川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

時坂峠

朝。
今日は曇ると言ってたわりに天気がいい。
ではバイクに乗らねばと思うが、サンジャポが始まり出足を鈍らせる。
誘惑を断ち切り出発の10時40分。

八王子を抜け秋川街道へ。


DSCN0833.jpg
武蔵五日市駅。
とりあえず寄る。


払沢の滝のワキを抜け、更に奥の時坂へ。


DSCN0839.jpg
斜面にへばりつくような集落。
更に上へ登る。

時坂峠へ。


DSCN0840.jpg
峠への林道はチェーンで封鎖されてた。
チェーンにはカギが無かったんで、いつもなら外して入ってしまうのだが、
今日は歩いて行ってみる。スグだし。


DSCN0847.jpg
数分歩くと時坂峠に。

本来は左の浅間尾根道という徒歩道の峠のようだ。
林道上では低くなった所が峠になる。

峠には涼しい風が吹いて気持ちがいい。
これは癒しか?


歩いて戻り、チェーンゲートの反対側の道を奥へ進む。
奥には茶屋があるようだ。
こんな所にホントにあるのかと思ったが、登りつめた所にあった。


DSCN0853.jpg
峠の茶屋。
お茶は飲めそうなのだが、モヤっとした雰囲気なのでどうしようかと思っていたら、なにやらもっと奥に蕎麦屋があるらしい。

そっちに行ってみる事にした。


DSCN0870.jpg
道はスグにダートになり、え?と思ったが進むとまたスグに分岐が。
やっぱりあるらしい。

駐車場に止めても店は見えないので歩く。


DSCN0865.jpg
あった。
なんかちゃんとしてる。こんな山奥なのに。


DSCN0862.jpg
中へ入ると中庭にキレイな花なんかあったりでなかなか雰囲気がよろしい。
山奥なのに。


DSCN0861.jpg
蕎麦屋さんなんで蕎麦なんか注文して。
この他にお通しが二品ほど出てきた。


DSCN0855.jpg
景色のいい席にはテレビが来て撮影してた。キレイなおねいさんがしゃべってる。
ホントはあそこで食べたいのだが仕方がない。
5時のニュースとか言ってたなぁ、なにげなく写ってたりして。

蕎麦処みちこ
絶対また来よう。人を連れてくるにはちょうどいいな。


さっきのダートの分岐を奥に行ってみた。


DSCN0871.jpg
約1kmほどの勾配の強いダートの後、県道に出る。

滝、細道、峠、茶屋、ダート、好条件が揃ったいい道だった。


奥多摩周遊道路を抜け、奥多摩湖からスグにもどる。


DSCN0872.jpg
戻り道は鶴峠。
GTRが側溝にハマってた。

和田峠に向かう。


DSCN0875.jpg
ついでに醍醐峠へ。
だんだん雲行きが怪しくなってきた。

帰りがけ、近くの林道走行中になんと子グマに遭遇!
目の前を横切っていった。
子のそばに親がいるのは当たり前。瞬時に緊張する。
このカーブを曲がったら親グマが立ってるんじゃないかとビビりながら先へ行く。
20何年山を走ってきたがクマを見たのは初めて。びっくりした。


DSCN0877.jpg
食われることもなく無事帰宅。
暖かくて気持ち良かったぜ。


おわり


本日の走行距離:233km
本日までの走行距離:109365km

本日の峠:時坂峠、風張峠、鶴峠、和田峠、醍醐峠
本日までの峠:675峠
スポンサーサイト

 

軽くドライブ

ちょこっとドライブに出かけた。


2013051814430000.jpg
藤野
沢井トンネル。


2013051816240000.jpg
秋山温泉 NESPA
ひと風呂。


2013051816460000.jpg
厳道峠。
道志側荒れてる。


2013051817290000.jpg
宮ヶ瀬。

天気よかったからバイク乗ったほうがよかったかな。


おわり

 

部品が届く

色々来た。


DSCN0830.jpg
ベアリング、ワッシャ、ゴム…消耗品だな。

いつやるか。今じゃないな。


おわり

 

とりあえずチェーン調整

先週だるんだチェーン。
変えようかとも思ったのだが、ロックワッシャー買ってなかったしめんどくさいしで、とりあえずエキセン回して遊びを調整することにした。


DSCN0825.jpg
調整前。
ダラダラ。


ジャッキアップして調整。
引くのはほんの少し。


DSCN0826.jpg
調整後。
かなり良くなった。
見てもちっともわからんな。


とりあえず試走。
当然スイングアームとの当たりもなくなり、エンジンパワーがタイヤにスムーズに伝動してる。


DSCN0828.jpg
もういい時間だったから試走は三京程度で済ませる。
停めて一服しながらバイクをチェック。


DSCN0827.jpg
フロントタイヤの溝が無い。
もうスリップサインがおもいっきり出てるな。
後ろもまぁまぁ減ってるし。
フロントは近々に交換かなー。

ブレーキパッドも結構減ってた。フロントもリアも両方。
消耗品の出費が嵩みそうだわ。


おわり


本日までの走行距離:109132km

 

木曽ツーリングの峠越え

連休の木曽ツーリングで越えた峠。


661地蔵峠
地蔵峠。
長野県木曽郡木曽町。旧飛騨街道。

開田高原側に下る時の御岳山がめちゃくそインパクトあり。
知らずに走ってるといきなり来るんで「うおっ!」となること請け合い。



662九蔵峠
九蔵峠。
長野県木曽郡木曽町、R361木曽街道。

ここらへんはずっと御岳ビューがすさまじい。



663寺坂峠
寺坂峠。
岐阜県高山市、県道39号

撒き砂多し、スリップダウン注意!



664鳥屋峠
鳥屋峠。
岐阜県高山市、鳥屋峠林道。

カモシカに二回会った。車両の通行はほとんど無い。



665鈴蘭峠
鈴蘭峠。
岐阜県高山市と下呂市の境、鈴蘭スカイライン。

別荘地を縫うように走るスカイラインは交通量も少なめで走りやすく、山々の景色がすごくいい。



666岳見峠
岳見峠。
岐阜県高山市と下呂市の境。

ここも御岳の眺望がすばらしいが、道は舗装なのにダートの如くヒドい。
四輪で行くのはやめたほうがいい。



667濁河峠
濁河峠。
岐阜県高山市と下呂市の境、県道435号。

御岳が目の前で雄大すぎる景色と右へ左へのワインディングが続く険しい山岳路。
走り甲斐があってこの旅一番の道だった。
峠近くに濁河温泉あり。寒くなければ入りたかった。



668柳蘭峠
柳蘭峠。
岐阜県高山市、県道435号、463号。

すぐ上はスキー場。寒かったー。



669-1根の上峠
根の上峠。
長野県木曽郡大桑村。

ここは車道の根の上峠になるのか?



669-2根の上峠
上の写真のすぐ左側がホンモノの根の上峠。
ここは国内でも最重要な五街道のひとつ中仙道。

今は案内看板にトイレなんかもあったりして。
これは車道側に設けてもよかったんじゃないかと思ったりして。



670清内路峠
清内路峠。
長野県木曽郡大桑村と下伊那郡阿智村の境、R256。

旧道はゲートで閉ざされちゃってバイクの入るスキマも無い。
全くもう。。



671横川峠
横川峠。
長野県下伊那郡阿智村、県道109号。

特に何もないんだが、以外に地元車の交通量が多い。



672大平峠(木曽峠)
太平峠(木曽峠)。
長野県木曽郡大桑村と飯田市の境、県道8号太平街道。

いい雰囲気のトンネルで突かれている。大平峠とも木曽峠とも言うらしい。
木曽側の人間は大平の集落に抜けるので大平峠と、飯田側の人間は木曽に抜けるんで木曽峠と呼んだのだろう。
峠とは得てしてそういうものだ。



673飯田峠
飯田峠。
長野県飯田市、県道8号大平街道。

大平峠と連続する峠。タイトな連続カーブの連続が長いぜ。
気合入れて走ろう。



全部で13峠か。
もうちょっと走りたかった。


おわり


本日までの峠:673峠

 

チェーンが終わったか

昨日宮ヶ瀬から帰るとき(行きも少し)、チェーンの辺りで何かに当たっているような音と感覚がずっとしてた。


DSCN0822.jpg
なんだろうとよく見る。
チェーンカバーの受けと近くの溶接ビードにチェーンが当たって削れていた。

なんだー?
こりゃヒドい。ここにチェーン当たるのは異常だぞ。

スライダーが極端に減ったかと思って見るが異常はない。

んー?と思いチェーンをつまんで揺らしてみる。


DSCN0823.jpg
タテにもヨコにもガッタガタだった。
チェーン緩すぎ。伸びたのか?オイルささないで今回相当走ったからなぁ。
前回交換したのは約69000km時点。4万キロ走ったか。ほとんどメンテされずに。。

部品は一式用意してあるから、こりゃもう交換だな。
一緒にスイングアーム廻りのベアリングとか交換したかったんだけど、ムリだな。


おわり

 

シートをノーマルに

少し前からシートの縫い目に破れが出ていた。


DSCN0800.jpg
ちょうどチンコの前辺り。
一番体重がかかって引っ張られるところ。
乗るたんびに破れが広がってく感じ。


また張り替えようかとも思ったが、前からノーマルシートにしたかったんで大好きなヤフオクで探した。


DSCN0796.jpg
まぁまぁの程度のシートを3000円で落札。
あんまりスマートじゃない国内向けのタンデムベルト付き。
でもこれが欲しかったんだよ。


DSCN0797.jpg
スポンジの反発も良好だが、後ろに一ヶ所小さな穴があいている。
これは少し引っ張って隠してしまう作戦。


DSCN0801.jpg
とりあえず比べる。
現状。ほんの少しだけアンコ抜き。


DSCN0799.jpg
ノーマル。
ほとんど変わらなく見えるが、乗った感じは明らかに高くなった。

ただ取り替えるだけでは終わらない。
ロングツーリングの荷物の座りを良くするためにケツ止めを削る。


DSCN0802.jpg
ペロッとめくってなんかエロい感じでスポンジ加工。
まずはカット。


DSCN0804.jpg
ペーパーでザリザリと削って整える。
シート加工はいつも楽しい。
スポンジのカスだらけになるけど。


DSCN0805.jpg
加工が終わったら皮を被せる。
当然余った皮が情けなく残るわけだが、余り皮の手術は私すごく得意なんで心配しないで任せて下さいね。


DSCN0806.jpg
たるんだ皮に熱風を浴びせれば、引っ張らなくてもスーっと伸びていく。
楽しい。

ガンガンとタッカーを打って固定。


DSCN0815.jpg
うまいこといったな。


DSCN0816.jpg
まんまと小穴も隠れたようで。
でもちょっと引っ張りすぎたか、サイドのスキマが大きい。
後で横だけ少し緩めるか。

DSCN0818.jpg
ちょっと不満も残るが、、
ま、こんなもんでしょ。


DSCN0819.jpg
早速宮ヶ瀬にテスト飛行。
なかなか塩梅がよろしい。
暖かくて宮ヶ瀬はバイクでごった返してた。


連休終了!


おわり


本日の走行距離:126km
本日までの走行距離:109072km

本日の峠:土山峠、トズラ峠、大垂水峠

 

山中湖

ちょっと出かける。連休だし。


130505_1216~01
城山湖。
珍しく登場のボク。
風に当たったりなんかして。


神の川林道を久々に調査したりして山中湖まで。
一体この湖に何回来たんだろ?数えられるなら数えてみたい。


2013050514530000.jpg
で、コイ。
こどもの日だしね。


今日もR246で帰宅。
道空いてたなー。


おわり

 

寒い木曽ツーリング2

朝。
5時40分起床。ホントハ5時前に起きたかったのだが、ケータイの電池が切れてた。


DSCN0706.jpg
外に出る。
チョー寒い!!!
とりあえずオシッコをしなければとトイレに急ぐ。
吐く息は鼻息まで白い。冬か。

動いてないと寒くて仕方ないんでスグに撤収作業。


DSCN0709.jpg
撤収完了。
ここまでやると走る意欲が湧いてくる。
タバコ一本吸って出発。

今日もいいことがありますように。


DSCN0712.jpg
昨日入った温泉。
駒の湯さん。また来るね。


DSCN0723.jpg
とりあえずは地蔵峠経由で開田高原へ。
旧飛騨街道を使う。


DSCN0721.jpg
本日最初の峠、地蔵峠着。
峠には「これより開田高原」の石碑が。

しかし寒い。グリップヒーターの結線をサボったのを後悔する。
いつも5月までは使うんだよな。

先へ。


DSCN0731.jpg
地蔵峠を下ると「マジか!?」
と思うような御嶽山の美しい姿が。

いやーすごい。寒さも吹っ飛ぶわ。
吹っ飛ばないけど。


DSCN0735.jpg
長峰峠。
久しぶりだね。


DSCN0740.jpg
たまには撮る。
でっかいバッグがよく似合う。

時間が無いので先へ。


DSCN0748.jpg
なんとか湖。なんだっけ?地図にも書いてない。
前に見えるのは高嶺大橋。


DSCN0749.jpg
わかりやすい看板。
アイスバーンの事だろうが、今は無い。
ただ、この界隈の道路は砂が撒かれている箇所が多く、コーナー上にもたくさんあるもんだから
バイクにはちょっと走りにくい。

すべるんだよ!ほんとに。


DSCN0753.jpg
県道441号に出て濁河峠へ向かう。
ここもずっと御岳の雄大な姿が見え続ける。
ちょっと狭いがいいぞこの道は。


DSCN0756.jpg
危険な道に寄り道したりして。
前の四輪はこの看板見てUターンしてた。

ボクは当然行く。
行ってみたらたいした事なかった。
道は舗装路なのにダート並にヒドかったけど。


DSCN0757.jpg
濁河峠。
雪たくさん!

もうこの頃は体が冷え切っちゃって。
これだからバイク旅はヤなんだよ。なんて思ったりして。


DSCN0760.jpg
少し進んだら山から人間がたくさん落ちてきた。

スキー場じゃん。クルマいっぱい。

そーかそーか、寒いモンな。


さっさと去る。



木曽へ戻り、R19から旧中仙道方向の細道へ。与川峠を目指す。
迷路のような道を行った先は、ダートに変化。
さらにその先は、


DSCN0766.jpg
ゲート。。あーもう。
くるっと回ってもうひとつのルートでアタックしたが、またもゲートに阻まれた。

時間のムダー!

諦めた。


DSCN0770.jpg
戻る途中にヒツジくん発見。
二言三言会話して和む。


DSCN0777.jpg
太平峠。
この太平街道はかなりのグネグネ道路で非常におもしろい。
が、疲れるわ。

飯田へ。


DSCN0785.jpg
飯田の街。通過。
今日はもう帰るんだよね。
またとことん走ることになりそうだな。


DSCN0786.jpg
下條そばの城。
閉まってやがった。

仕方ない。
まだなんとか明るいうちに県道1号に入る。
右、左、右、左、右左右左右左・・・・・わーっ!!!
気が狂いそうなほどのクネりが続く。


DSCN0790.jpg
佐久間湖着。
もうかなり暗い。写真は明るめだが空がほんのり明るい程度。

ここからのクネクネ度は更に激しさを増す。


DSCN0792.jpg
これでもかってくらい真っ暗な中ハンドルを切り、佐久間ダムに到着。
数十キロの間、対向車には会わなかった。

こっからはトンネル地獄、直線地獄を経てやっと天竜へ。
そのまま掛川まで抜けて来来亭でチャーシューメン。

一服して気合入れてR1とR246で自宅へ。


疲れたー。


おわり

本日の走行距離:690km
今回の走行距離:981km
本日までの走行距離:108946km

 

寒い木曽ツーリング1

連休。
昨日は呑んだ。
ちょっとくらいは走りに行こうと7時過ぎに起きてモソモソと準備をし、出発の午前10時。


DSCN0678.jpg
荷物を積んでやっとやる気が出てきた。
やっぱ血が騒ぐぜ。



あてもないが、中央道に飛び乗り長野へ。


DSCN0679.jpg
あっという間の塩尻峠。
はらがへる。


DSCN0680.jpg
道の駅で山賊焼き丼。
食い応えあり。


DSCN0681_20130505234139.jpg
19号下って時間も無いのに奈良井宿なんか寄ってみる。
バイク用駐車場がありがたい。


DSCN0683.jpg
もういい時間だが、プラプラ歩く。
いいねーこういうのは。

満足するまで歩いたら出発。
奈良井宿の上の鳥居峠を目指すのだが、奈良井宿近辺が一般車通行禁止になっちゃったんで入口に辿り着けない。

仕方ないんで反対側から峠を目指す。


DSCN0686.jpg
峠道はスグにダートに。
一部段差があったが、ごくフラットでロードバイクでも問題なし。
どんどん行く。


DSCN0687.jpg
3キロほど走ると鳥居峠に到着。
長年来たかった峠なんでなかなか嬉しい。

峠には小屋があった。中はフローリングで扉のカギは開いていた。
一瞬ここに泊まろうかと思ったわ。



そうも行かないんでキャンプ場を探す。
幸いにも近くにキャンピングフィールド木曽古道というキャンプ場を発見。
スグに向かう。

オートキャンプ場らしく賑やかしい。
料金は通常1500円くらいらしいが、小さなテント一張りのライダーは、ライダースパックで1000円と。

カネ払ってテントサイトへ。


DSCN0696.jpg
やや斜面なんで木製のテント台が常設されてる。
なるほど、といそいそとテント設営をするのだが、これだとペグが打てないことに気づく。


DSCN0698.jpg
結局下に張った。。


DSCN0697.jpg
明るいうちにコンロにガスを入れようと思ったが、ホースを忘れた。
シェラカップでガソリンを汲み取る。
あーあ。



買出しに出かける。
近くにコンビニがあったな。そこで酒とつまみと主食を購入。


DSCN0699.jpg
買出しの帰りに見た木曽の山。
寒い。

キャンプ場のスグそばに温泉があるので寄ってみる。


DSCN0700.jpg
700円て言うんで入ってきた。
冷えた体を充分に温める。

調理はテキトーにやってビールを一杯。つ、つめてー。
食事はさっさと済ませてテント内へ。


DSCN0704.jpg
寝袋に半分入りながら呑む。あー最高。
寒いけど。

おやすみ。


本日の走行距離:291km

 

« »

05 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR