでしょう、どうやら急いでコーナンにまた行くらしいです。
致命傷だったと思われるので、コンパネの買い直しですね。
設計士なのに図面ノーチェックという愚かな行為の報いでしょう。




天中殺か?

今度は違うやり方にしようかな。どうしよ。


おわり

 

サンバー床張り開始

今日も当然サンバー。
車内が床張りの材料でいっぱいなので、やらないと仕方ない。

ただ雨が。。


DSCN1822.jpg
荷室後ろ側から。

サンバーは荷室にエンジンルームのフタがあるんで、床張りするには他車よりちょっと都合が悪い。
とりあえずは凹凸を均す短冊板を両面テープで貼り付ける。

早くも盛大に雨が降ってきた。


DSCN1824.jpg
ジャジャ降りの中、リアゲートを屋根にしてノコギリ作業。

寒い。
作業環境最悪。

写真など撮る余裕はなく、次々と進める。


DSCN1825_201602210725002e6.jpg
雨が更に激しくなったんで中で作業。

手間のかかる加工は終わったんで、車内でなんとか。
この後夜までここに居ることに。


DSCN1827.jpg
ベタベタテープ貼って。


DSCN1829.jpg
こっちも。

やり方は色々あるようだが、テープで貼っていくのがトーシロには一番やりやすいと思う。


DSCN1833.jpg
なんとか張れた。

雨はまだ激しく降っている。もう真っ暗だし。


DSCN1835.jpg
エンジンルーム上のリッド部は別パーツに。

こんなんで大丈夫かね。
知らんけど。


DSCN1831.jpg
リアゲートの角っちょにちょっと切断ミス。


DSCN1832.jpg
ちっこいの入れてごまかす。

さすがのトーシロ技。

で、本日は終了。
明日もがんばろ。


DSCN1836.jpg
今日一番活躍したのはこのヤスリ。

ノコギリみたいなヤスリで、どんどん木が削れていく。
これが無かったらタイヤハウス部分のテーパー形状は作れなかったね。


おわり

 

サンバー床張り準備

雨。

今日は奥様を実家まで送って、その足でコーナンへ。


DSCN1814.jpg
コーナンに着いたらドシャ降り。

そんな中、


DSCN1816.jpg
社内で荷室をシコシコ採寸する。

ちょろっと簡単な図面書いて、店内へ。
その頃には雨はあがっていた。

店内をくまなくウロウロ。
工具を少し買って、3×6×12tのコンパネを2枚購入。


DSCN1817.jpg
カットしてもらう。

まっすぐしか切れないというので、分割方法を変えて頼む。
ワンカット20円だそうで。安いなー。

床の凹凸をならす帯状の板材はできあいの物を購入しようと思ったが、厚みと幅が塩梅のいいのが無く、
サブロク9tのラワン合板を買って短冊状にカットしてもらった。

50mmまでしか切れないらしく、それ以下のものは仕方ないので自分で切ろう。


DSCN1818.jpg
やっと終了で積んで帰る。

コーナンに都合5時間あまりも居た。
ホームセンターって一日居ても飽きないんだ。


DSCN1821.jpg
日が暮れるまで少しだけ作業。

短冊の長さを調整してカット。
10本ちょっとは切れたんで、並べてみた。

めんどくさいけど、また少し進んだ感じがするわ。


おわり

 

サンバー 荷室チェック

捕まった心の痛みを残しながら、今日もサンバー。


DSCN1772.jpg
荷室をチェック。

トランポにしたいんでね。
床張りでもしてみようかと。


DSCN1773.jpg
まずは後部席をたたむ。

軽とは思えない広さ。
足伸ばして寝っ転がれる。


DSCN1775.jpg
いちおう測る。

荷室の長さ床面で2040mm、幅1330mm。


DSCN1780.jpg
フック探す。

左ドアのそば。
棒のタイプ、、しかもフックここしかないのかー。
後部席のボルトをアイボルトに変えろって言ってたな。


DSCN1782.jpg
後部座席用のシートベルト固定具。

ここにもボルトがあるから使えそう。
あとは後ろ側をどうするかだなー。
人の猿マネしよ。


DSCN1784.jpg
後ろのマットを外してみた。

鉄板凹凸地獄。
カッコイー。


DSCN1790.jpg
エンジンルーム開けてみる。

わからん部品と配管がたくさん。
ホコリ払ってお掃除お掃除。


DSCN1786.jpg
忘れてた荷室高さも。

入口で1175mm、中の一番高い所で1220mm。


DSCN1792_2016021319375891e.jpg
せっかくだからエアクリーナーボックスを。

ちょっと汚れてるわー。
サンバーはエアクリーナーボックスが汚れやすいみたいね。


DSCN1794.jpg
ちなみにエレメントはこんな感じ。

さっとブラシではらって戻す。
今度変えとこ。


DSCN1797.jpg
ボックス内キレイにして。



DSCN1806.jpg
エンジンルームのフタ閉める。

この凸凹をなんとかしなきゃなー。
凸部の高さは約10mm。
後部席の背中と荷室にも少し段差があって、そこは12mm。

みんなどうやって平らにしてんだろ。
ネットで調べてみよー。

今日はここまで。


おわり

 

またまた狩られてしもた

実家に行く用事があって、天気がいいんでバイクで出た。

ごはん食べてビューンと帰る。

ビューンと飛ばしてしまったら、、、


DCIM0332.jpg
また覆面レスラーに狩られてしもた。。

24キロオーバー。
無駄ないちまんにせんえん。
損した感がハンパじゃない。

もう今日はどこも行かない。


おわり

 

ミラー交換とETC取付け

今日も当然サンバー。
バイクなど乗ってる場合ではない。


001.jpg
早くも交換部品が。


002.jpg
ドアミラー。

この前宮ヶ瀬行った時に思いっきり動かして調整してたら、


003.jpg
割れてしもた。。

そもそも劣化してて危なかったのだろう。
そこへグイグイと動かしたり、駐車したらたたむクセがあったりで、弱ってた所に引導を渡して
しまったようだ。


004.jpg
部品はもう買ってあって。

外して取り付けるだけ。
車の中古パーツは安くていいわ。
ホントはディアスワゴンの大きいミラーがよかったんだが、異常に高かったんでやめておいた。


005.jpg
あっという間に完了。

ついでだから右も変えておいたが、こっちも外したらヒビが入ってたんでちょうどよかったわ。


そして今日の本題、ETC取付け。
前のkeiに付いてたのを移設する。


007.jpg
まずはバッテリーのマイナス端子外し。

助手席の下がバッテリーのありか。
こんなところにあるんだ。全然知らんかった。

ボクはクルマの事はほとんど無知で、メカの事など全く知らないので新鮮な事ばかりである。
ちなみに車種とかもほとんど知らない。
サンバーは友人が乗ってたから知ってたけど。


008.jpg
バッテリー。

あーここにラジエターとリザーバータンクがあるんだ。
ウォッシャー液のタンクもあるわ。

ほー。

端子外して次へ。


009.jpg
まずはアンテナから取り付ける。

サンバーはウィンドウの角度がギリギリみたいだけど、ココに付けてる人みんな大丈夫みたいだから、
ボクもここに付ける。

ビミョーに助手席側に付けてる意味は、ない。
たまたまそうなった。


010.jpg
配線。

ゴムのモールの中にグイグイ押し込む。
ちょっとモリッてなるけど大丈夫でしょ。カバーみたいの外すのめんどいし。


011.jpg
右下の角からパネル内へ。

ちょっと狭い。


012.jpg
なんか付いてるカバーを外す。

ここにフルードのタンクがある。
知らんなー、勉強になるわ。

パネル内に配線は入った。

次はめんどい電源側を。


013.jpg
オーディオを外す。

keiの時と同じく後ろの配線から電気を取ろうと試みたのだが、、、

そんなの取れるトコは無かった。
オーディオがノーマルなんで、ハーネスもノーマル。
電源取り出し用のギボシなど付いていなかった。

keiの時は社外のオーディオ付けてたから、その中間ハーネスに追加機器用のギボシが付いていたのか。
ムダだわー。無知だから仕方ないか。

急きょ、ヒューズから電源を取る方法に変更。
急いでオートバックスに行って電源取り出し用のヒューズを買ってきた。

座席足元の奥にあるヒューズボックスをいじくってヒューズを取り替えるのだが、メチャクソやりにくい。
奥の方にあるんで狭くて頭と腕を入れるのが大変。
アースも付けたが変な態勢しすぎて参ったわ。写真も撮ってられなかった。


014.jpg
長すぎるETCの配線は真ん中の空洞部へ。

ここは余裕があるんでグチャグチャに束ねて縛り付ける。
素晴らしいトーシロ技法。


015.jpg
ちなみにETC本体はグローブボックスの中へ。

これはkeiの時と同じ。
外に見えないけど、一人で乗ってる時は出し入れがめんどくさい。

できたー。

バッテリー端子繋ぎ直して動作テスト。


016.jpg
ちゃんと光ってOK。

「ETCカードが挿入されました」っておばさんの声も聞こえたし。
デンソーのETCの声は色っぽいらしい。いつかは使ってみたいわ。


さて、実走テスト。
ETCゲートが開かないと意味がない。

第三京浜へGO。


017.jpg
見事ゲートは開いた。

よかったー。
当たり前だが。

めんどい作業がひとつ終わって一歩進んだかな。


おわり

 

練習走行

免許とって以来、マニュアル車を所有するのは初めて。

「大丈夫だよこんなの、買ってすぐ手足のように乗れるって」
と思っていたのだが、、、


間違えました。


なんと、なかなかにして難しい。
教習所でこんなのよく乗れたな。
昨日は高速を厚木で降りて一般道(R246)をちょっと走ってみたのだが、緊張の連続であった。
渋滞の坂道など、練習もなしにぶっつけ本番はかなりヤバかった。

あまりのヘタクソさ加減に辟易したんで今日は練習。
昨日なんとかなったから大丈夫だろ、と思ったが走り出したら全然大丈夫じゃない。
昨日の全てを忘れている。

近所を3周してから出発。
いつものコースへ。


DSCN1755.jpg
トズラ峠。

サンバーで初めての峠。
疲れる。


DSCN1757_20160207183417a82.jpg
宮ヶ瀬。

タバコ吸ってたら雪が降ってきた。

退散。

帰り道はけっこう慣れてきたけど、まだ頭で考えてる。
ニュートラルでボサーっとしてから急に発進とか、坂道で停まったと思ったらすぐ発進とかが
全然できてない。

来週になったらまた忘れてるだろなー。
もう少し頑張らんとダメだな。


おわり

 

サンバー買った

朝っぱらから家を出てやってきたのは、


DSCN1732.jpg
名古屋。

おみやげはすがきやのラーメンとゆかりを買う。
いつもこれに決めている。

そんなことより、今日はウチの新しい四発を取りに来た。


DSCN1740.jpg
サンバー(^^)

前のkeiが壊れちゃったんで、これに乗り換え。
今度は軽バンでトランポ生活しよ、と思って乗り換えを考えた時から次はサンバーと決めていた。

しかし、既に絶版となってしまっているスバル内製サンバーの中古車市場は、軒並み高かった。
財力の無いボクでも買えるサンバーを探していたら、名古屋で見つかったわけだ。

6代目サンバーの初期型、GD-TV1型。
6代目とはいえ初期型で年数が経ってるし、NAで2WDとなると人気もあまりないようで、お手頃な
価格であった。
それにちょこちょこキズがあったり、軽く凹んでたりしてるのもお値段に反映されたのであろう。
やっぱ車は少し凹んでないと。キレイなのは高くて買えんわ。

ちなみにグレードはディアスバンで、商用車よりちょっとだけ乗用に近い感じのもの。
生意気にパワステや前の席にパワーウィンドウがついてて、後ろの座席がちょっとだけ良くなってる。


DSCN1744_2016020623241456e.jpg
後ろ。

ずんぐりむっくりで決してカッコよくなくカワイイ感じのこのサンバー、顔に似合わず大型バイクをも
飲み込むトランポとして、とても優秀な実績がたくさんある。
その実績を買って今回購入に踏み切った。

しかし、色もいかにも商用車って感じの地味な色だね。それも安さの秘密か?


DSCN1750_20160206232416106.jpg
サンバー最大の特徴、リアエンジン。

RR駆動のそれは「農道のポルシェ」などと言われているようで。
けっこう遅かったけど。

でもこうして見ると、なかなかどうしてカッコよくも見えてくる。

ひとつ問題は、5MT仕様を買ってしまって。。
マニュアル車など前に運転したのはいつの事だろう?思い出せないくらい前に、他人の車を
運転した程度だ。
やはり慣れなくて、運転するのは高速以外はけっこう大変だった。ヒーコラ言って帰ってきたわ。


DSCN1745.jpg
購入したのはココ。

日本で唯一であろう、サンバー専門店の「よもぎ商会」さん。
遠方だったけど、このお店ならいいかなぁと思って。
行ったらお店は本当にサンバーだらけだった。写真撮るの忘れたわ。

これで禁断のトランポツーリングができるか?
果たしてウチの二台はどちらも積むことができるのだろうか?
まずはそこからだな。

その前にマニュアル操作の練習しないとー。
あまりにもヘタクソすぎて、危なくて仕方がない^^


おわり

購入時の走行距離:98286km
現在の走行距離:98603km

 

« »

02 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR