川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

全開不調改善1回目

雨。
出かけられないんでちょっとメンテ。


DSCN0393_20150830175204457.jpg
小雨降る中キャブ外し。

全開付近になるとブスブス失火して回んないんで、MJ交換を試みる。


DSCN0395.jpg
112番。

現在は110番なのでとりあえずひとつ上げて様子を見る。
しかし、キャブ外しというのはめんどくさい。


DSCN0397.jpg
終了。

スグにテスト飛行をしてはみたが、たいして変わらん。。
でもこれは想定内。
次は一気に120番にでも変えてみるか。

明日からまた仕事頑張らねば。


おわり
スポンサーサイト

 

リック・ジョンソン



ボクがバイクを好きになり始めた80年代終盤、既にモトクロス界のトップ選手だったリック。
むちゃくちゃスター性のある人で、何も知らないボクにはとても眩しかった。

ジャージは青と白の方が印象に残ってるんだけど、これは真っ白。

FOXのロゴは今のよりやっぱ旧ロゴの方がいいね。

これは普段着に使えそうね。


おわり

 

夏休みは林道へ(4)

朝。
昨夜は散々だった。

今日は帰るだけだけど、一応天気予報を見ると、熊谷地方は晴れ。
良かった。

5時に出発。


DSCN0179.jpg
雨。。。

こちら昨夜お世話になったネットカフェ。
また来るよ。

大丈夫、熊谷の方は晴れてるよ、カッパ着なくてもすぐ止むって。

ぜんぜん止まない。。

びちょびちょになってから着た。


帰りの駄賃に気になってた笛吹峠に寄る。


DSCN0180_20150822182415d99.jpg
脱いだ。

やっと晴れてきて。


DSCN0181_20150822182416a2d.jpg
笛吹峠への道。

歴史のある道のようだが、ここで合ってるのか?
と思い周囲を見ると、


DSCN0182_20150822182417620.jpg
合ってるようで。

進む。


DSCN0188.jpg
ほどなくして笛吹峠着。


DSCN0187.jpg
かっこいい道標が。

こりゃいいわ。

ここは大昔に大きな戦があったので、開発時に人骨がたくさん出たとかで、心霊スポット
として有名らしい。
峠にオバケは付き物。


DSCN0193.jpg
オバケより気になるのは峠から延びるこの小道。


DSCN0194_20150822182657d3f.jpg
入ってみる。


DSCN0196.jpg
おぉ?


DSCN0198.jpg
なんか秘密の世界に行く道みたい。


DSCN0199.jpg
狭い未舗装路は続き、


DSCN0201.jpg
1.5kmほどで県道へ。

楽しい道だった。


去る。

DSCN0203.jpg
最後の寄り道はR299の高麗峠。

旅も終わりか。


一気に帰宅。
11時には自宅に。

今回もよく走ったな。
ダートもたくさん走って感覚が戻ってきた感じ。
今度はもう少し日数が欲しいね。


おわり


今回の走行距離:907km
本日までの走行距離:18323km

今回の峠:大垂水峠、笹子峠、鳥居峠、大弛峠、馬越峠、新地蔵峠、坂中峠毛無峠万座峠山田峠、渋峠、暮坂峠野反峠池ノ峠わらび峠霧峠石神峠笛吹峠高麗峠

本日までの峠:731峠

 

みなかみ ラーメンハウス新治

林道走っておなかがへった時に現れたらーめん屋さん。


DSCN0129.jpg
みなかみラーメンハウス新治。

一度通りすぎちゃったんだけど、クルッとUターンして戻ってきた。

突入。

地方のラーメン屋さんによくある広めの店内。
これまた地方のラーメン屋さんによくあるのだが、数々の種類のラーメンを扱っている。
支那そば、中華そば、味噌にとんこつ、担々麺。

ラインナップに目を奪われる。


DSCN0128_201508202201450e3.jpg
支那そばにしたわ。

シンプルが一番。
細いちぢれ麺だったわ。

セット注文のミニチャーハンと一緒にスルスルーっと胃に入ってしもた。

林道に来たときはまた来るかも。


おわり


ラーメンハウス新治
場所:群馬県利根郡みなかみ町新巻3613-1
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休(不定休)
駐車場:あり

 

夏休みは林道へ(3)

志賀草津道路から草津温泉に着いたが涙を飲んでスルー、先へ向かう。

六合に向かう国道上になにかこう、気にかかるバス停を発見。


DSCN0057.jpg
なんか前がガードレールで塞がれてるし。

なんとなく印象のある景色、と思ってよく見たら、


DSCN0059.jpg
寅ちゃんだった。

名作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」のラストシーンで使われたバス停らしい。
ここでリリーと再会した寅ちゃんのシーンが頭によみがえる。

「リリーの夢を見てたのよ」

なんてね。
撮影時のバス停はもっと屋根やらベンチやらあったのだが、台風かなんかで吹き飛び、ついでに
バスももう廃線になっちまったみたいだけど、近年誰かが再建したんだと。

映画とはちょっと違うけど、ここで寅ちゃんとリリー(浅丘ルリ子ね)が名シーンを演じたのだと思うと
なかなか嬉しい。


去る。


DSCN0062.jpg
道の駅六合

水分とってファイト一発。


DSCN0063.jpg
暮坂峠に寄り道。

峠にカフェなんかあってシャレてる。


DSCN0068.jpg
こういう道標はやっぱ必要でしょ。

戻る。


DSCN0072_2015081900175245a.jpg
今度は野反峠。

こんなバス停も悪くはない。


DSCN0077.jpg
景色は素晴らしい。

昔この奥のキャンプ場でリヤカーを引いたのを思い出した。
雪だらけで寒くてキャンプできず、尻焼温泉の旅館に泊まったのも思い出した。
どちらもオッキーさん同伴。


DSCN0075.jpg
せっかくだから少し奥の池ノ峠にも寄ってみた。


戻る。


DSCN0080.jpg
万沢林道の入口。

野反湖に向かう途中、
「殺人の滝2km→」
なんて標識を見つけて気になってたのだが、分岐は林道より先だったので諦めた。


DSCN0082.jpg
入ってすぐに万沢林道名物1kmストレート。

当然スッ飛ばす。


DSCN0086.jpg
さぁ20kmのダートだぜ、と思ったら、、

「アレー?」

すぐに舗装に。ぐっすん。

DSCN0088.jpg
山深くて雰囲気はいいんだけどね。

延々舗装は続き、もう全部舗装をぶっかけられちゃったのかー、と諦めかけた頃、


DSCN0090_20150819001937251.jpg
やったー!

待望のダート。


DSCN0091_20150819001938d42.jpg
その後、断続的に舗装はあったけど、まだ半分くらいはダートだった。

そろそろダートも終わりで四万温泉に着くか?と思った時、


DSCN0095.jpg
かわいいカモシカの小さいのが現れた。

一度藪に消えてモジモジしてたのだが、ボクが居るにも関わらず路上に舞い戻り、
ボクの前をスタコラ逃げ出す。

カメラマンは追いかける。


DSCN0098.jpg
わー。


DSCN0099_20150819002104aaa.jpg
わっせ!わっせ!


DSCN0100_20150819002105280.jpg
コーナーでブッちぎる!


DSCN0101_20150819002106a96.jpg
遅い(^O^)


DSCN0102.jpg
えいっ!

と跳び跳ねて再び藪へ。
バイバイ。楽しかったよ。


四万温泉に出たが、温泉には目もくれず次の林道へ。


DSCN0104.jpg
高田山林道。

峠までの短いダート。


DSCN0106_20150819002224f65.jpg
わらび峠。

戻る。


DSCN0112_20150819002225a57.jpg
ちょっと腹が減ったが構わず次の林道。

秋鹿大影林道。


DSCN0113_20150819003316b97.jpg
また自分を撮ってみた。

この前の方がかわいく撮れてるな。
残念。


先へ。


DSCN0115_201508190022281d3.jpg
この林道は最初からダート。

危険箇所の補強以外は10数kmフルダートでかなり楽しい。


DSCN0119.jpg
しかも真ん中に峠。


DSCN0118.jpg
霧峠って言うんだ。

地図に載ってないし、道標あるしで気分上がる。


DSCN0122.jpg
トイレ付きの東家

野宿にちょうどいい。


DSCN0125_201508190034108f0.jpg
出た。

ここはまた来てもいいなー。


DSCN0127.jpg
道の駅で休憩。

蕎麦でも食おうかと思ったが食堂が終了。
早いよ。

諦めて出たら少し先にラーメン屋さん。
腹ごしらえ。


DSCN0131.jpg
よせばいいのに回り道して峠越え。

ここは石神峠。
雰囲気ないので写真もボケボケ。


DSCN0136.jpg
広域農道。


DSCN0142_20150819003548d81.jpg
また道の駅。

この界隈密集してんだわ。


DSCN0143_2015081900355008e.jpg
R120に出たらなんと、

椎坂峠はトンネルで越えられるのね今は。


DSCN0144.jpg
こっちのトンネルも使って。

一気に吹割の滝へ。
ここでキャンプ場を探す。


DSCN0146_20150819003652020.jpg
栗原川林道入口前。

このすぐ奥にキャンプ場を見つけたが、どうも家族や大人数でのオートキャンプ場らしい。。


DSCN0147_20150819003654b71.jpg
通行可、とある。

時刻は午後5時20分。。


「行っちゃえ!」


進む。


DSCN0148.jpg
やった。すぐダート。

などと喜んでいたが、思えばこの行動が後でひどい目に合う事になる。


DSCN0149.jpg
すぐ舗装。


DSCN0150.jpg
休憩。

おしっこ。


DSCN0154_2015081900375511b.jpg
出た。

なんだこれ。


DSCN0155.jpg
荒々しい岩肌は牙を剥いてるよう。

NHKのどーもくんを思い出す。


DSCN0159_20150819003758eee.jpg
反対側。

なかなかいいもん見た。
日が暮れる、急げ。


DSCN0164_2015081900380036c.jpg
22km地点。

転んだ。。
ケツが流れすぎちゃって。

特にダメージなし。
2分で先へ。


DSCN0165.jpg
26km地点。

石碑。


DSCN0167.jpg
かなり暗くなってきた。


DSCN0169_20150819003900fae.jpg
31km地点。

ダートはまだ続く。急げ。


DSCN0171_20150819003902917.jpg
もうすぐ出れると思った時、なんと閉まったゲートが!

終わった。。
と思ったが、開けていいゲートだった。


DSCN0173.jpg
反対側。

フラッシュで撮るとこんなに暗い。


DSCN0175.jpg
やっと抜けた。

舗装路になって「やったー!」

急いでキャンプ場探すぜー、と走り出したら、、、


ワ~~~!!!!


って急に土砂降りが!!

前も見えないくらいの土砂降りは、隠れる場所もないボクを容赦なく襲い、
びっちょびちょになっちゃって。。


DSCN0177_2015081900395892e.jpg
トンネルに逃げ込む。

カッパ着たんだけどね、全然遅かったよ。
もうキャンプどころではない。
町に降りる。


DSCN0178_201508190039596e5.jpg
大間々の街で雨は止み、

ベイシアマートの駐車場でカッパ脱がせてもらう。

べちょべちょのまま桐生市内へ。
ネットカフェを探し逃げ込んだ。

フラットシートの中ですっぽんぽんになり、シャツとパンツを着替えてあとは干す。
この姿を店員に見つかったら、やっぱり通報されてしまうのだろうか。
と思ったら可笑しくなってきた。

自分はパンツ姿で寝袋へ。

今日は最後にヒドイ目に合ったわ。
やっぱ林道の手前でキャンプしとくべきだったなー。

まぁこれも旅か。


つづく

 

夏休みは林道へ(2)

朝。
4時半起き。

やっぱりツーリングの朝は早起きできる。


DSCN9904.jpg
雲っているが降ってはいない。

朝飯は昨日買ったおにぎりなんで時間はかからない。


DSCN9907.jpg
今回はジバンシーのシート作って。

遊びながら撤収作業。

よく見るとここはクルマばっかりでバイクが一台も居なかった。
いい感じのとこなのにねー。


DSCN9908.jpg
さぁ、出発。

今日も元気出して行こー。


DSCN9909.jpg
日が出てきて。

早朝の朝もやの空気を感じながら走れるのは、早起きライダーの特権。

このためにバイクに乗ってる気さえする。


DSCN9911.jpg
朝から山もきれいでよ。

下界に降りてまずは給油か。
タンクが小さいから給油が頻繁で困るわ。


DSCN9912.jpg
で、下まで降りてみたものの、、

なにこのクモクモ。
さっき走ってきたとこの下の方だけ明るいわ。


DSCN9916.jpg
とりあえず給油で長野市街に戻るのだが、

向かう先は雲だらけ。


DSCN9921.jpg
少し走ると濃霧。

うーむ。
でもこれだけ霧深いのに雨がこないのだから、日が昇れば消えるでしょ、と楽天視する。


DSCN9924.jpg
県道途中の坂中トンネル。
ここは迷わず旧道へ。


DSCN9925.jpg
旧道の坂中峠。

峠はやっぱいいなぁ。


DSCN9926.jpg
神様も奉ってあり。

なんだこの写真。


去る。


長野市街で給油。
今日は毛無峠行くんだもんね。

案の定、真っ暗闇のようだった志賀高原方面も、日が昇ったら晴れてきた。

よかった。

とりあえずは毛無峠の前に湯沢林道へ。
更にその前に山田温泉の大湯で朝風呂。


DSCN9932.jpg
山田温泉に向かう県道上のカンバン。

すばらしい。


DSCN9933.jpg
裏側。

こちらも含蓄のあるお言葉で。


去る。


DSCN9934.jpg
大湯着。

相変わらず素晴らしい温泉。

雰囲気、値段、営業時間等全てにおいてパーフェクトなお気に入りの温泉。
近くに来たら入るだろ。

足湯もあるぜ。


先へ。


DSCN9939.jpg
湯沢林道入口付近の子安神社。

旅の安全を祈る。


DSCN9942.jpg
湯沢林道へ。

最初は舗装ね。


DSCN9944.jpg
悪路注意のカンバン。

血が騒ぐ。
こっからダート。


DSCN9960.jpg
立派な橋が。

手すりが低いから下向けて写真撮ると、太ももの辺りがゾクゾクするわ。


DSCN9963.jpg
地図には砂利深いとあるが実際はそうでもなく走りやすい。

全線明るいダートで要所に景色のいい所があるので飽きがこない。
想像してたよりいい林道。


DSCN9968.jpg
最後はドカーンとこの景色。

走るなら山田温泉側から登りのルートで。


DSCN9978.jpg
毛無峠までの県道に接続。

10数kmの全てがダートの貴重な林道。
舗装はしないでくれ。

さぁ、毛無峠はすぐそこだ。


DSCN9984.jpg
もう着いた。

やったー!
念願の毛無峠!

この先は通行禁止。なんでだ!


DSCN9994.jpg
毛無峠は初めてで。

何度も志賀草津道路にきてるんだが、いつも最悪の天候だったり真っ暗だったりと、タイミングが合わなくて。


DSCN9995.jpg
先に来てた若いライダーと話す。

東京からだって。


DSCN9996.jpg
回りを少し歩く。

飛行機が不時着してた。


DSCN0001.jpg
緑がきれいなお山。

おばあちゃん二人組があのてっぺんに向けて意気揚々と歩いていったので、心配になった。


DSCN0010.jpg
チェーンの先も道は続いてるわけだ。

しかもダートの。
いくらでもワキから入れるんだが、、一般客もたくさん居るし。


DSCN9999.jpg
ほうら、こんなにいい景色。

来たことないヤツを連れてきて、「どうだ」と自慢?したくなる。

かなり満喫。


去る。


DSCN0013.jpg
あれはさっき走ってきた湯沢林道か。

いちいち景色がいい。


DSCN0023_20150816211335ee2.jpg
万座峠。

ここから山田入林道が始まる。


DSCN0027.jpg
でもゲート。

横までしっかり塞いでいるように見えたが、写真撮ってる背中側からぐるっと巻いてゲートをパスする道ができてた。
ただ、失敗すると崖に転落。

行きたい気持ちをおさえて先へ。


DSCN0030.jpg
志賀草津道路。

天気いいから気分が上がるぜ。


DSCN0033_20150816211557c01.jpg
山田峠。


DSCN0034_201508162115581f3.jpg
うひょー。

こういうのたまんないな。


DSCN0035_201508162116001a9.jpg
久々の渋峠。

前に来たときは10月で雪が降ってたな。


DSCN0040_2015081621171332c.jpg
知らないライダーも大喜びな感じ。

この先へ進みたいが、予定があるので草津温泉側に戻る。


DSCN0042_20150816211714e47.jpg
こっちが山田峠かな?

調べよ。


DSCN0043_201508162117157b6.jpg
この道は絶景が多すぎて。。


DSCN0056.jpg
途中から写真もめんどくさくなってくるんだわ。

後半は見るだけでスルー。
また来りゃいいさ。

草津温泉もまさかのスルーで先へ。


長いんでつづく

 

上田市 千古温泉

3時半。
汗だくなんでキャンプ地に着く前にひと風呂浴びたいと、地図を入念に探す。

この先の千古温泉というのが良さげだとツーリングマップルにある。
自然とハンドルはそっちに向かう。


DSCN9871_201508162044168b7.jpg
どうやらここらしい。

道はちょっとわかりにくい。

下る。


DSCN9872.jpg
あった。

左。

更に下る。


DSCN9873.jpg
着いた。


DSCN9875.jpg
雰囲気よし。

突入。

中も昭和な感じで居心地よい。
料金は500円。


DSCN9879.jpg
脱衣所。

必要最小限。


DSCN9880.jpg
風呂。

必要最小限。
人も少なくってのんびり。

お湯は硫黄の香りが強く、よくわからんが効きそうな感じ。

適温でゆったりしてたらいい時間になっちまった。

また来ますよ。


おわり


千古温泉
場所:長野県上田市真田町長6395
営業時間:10:00~20:00
駐車場:あり

 

夏休みは林道へ(1)

夏休み。
やっと出発。

さて気の向く方に行ってみよう。


DSCN9766.jpg
GWは荷物で苦労したんで今回は軽めに。

車体はテントだけ。
あとは全てザックでしょい込むんだが、今回は炊事用具を持つのやめた。
あと地図入れとしてウェストバッグを。


出たらスグに小雨。
幸先が悪い。
R20へ。


DSCN9767.jpg
もう山梨県で杣口林道。

甲府盆地側は天気よし。


DSCN9768.jpg
これから向かう金峰山系は、、

やな感じ。

ちょっと登り始めたらすぐに事故が。
バイクとクルマの接触。
特に問題無さそうなんで先へ。自分も気をつけなければ。


DSCN9769.jpg
着る。

メッシュジャージ一枚だったが寒い。


DSCN9787.jpg
鳥居峠。

先へ。
大弛峠行くんだ。


DSCN9789.jpg
川上牧丘林道、山梨側入口。

昔は「峰越林道」なんて通称の方がまかり通ってた。


DSCN9797.jpg
もう着いた。

山梨側は全部舗装だからすぐだな。


DSCN9796.jpg
停まってるのはボクのバイクじゃない。

ボクはこっそりさみしいトコに停めた。


DSCN9794.jpg
クルマが多すぎて。

バイクの団体も居たから停められやしない。


DSCN9790.jpg
こっちも。

こんなになったのは山梨側の舗装のせいに違いない。

峠は2年くらい前に来てるんで、とっとと下る。


DSCN9798.jpg
久々の長野側ダート。

ワクワクするなぁ。


DSCN9799.jpg
ワクワクするがうまく走れない。

一本目の林道はいつもこうだ。


DSCN9800.jpg
降りた。

左が大弛峠。


DSCN9801.jpg
県道に下る途中にでっかい堰堤発見。

去る。

さてと、北上してみよか。


DSCN9806.jpg
下に降りたら天気回復。

気持ちいい。


DSCN9813.jpg
夏の空だな。


DSCN9832.jpg
馬越峠。

前に来たのは20年も前か。

菅平のほうでも向かうかー。


DSCN9839.jpg
岩堀りの変なトンネル発見。

写真撮ってるとみんなジロジロこちらを見て通りすぎる。
怯んではいけない。


DSCN9857.jpg
佐久?


DSCN9870.jpg
陸橋。

美しい。


DSCN9871.jpg
汗べっちょべちょなんで温泉に。

千古温泉ていい温泉が近くにあるってんで。
すっきり。


DSCN9881.jpg
今日はどこの山もきれいだぜ。


DSCN9882.jpg
新地蔵峠近く、ひょんな事から地図に載ってない林道へ。

入っていきなりダート。
進む。


DSCN9883.jpg
ずいずい進むと峠?に出た。

奥が広い。


DSCN9887.jpg
広い所は畑だった。

ここは、なに?
空がすごく広いんだけど。


DSCN9889.jpg
天空農場か?


DSCN9890.jpg
どうもこの道を下りると下界らしい。

でも道はミゾ&粘土だった。
オレは荷物&ひとり。


去る。


DSCN9893.jpg
戻って新地蔵峠。

この辺にキャンプ場があるはずだが全く探せなかった。


DSCN9896.jpg
しょーがないから一旦長野市内へ。

ちょっと日が落ちてきたぞ。
急げ。


DSCN9898.jpg
戸隠手前のキャンプ場に向かう。

ここは途中の峠ね。

キャンプ場は見つけたが、ちょっと雰囲気が違う。
ロッジ主体のキャンプ場のようで。
しょーがねぇなー、奥のキャンプ場行くか。

ちょっと急ごう。


DSCN9899.jpg
真っ暗になるギリギリで戸隠イースタンキャンプ場に到着。

テント建てる頃は真っ暗け。
20年も使ってるテントは真っ暗でも建てられるぜ。

コンロや鍋の調理道具は持っていないので、今日の食事はできてるもの。
ちょっと寂しい気もするが、仕方ねぇな。
ビールがあればいい。


DSCN9902.jpg
おやすみなさい。

明日はどうなるか。
雨降んな。


つづく

 

箱根

もう夏休み。
だがまだ色々とあってツーリングには行けてない。
後半戦で勝負しようと。

今日はドライブ。
ちょっと箱根まで。


DCIM0271_2015081320184171b.jpg
雨が降ったり止んだりで。

真っ白。


DCIM0277.jpg
芦ノ湖も真っ白で霧が深い。

霧の摩周湖(by布施明)を思い出す。

涼しくって、霧が喉に優しくて気分よし。


DCIM0272_20150813201842c2a.jpg
雲助だんご。

きなこが一番うまいぜ。


去る。


DCIM0280.jpg
大涌谷の封鎖箇所まで来た。

火山活動の深刻さを物語る。


DCIM0281.jpg
この先は当分の間通れないだろう。

箱根はどうなっちゃうんだろうか。

複雑な思いで先へ。


DCIM0283_2015081320201196b.jpg
乙女峠。

かわいい金太郎像のおしりを撫でてよい子になる。


DCIM0286_20150813202012133.jpg
峠下の温泉、富士八景の湯

1000円と言われ「うっ!」となったが、奥様がスマホでクーポンを出していたので200円引き、
800円でなんとか入れた。
来るときはクーポンを忘れずに。


DCIM0287.jpg
ネコと戯れて。

さぁ帰ろー。
明日からツーリングに出るかな。


おわり


本日までの走行距離:85122km

 

洗車

今日はぼんやりして休息。
アイアンマンと寅ちゃん2本観てグダグダの午後2時過ぎ、やっとちょっとだけ動く。


P8090001.jpg
洗車しとこうと思って。

この前ツーリングでダートばっかり走ったからドロだらけ。
でも洗車キライなんだよね。
今度から人にやってもらおうか。


P8090002.jpg
暑いしめんどくさいしでワーッとやっつけて終了。

もういいだろ。
オレは頑張った。


P8090003.jpg
まさかのもう一台。

こっちはまたスグに汚れるから更に適当。


P8090005.jpg
でもほうら男前に。

宅内に退散。

明日からまた仕事かー。
二日出りゃ休みか。


おわり

 

« »

08 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR