川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

藤岡 純手打羅阿麺 宮口軒

こんにちは。温泉からあがったらロッカー前にボクの靴下が落ちてたんで「あぁ」と思って履いたのですが、よくよく見たら他人のでした。キ、キタネー!大変です。


ツーリングマップルに書いてあった宮口軒で遅めのお昼にする。

宮口軒さんは藤岡I.Cのそばなのだが街道沿いにはない。
県道13号上に「宮口軒ココ曲がる」の看板があるので見逃さないように。
そこから案内板によって細い道をあっちゃこっちゃ曲がらされて、最後はこんなトコにあるのか?という所まで行ってやっと到着する。


DSCN2267.jpg
民家の間のようなトコなんで能動的に探さなければたどり着けない。
でも見つけるとちょっと嬉しい。

突入。


DSCN2271.jpg
中は喫茶店のような造りだった。
客はボクの他はおねいさんが一人。
テーブルもあるがボクはカウンターへ。

チャーシューメン大盛り(850円)を頼む。


DSCN2274.jpg
あんまり待たずに出てくる。
野菜たっぷりな感じ。
麺は見えない。


DSCN2278.jpg
ほじくり出した。
手打ちの麺はうどんのような太さ。でも縮れててラーメン用とわかる。
これが藤岡ラーメンの特徴なのか?
ラーメンは好きでもこういう知識は全く無いので困る。
だいたい藤岡ラーメンていうジャンルも今日初めて知った。

もちもちした麺と素朴なスープはおいしかった。

また来ます。


おわり


純手打羅阿麺 宮口軒
場所:群馬県藤岡市上栗須250-4
TEL:0274-23-1148
営業時間:11:30~21:00
定休日:月曜日
駐車場:あり
スポンサーサイト

 

高崎 白衣大観音

高崎に巨大観音があると聞いた。
けっこういろんなトコにあるもんだ。

で、行ってみた。


1.jpg
高崎駅からほど近い丘の上に観音様への入口はあった。
おみやげ屋や茶屋なんかがある。
ココに停めて歩いていく。


2.jpg
参道?をトボトボと歩く。
するとワキを一般のクルマが上がっていった。
クルマで行っていいんだ。。。

歩く。


3_2013120120565039e.jpg
少し歩くと紅葉の隙間からほうら見えた。
もう少しだ。急げ。


4_201312012056529db.jpg
登りきったらご対面。
おぉ、すばらしい。


5_20131201205653ff1.jpg
ドーンとまん前から撮ってみる。
なかなかの迫力。

高崎白衣大観音
昭和11年建立
身長41.8m
体重5985ton

体重は超電磁ロボの比ではない。
あのロボットそうとう軽いんだな。


7_20131201205944aae.jpg
顔。
ちょっとぽっちゃり系。
これもまた柔和な顔つきで心が和む。


8_2013120120594610f.jpg
下から煽って撮ってみた。
このくらいだとかなりデカく感じるな。
なのに牛久の大仏ったら120mだなんて、、、また行ってみよ。


さぁ、胎内へ。


9_20131201205947815.jpg
入口で300円ばかり取られる。
中が見れるんでケチくさいことは言ってられない。


10.jpg
1階。
なんやらかんやらいろんな神様が祀ってある。
その前には賽銭箱が。
これは上までずっとある。全部入れてたらカネがいくらかかるかわからん。

上へ。


11_201312012059501b8.jpg
こんなトコをガンガン登る。

途中おばあちゃんが降りてきた。
年寄りにこれはキツイ。よくぞ上まで行ったもんだ。


12_20131201210216d1e.jpg
階の途中には建設途中の絵が。
土地の開墾から完成までが綴ってあって面白い。


13_201312012102186b9.jpg
最上階、着いた。
9階なんで普通のオトナなら特になんていうことはない。

肩の部分だって。
やっぱ頭まで行きたいもんだ。
それと外にも出たいもんだ。


14_20131201210219cfd.jpg
ここはそんなエクストリームな場所は無い。
かわりに展望用の窓が開けられるようになっている。

先には浅間山が、、、見えたよ。


15_20131201210221662.jpg
他の窓を開けると観音様の影が。
こんな形でも巨大さを感じる。


降りる。


16_20131201210222146.jpg
観音様の回りは普通の寺みたいになってる。


17_20131201210406d8a.jpg
裏へ回る。
背中はやっぱり穴だらけ。


18_20131201210408a77.jpg
最後にもう一度前に回って橋と一緒に撮る。
今日も天気がいい。
観音様観にくる時は全部快晴ってのが続いてる。
神のチカラか?

高崎白衣大観音、また来るねー。


19_20131201210409bb8.jpg
おまけ

帰りの参道のおみやげ屋さん前にいるかわいいイヌ。
クルマがあがってくるとね、クルマが通れる分だけよけてくれるんだ。
おとなしくてたくさん触らせてくれた。


白衣大観音のある慈眼院のHPはこちら


おわり

 

秋最後の高崎ツーリング

朝。
いつものグダグダ。
やっと出発の10時過ぎ。
出発したはいいが、カネを忘れて途中で戻る。高速乗る前でよかった。

再出発は更にグダグダの11時ちょっと前。
渋滞の環八を抜け、関越道に飛び乗る。


DSCN2130.jpg
高崎で降りる。
今日は高崎の観音様を観に来たんだ。

天気最高。


DSCN2133.jpg
まずは高崎駅へ。
特に意味は無い。

さっさと次へ。


DSCN2136.jpg
ここが観音様の入口。
高崎駅からほど近い。

観音様の詳細は別で。


DSCN2255.jpg
こんな感じに見えてる。
近くには呼び込みのキツイおみやげ屋さん。

近くに吊り橋があると言ってたんで行ってみる。


DSCN2252.jpg
来た。
デカイけどあんまり面白くない。
ここで写真撮っておわり。


去る。


DSCN2264.jpg
腹減ったんでらーめん屋さんに。

らーめん屋さんの詳細も別で。

もう帰り道へ。


DSCN2282.jpg
杉ノ峠。
秩父に向かう途中の峠。

日が落ちてきて寒い。


DSCN2286.jpg
ちょっと温まろうと温泉へ。
秩父の「梵の湯」

肌がツルツルする湯だったな。

出たら日もけっこう落ちててとっとと帰る。
ちょっと走ったら真っ暗になっちゃって、秩父からの山越えは指が凍るかと思った。
いいかげんグリップヒーターの結線しないと。

今日はほとんど観光ツーリングだったな。


おわり


本日の走行距離:290km
本日までの走行距離:113852km

本日の峠:杉ノ峠、山伏峠、小沢峠、青梅坂

 

紅葉

午前中トコヤさんに行って、今日はゆっくりしてよう。
と思ったが、また家を出た午後1時。


DSCN2052.jpg
東名高速鮎沢PA。
ちょっと紅葉してるとこあった。


DSCN2060.jpg
PAでアメリカンドッ君発見。

当然買う。


DSCN2063.jpg
でもココのは顔がモヤッとしてて微妙。
この前の駒角PAのはとってもきれいだった。
ドッ君はカオが命。もっと頑張ってくれないと人気落ちるよ。


先へ。


御殿場で降りて足柄峠を経て最乗寺へ。
もうちょっと紅葉を見ようかなと。


DSCN2087.jpg
最乗寺はまぁまぁキレイだった。


DSCN2088.jpg
晴れてればもっとキレイなんだろな。
今日はちょっと曇り気味。

それでもけっこう楽しめて満足。


DSCN2120.jpg
帰りは大井松田I.C近くのドライブインはるみで夕食。
はるみちゃんはいつもおいしくて楽しい。

また明日から仕事だぜ。


おわり

 

今年も宮ヶ瀬クリスマス

 

またゴミを買った

前期型のΦ38フォーク、なんかよさそうなレストア及びペイント済みみたいのが見つかったんで、終了間際に慌てて入札し、落札。

だが、なんかイヤな予感が。


DSCN2031.jpg
なんだか結構高い送料を経て到着。
バババッと開けてみるとイヤな予感は的中。

「専門業者による2液ウレタン塗装」という黒塗装はパッと見キレイ。

だがしかし、


DSCN2034.jpg
塗装は部品をバラさずに組んだままスプレーをぶっかけられていた。。

取付用のネジやドレンボルト、ブリーダーバルブやフィッティングのネジ山にも塗料が厚く乗ってる。。
プロってこういう風に塗るんだっけ。


DSCN2046.jpg
アクスルシャフト穴にもマスキングは無く、プラスチックのアンチダイブ調整ノブにも塗料が。
あぁ。。。
さすがにブレーキホースのバンジョーボルト取付け部にはマスキングがされていた。


DSCN2040.jpg
当然下地処理なぞしてないだろう、もうポツポツと色がハゲてるトコがあるし。

レストア済みだが当然バラしてなどいない。
ココで言うレストア済みとは塗装済みの意味のようだ。そういう風に説明に書いてある。。

入札する時は慌てるとロクな事がないな。
これだったら塗装してない方がいいわ。

いやー最近ハズレが多いわ。
これもヤフオクか。


おわり

 

追浜 鷹取山磨崖仏

朝。
体が動かない。週に三日も会社に泊まるとロクなことがない。

寝てようか迷った午前11時、今日は気になってた追浜の磨崖仏を見に行く。

追浜駅の少し先から県道に入り、学校のそばから住宅街に入ってウロウロ。
グルグル回ってやっと鷹取山公園の入口に着く。


DSCN1865.jpg
ここが磨崖仏への入口。
へんなトコにあるのにけっこうバイクが停まってた。


DSCN2011.jpg
ここからは歩きで。
坂を登っていくとけっこう見晴らしよし。


DSCN2009.jpg
上に着くと広くなって休憩所なんかがある。
磨崖仏はここから歩いて10分らしい。
ここの自販機で飲み物を調達しておくこと。


DSCN1948.jpg
地図を良く見てと。


DSCN1952.jpg
岩場のような道を歩く。
岩登りは禁止となってるが、どうも黙認されてるらしくフリークライマー達の縄張りになってた。


DSCN1954.jpg
こんな階段を上り下り。

けっこう疲れる。
ヒーヒー言って更に先へ行くと、


DSCN1988.jpg
居た。


DSCN1965.jpg
こちら鷹取山磨崖仏。

磨崖仏とは岩に彫られた石仏のこと。
思ったより小さいな。

そういえば大分の臼杵でもおんなじような岩に彫られた仏像を見たな。


DSCN1968.jpg
下から煽って見るとまあまあ迫力があるではないか。
男前だし。
男だか女だか知らんけど。


DSCN1974.jpg
男前もあんまり下から撮りすぎると目が笑ってる。



1234.jpg
小さいとは言ってもこのくらいはある。
山の中に突然現れるとやっぱりちょっとは驚いたりもする。


散々見て満足したら去る。


ここの公園にはもうひとつの磨崖仏がある。
裏磨崖仏とかインディーズ磨崖仏とか言われている。B級好きにはこっちの方が人気だったりする。



DSCN1942.jpg
たぶんココだ。
来たときからそんな気がしてた。


DSCN1940.jpg
藪の中の道を進んでみると、


DSCN1931.jpg
やっぱりあった。


DSCN1895.jpg
キレイに切り出された岩の面には仏像が彫られている。
これは非公認の磨崖仏で、誰かが勝手に彫ったもののようだ。
いわば落書きのようなもの。


DSCN1887.jpg
しかし、


DSCN1890.jpg
なんとも言えない味わいが。


DSCN1905.jpg
素人らしいが壮絶なるセンスがたまらない。


DSCN1875.jpg
寝釈迦はちょっと剥れかかってる。
是非とも修復したほうがいいような。


DSCN1925.jpg
これもかっちょいいなぁ。

カベに彫刻するなとか色塗るなとか書いてあるけど、消さないで残しておくのは管理の自治体もこの良さを認めてるってことかね。
このインディーズ、このまま保存する方向でお願いします。

表も裏もあり一粒で二度おいしい鷹取山磨崖仏、一見の価値あり。


海行って戻っていつもの山へ。


DSCN2014.jpg
変な道通って三増の合戦場跡地へ。

今日はこのくらいでヤメとこ。


おわり


本日の走行距離:181km
本日までの走行距離:113558km

 

ロウ塗り

この前修理した財布の糸がケバ立ってきた。
糸にロウを塗り忘れたからに違いないと思い、塗る。


DSCN1855.jpg
これだ。
善光寺のありがたい蜜蝋の蝋燭。


DSCN1858.jpg
開けたらもっとすごかった。
コレ使うとバチが当たりそう。


DSCN1860.jpg
普通は縫う前の糸に塗るんだったような。

ガシガシこすって塗る。はみ出しても構わない。
塗ったらドライヤーで溶かして滲み込ませる。

繰り返してキレイに塗りこめた。
これでホツレなきゃいいが。


おわり

 

Michelangelo

2013111717490000.jpg


Party Dude!

 

仕事の後のドライブ

朝。
日曜日、だが一仕事。


DSCN1852-3.jpg
ちょっとのつもりが3時過ぎまでかかった。
まったくもう。


DSCN1843.jpg
その間にムシをほじくり出し、土を換える。
寝てたのに出しちゃってゴメンね。

午後4時頃に家を出る。
一仕事の後のドライブは楽し。


DCIM0001_201311102156056da.jpg
丹沢あんぱん。
今日もあんぱんは買わずにあげぱんを。

去る。

ちょっと風邪気味で体力が落ちてるんで贅沢をする。


DCIM0002_20131110215607def.jpg
栗の里でステーキ。
人の分まで食って腹いっぱい。


DCIM0007_20131110215609057.jpg
アヒルとふれあいコーナーで触れあっちゃう。
かわいい。

明日からまた大忙し。
何日帰れない日があるだろ。
頑張ろ。


おわり

 

« »

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR