川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

XL250S用テールバッグ修理

この前壊れたXL250Sのテールバッグを修理。

とってもめんどくさいとわかっているので、貧しいやる気も消えてなくなりそうだが、
やらないとどうにもならないし。


DSCN0747.jpg
まずはボロボロになったファスナーを外す。

二列の縫い目の外側だけをほどき、ハサミで切り離す。
内側の縫い目はほどくと収拾がつかなくなりそうなので、残しておいた。

ここで奥様と溝の口の手芸屋さんにファスナー購入に向かう。
純正と同じ形のファスナーは片開きの物しかなかったので、両開きのものがあったコイルタイプのファスナーを選択。
ユザワヤさんとか行けばあるかもしれないが、別にファスナーの形式などに拘りはない。
開け閉めできればいい。

ちなみにXL250Sは40cmを買うとちょうどいい。
ボクは40cmが無かったので60cmを買った。


溝の口で一杯引っかけてから帰る。


酔いながら縫い始め。


DSCN0748_2015092722044452a.jpg
まずは皮部分の裂け目補修。

慣れない裁縫は極度の疲労を伴う。
だいたい目が見えなくて。
近眼老眼色弱の三重苦にこの仕事は地獄。拷問に等しい。

終わったらファスナーの取り付け。
ひとつひとつ地道に手で縫っていく。

縫う、縫う、縫う…


DSCN0749_20150927220445245.jpg
そしたらもう縫い終わり。

ペースがちょっとでも乱れるとたちまちやる気が消滅するので、途中の写真など一切ない。


DSCN0750.jpg
うまく縫えたかしら。

縫うだけでなく、長さ調整やファスナーのストッパー移設などもやった。
ちょっとまだ強度が弱い縫いなので、同じとこもう一周縫おうと思ってる。
それはまた後で。


DSCN0751.jpg
ファスナーの引き手はXL250Sの物を移設。

この辺の雰囲気は残したいと急に拘ってみたりして。


DSCN0752.jpg
完成。

もうひと縫いがあるから完成じゃないけど。

この状態でグイッと引っ張ってもなかなか強度がある。

正直始めるまでは、ボクには無理なんじゃないかと思ったが、まぁまぁうまいこといったんじゃないのか?
頑張ればできるのだ。


おわり
スポンサーサイト

 

ミラー交換

昨日も仕事だった。
疲れて出かける気もしない。家でゴロゴロ。

でもバイクいじりはする。
今日は急にミラーを変える。


DSCN0734.jpg
今のミラーはナポレオンラジカル。

昔ながらのオフロードアイテム。
XL125Sにはよく似合うので不満があるわけでもない。

でもなんか興味があって。


DSCN0735_20150927220040092.jpg
タカツのトライアルミラー。

これに変えてみる。
ハンドル下に付けてみようと。

作りがかなり安っぽいのが気になる。
実際に価格も安くて1個1000円ちょっと。
それを10%OFFで買った。


DSCN0736.jpg
ミラーを外す。

モトクロッサーみたくスッキリしてかっこいい。


DSCN0737.jpg
まずは普通に付けてみた。

異常なほどダサい。


DSCN0738.jpg
あーでもないこーでもないと暫く悩み、

この付け方に落ち着いた。
しかし、根元がボールになってるだけなんで角度調整が悲しいほどきかない。

こりゃーちょっと失敗か。


DSCN0739.jpg
前。

レバーにギリギリよ。


試乗してみる。

いきなりミラーが地震のように揺れだす。
低回転時のゆっくりした波長の振動に弱いようで。
エンジン回転がド、ド、ド、ド、ドなんてなってる時は全く後ろが見えない。

見やすいか、見にくいか、というと見にくい。
でも何度か調整してそこそこ見えるようになった。


DSCN0743.jpg
さすがにスッキリはしてる。

でも使い勝手はあまりよくない。
まぁでもしばらくはこれにしてみよ。慣れるかもしれないし。


DSCN0745.jpg
ココにあってもタンクには当たらない。

でもフルロックしたりすると足に当たんないかなー。


おわり

 

ツーリングマップル

久々に買った。
関東甲信越版。


DSCN0730.jpg
2013年版だけど。。

ブックオフで安く売ってたんで。
ほとんど新品状態だったし。
ツーリングマップルって小さいのに結構高いじゃん。


DSCN0732.jpg
今使ってるのは2009年版。

もうヨレヨレで。


DSCN0733.jpg
表紙も取れそうだし、破れてるし。

でも、これは捨てないでクルマに常備する。
今クルマに常備されてるのは2007年版。

この2007年版が捨てられるだろうか。
地図と言うのはどうも捨てるに忍びない。
ヨレヨレになればなるほど捨てられぬ。


DSCN0731_20150923195802bb0.jpg
ブックオフでこれも買った。

去年のだけど。
道の駅大好きだし。


ブックオフに大好きな昭文社の県別マップルで沖縄版が置いてあった。
2001年版と古いのに800円もしてた。
高いと思ってタダ読みしてたらなんと、もう一つ沖縄版の県別マップルが。
2003年版なのに今度はたったの108円。
値段の付け方がおかしいと思いながらも買おうか相当悩んでやめた。
買えばよかったかなー。


おわり

 

テールバッグ壊れた

XL250Sのテールバッグがちょっと具合が悪くなってきた。


DSCN0727.jpg
外観はだいたいいいんだが。


DSCN0729.jpg
開けるとファスナーが。。


DSCN0728.jpg
ファスナーの布地の部分が切れちゃって。

革んとこもちょっと切れてるな。
ファスナー自体もいくら締めても10分もするとだらしなく開いてしまう。

XL250Sのテールバッグは中古もなかなか出てこない。
こりゃあ直すしかないかなー。

ちょうどいいくらいのファスナーなんぞあるんだろうか?
手芸界の話はさっぱりわからない。

今度ユザワヤでも行ってみるか。


おわり

 

足回りの異音

この前乗った時に窓開けて運転してたら、左側から変な音が。

左にハンドルを切っている時だけ

「シャラシャラシャラ」というか「カリカリカリ」というようにも聞こえる、
なにか金属を擦ってるような音。

意外にも音は大きめ。
助手席側なんで、奥様は少し前から鳴ってるのに気づいてたと。
奥様は後ろの方から聞こえる気がする、と言っているが、よくわからない。
ハンドル操作に関係してるから前じゃねーかなぁ、とも思うのだが。


左にハンドルを切った時のみに発生。
ハンドルをたくさん切ると大きくなる。
徐行程度の速度だと出ない。
ハンドル右側に切った時も一切出ない。
ブレーキングは関係ない。


停めて下回りを見てみたがよくわからん。
だいたい車の事はほとんど何も知らんので。

ちょっと見てもらおかな。そういえばリコールの通知も来てたし。

でも高かったら買い換えか。。
まだ乗りたいんだけど。


おわり

 

20年ぶりの秦野峠越え

パンク修理終えて出たのはもう11時。
明日仕事だから早く帰らないと。あんまり時間がないね。


DSCN0696_20150923185525232.jpg
またまた来ました秦野峠林道。

かっき~さんに虫沢林道と繋がってると聞いて、居ても立っても居られなくなったわけだ。


DSCN0695.jpg
ゲート前。

今日も忍法で。


DSCN0694.jpg
裏側へ。

ここは特に忍法を使うまでもないほど簡単。

行くのだ。


DSCN0693.jpg
全線舗装の林道を上るとすぐにいい景色。

丹沢湖と富士。
こういう道閉鎖しない方がいいと思う。


DSCN0691.jpg
途中の広場でも。

昨日はちっとも見えなかったのに。
皮肉なもんで。


DSCN0680_20150923185709065.jpg
最初のピーク。

ここはブッツェ峠。
最初に来た時はこの峠の存在を知らなかった。
今でも本当の名前かどうかはよくわからない。近くにブッツェ平ていうのはあるけど。


DSCN0681_201509231857111b1.jpg
ブッツェ峠からの眺め。


去る。


DSCN0676.jpg
そしてとうとう秦野峠へ。

右が上がってきた道。左は虫沢林道。
ホントに虫沢林道と繋がってた。


DSCN0673.jpg
またこの峠に立てるとは。

林道の記念碑、よく覚えてる。


知らぬ間に繋がってた虫沢林道へ。


DSCN0669.jpg
路面の砂利の質が違う支道が。

この道クネクネとかなり長く続いてて、先まで行きたかったんだけど時間も無いし戻ってしまった。
でも戻るとき砂利の急坂で滑って登りにくくて仕方なかった。
最後まで行かなくてよかったかも。


DSCN0664.jpg
ダートは断続的に数キロ。


DSCN0662_20150923193702401.jpg
ゲートに着いた。

あー、横が塞がれてる。
ここを抜けるには強力な忍法が必要。

実際に忍法が足りない人がもがいた跡が残ってる。
ボクもかなりもがきそうなので、Uターン。

戻ればいいわけで。
ダートまた走れるじゃん。


DSCN0697_20150923193930d29.jpg
丹沢湖から下る。


DSCN0707.jpg
楽しい木橋発見。

当然渡る。


DSCN0710.jpg
都夫良野峠。


DSCN0712_20150923193934bdb.jpg
曼珠沙華。

当然ながら百恵ちゃんを思い出す。名曲です。


DSCN0714.jpg
東名ワキの道。

いつもは途中で降りるんだが、奥の奥まで行ってみた。
どんどん標高が上がる。

どっかの峠を越えて普通の道に出そうになったら、


DSCN0716.jpg
倒木が道を。

あとちょっとで出れるのに。


DSCN0717.jpg
くぐった。

えっちらおっちら大変だが、戻るのはめんどくさかったんで。


DSCN0718.jpg
出てきた先はチェックメイトカントリークラブへの登り道だった。

この道気になってたんで上に行ってみる。


DSCN0724.jpg
そしたらチョーイイ景色!

海まで見えてよ、なかなかいいぞ。


DSCN0719.jpg
オマケで食事中のトカゲ君も見れて。

でかいの食いすぎたみたい。


帰ろ。
一気走り。

明日からまた仕事頑張らにゃー。


おわり


本日の走行距離:197km
本日までの走行距離:19056km

本日の峠:善波峠、ブッツェ峠、秦野峠、都夫良野峠
本日までの峠:732峠

 

パンク修理

朝。
秦野峠林道に行きたくて家を出た9時半。
走り出してちょっとしたらシリが振られる。おかしい。

確認。


DSCN0647.jpg
あぁ、やっぱり。

クギが刺さってパンクしてんじゃん。
またか。

ここで修理しようか迷ったが、まだ家を出て数キロ、一旦戻ることにする。
コンビニの駐車場でやると恥ずかしいじゃん。


DSCN0648.jpg
戻った。

しょーがないからやる。
出先でのパンク対応練習にちょうどいいので、車載していた工具だけでやる。
シチュエーションは炎天下、飲み物なし。


DSCN0649.jpg
このくらいの工具は持ってる。

アクスル用の22mmスパナがデカすぎ。小さいの持ってない。
タイヤレバーも2本で。もう一本欲しいが仕方ない。


DSCN0650.jpg
ホイールは外さない方法にした。

このやり方、ツインショックはサスが邪魔。
でも剥けた。

エア漏れチェック。


DSCN0651.jpg
発見。

穴2個開いてた。


DSCN0653.jpg
修理。

パッチは1個で足りた。
リークチェック、OK。


DSCN0654.jpg
チューブ入れ、ビード入れ、空気入れ。

ビードが出るまで小せぇポンプで汗ダク。

片づけ終了までで開始から約40分弱。
ちょっと時間かかったけど十何年振りだからまぁまぁでしょ。
早い人は十分くらいとか。絶対無理。

さて、ちょっと遅れたけど出かけるか。


おわり

 

富士に行ったが富士見えず

連休で混んでるけど、ちょっとドライブ。
富士山の方でも行ってみよか。


DCIM0282_201509222209273c8.jpg
来てみた。

雲。。
この後もずっと雲で一回も見えず。


DCIM0284_201509222209290bb.jpg
ウシと少々会話して。


吉田うどんでも食べよ、と「はなや」さんに行ったらなんと、閉店しておった。
営業時間が終わったんじゃなくて、お店やめちゃったと。。
気に入ってたんでがっかり。


DCIM0286_201509222209310c8.jpg
違ううどんのお店に。

くわばら(漢字が出ない)というお店。


DCIM0285.jpg
味噌味でおいしかったわ。

帰りは当然渋滞にはまる。
連休ってのは大変だわ。

あと、車からまた異音が。。


おわり

 

ラフ&ロード システムバッグバーパッド

今日も一日部屋の掃除以外何もしなかった。


中古のバーパッドを買った。
バーパッドまで中古を買うほどにドケチではないのだが、


DSCN0505_20150921164945b72.jpg
これじゃなきゃダメなんで。

ファスナーが付いていてバッグと合体できるようになってるんだが、バーパッドだけ悪くなって捨てちゃってたんで。


DSCN0506_20150921164946135.jpg
こちら手持ちのバッグ。

20年ほど前に買ったのだが、こちらは壊れることもなく今も使っている。
とっても便利だったんでバーパッドの方を探してた。

今も同じようなのが売ってるが、こっちの方がシンプルでいい。


DSCN0507.jpg
ツーリングマップルが丁度良く入る大きさで使い勝手がいい。

信号待ちなんかでもパッと地図を見ることができる。


DSCN0644.jpg
そして外せばウェストバッグになるようにベルトが付いている。

このウェストバッグがまたシンプルかつ優秀で、厚みがないから体に密着してオフロードライディングでも揺れない。
今は地図とエアポンプとちょっとしたものを入れている。
容量は少ないけど満足。
ラフ&ロードさんのは最近のより古い製品の方が好き。

でもやっぱりトレックフィールドさんのウェストバッグが欲しい。。


おわり

 

20年振りの犬越路

昨日は家から一歩も出ずに何もしなかった。
今日は朝早く起きて出かけよう、と思って起きたのだが、、体が全く動かず二度寝三度寝。
ようやく起き上がって動き出したのはもうお昼前。

三週連続で神ノ川林道へ。
今日こそは走ってやる。


DSCN0510.jpg
またまた来ました神ノ川林道青根側第一ゲート。

ネット情報によると、ここにはゲートのワキにずっと通せんぼの岩があったようなのだが、最近なぜかどけられたと。
ボクはたまーに調査に来ていたにも関わらず、岩があったことも記憶になく、ただ通れないと思っていた。
確かにゲートのワキにはバイクが抜けられる隙間がある。

でもゲートにカギかかってないけどね。

今日は工事も終わったのかゲート前には誰も居ない。
よし、行くのだ。これから冒険の旅が始まる。


DSCN0511.jpg
ゲートをスイッと通り抜ける。

あぁ、この地に再び立つことができるとは。


DSCN0514.jpg
少し行くと青根側第二ゲートが。


DSCN0517.jpg
そこもスイッと忍法で通り抜ける。

ニンニン。

滝&トンネル。


DSCN0521.jpg
その先にまたトンネル。

先へ。


DSCN0522.jpg
いやぁ。


DSCN0524.jpg
もうドキドキワクワクなわけです。

20数年振りのこの地を噛みしめながらゆっくりと走る。


DSCN0527.jpg
ゲートから1kmちょっとで早くも待望のダートが。


DSCN0529.jpg
嬉しいなぁ。


DSCN0530.jpg
橋。

この橋はまだここが走れた当時、林道に似合わぬ大橋を建設中だったのだが、あの橋なんだろうか?
記憶が徐々に蘇る。


DSCN0538.jpg
ダートは舗装を交えて断続的に続く。


DSCN0539_20150921000921d3f.jpg
休憩。ゆっくり行こう。


DSCN0541_201509210009223af.jpg
また橋。


DSCN0543.jpg
崩れてる所は結構多い。

ただ、管理や補修での通行があるのだろう、通る分だけはきれいにどけてある。


DSCN0548.jpg
またまた自分を撮ったりして。


DSCN0552.jpg
気が付くとダートは終わっていた。

かつてはそこそこのダート距離だったが、現在は舗装されて5km程度となってしまっている。


DSCN0553_201509210010325fc.jpg
おっと第三ゲート。

ここは開放されている。

そして、、


DSCN0556_20150921001033c31.jpg
バンザーイ!!

とうとう峠の犬越路トンネルに着いた。
ここへ来れたのは20年ぶり。
感激でシッコ漏れそう。


DSCN0557_20150921001034ba0.jpg
20年前はこうだった。

この時はさっきのゲートが閉まってて、もう走れなかったはず。
だいたい道凍ってるし。


DSCN0559_20150921001036dc2.jpg
トンネル内。

ここは心霊で有名なトンネルなのだが、懐かしさの方が先で怖さなど全く感じない。


DSCN0565_201509210012026e6.jpg
通行止めの標識。

表面のサビレが自動車の通行が無くなってからの年月を物語るようだ。

抜ける。


DSCN0571_20150921001204497.jpg
反対側には犬越路林道の開設記念碑が。

こんなのあったかなー。
土砂で埋まりかかってるし。

青根側では林道標識は「神ノ川林道」と書かれているが、この石碑にはしっかり「犬越路林道」と書かれている。
青根側と山北側で呼ばれ方が違うのだろうか。
昔はライダーはほぼ「犬越路」と呼んでおり、地図や林道紹介とかだと「神ノ川林道(犬越路)」となっている事が多かった。

名残惜しいが去る。


DSCN0579.jpg
山北側もじっくりと走る。


DSCN0582_20150921001206e70.jpg
分岐が。

全線を通して支線はここだけだった。
当然行く。


DSCN0586.jpg
いきなりのダートでフラット。

走りやすい。


DSCN0584.jpg
3kmほどで行き止まりに。

この雰囲気は覚えてる。
一度入ったことがあるなこれは。

ちょっと手前に二台のジムニーがいた。
ゲートがある以上管理の車だろう。特に何も言われなかったが。

戻る。


DSCN0590.jpg
下界が近づいてきた。

下のキャンプ場が見える。


DSCN0595.jpg
もう少しで終わりだろうか。


DSCN0599.jpg
と、思ったらすぐに最後のゲートが。

ここはしっかり施錠されている。


DSCN0600.jpg
最後も忍法ですり抜ける。

とうとう制覇した。いいなぁ、この感じ。
林道内で出会ったのは自転車3台と管理のジムニー二台のみ。
バイクとは一台もすれ違わなかった。

ただ、入ってる人は居るようで。
オフタイヤの痕跡が数本あったね。

また来よ。


DSCN0602.jpg
帰りの駄賃の箒杉。

ここも20数年ぶり。


DSCN0604_20150921001629169.jpg
茶屋がある。

こんなのあったかな?閉ってるけど。


DSCN0607.jpg
川沿いをどんどん下る。

昔はこの道が延々細かったような。


DSCN0610.jpg
丹沢湖。

今日は緑っぽい。

どうせ通れないが、玄倉林道に寄ってみる。


DSCN0615.jpg
こんな感じのダー舗が2kmほど続き、


DSCN0612.jpg
やっぱりガチガチゲート。

この林道には崩落の危険で人も通れなくなった、青崩トンネルという超ワイルドなトンネルがあるのだが、
通れなくなったので、新青崩トンネルというのがいつの間にかできてるらしい。
ますます行ってみたくなるじゃないか。

旧青崩トンネルはガケに向かって横穴が開いていて、こんな遊びもできた。→こちら
ボクがどこにいるか探してみよう。


戻る。


DSCN0617_20150921001741e2f.jpg
丹沢湖側から秦野峠林道も調査。

ここは開通とほぼ同時にゲートがかけられて通れなくなった林道。
ボクは当時運よく一度だけ通ることができた。

オフロードバイクならワキから通れそう。
誰か一緒に行かない?


DSCN0619.jpg
帰り際、丹沢湖近くのトンネル。

ワキに道が。


DSCN0623.jpg
やっぱり。

こういうのがたまらない。


DSCN0627.jpg
道の駅山北。

一服して。
今日はちょこっとだったけど、思い出深いトコばっかりでホント楽しかったわ。


おわり


本日の走行距離:212km
本日までの走行距離:18859km

本日の峠:トズラ峠、犬越路、七国峠

 

« »

09 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR