川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

秩父 武甲の湯

せっかくドライブしてるんだし今週も温泉に。

秩父の武甲温泉にハンドルを向ける。
わりと秩父の市街地に近いところにある温泉。


DCIM0003.jpg
武甲の湯に到着。

さぁ行くぞとタオルを出そうと思ったら後ろのハッチに頭部強打。星が出た。

中へ。
下駄箱は100円カギのシステム。
奥さまのトコには先客が忘れた100円玉が。
「あ。」と思いボクも探すとすぐ下の箱に100円玉発見。なかなかうれしい。

幸先よく券売機へ。
料金は800円とあった。
が、2000円入れて二人分買うと出てきたおつりは800円。
奥様が「?」のカオ。
ボクは機械に2000円入れた時に表示が4000円となっているのを見逃さなかったので、お札の釣りが出てくるんじゃないかと待っていたが、そこまで特はしなかった。

券売機、直した方がいいかも。


DCIM0004.jpg
奥へ。
若干しぼみ気味な感じだが、地元の人はけっこう入りに来てるようだ。


DCIM0002.jpg
廊下にはカエルたたきゲームが。
かわいい。

それにしても間違えて写真が大きすぎる。


DCIM0001.jpg
写真はここまでで終了。
中は別途HPで見て。
広めの露天と最近導入したらしい炭酸泉がよいね。


おわり
スポンサーサイト

 

名栗 白雲山鳥居観音

さわらびの湯に入ろうと思い立ち寄ったのだが、今日も時間外(早すぎ)でアウト。

仕方ないから先へ行くとすぐそばの山の上に白いレッツゴー三匹が見えた。


DCIM0008.jpg
「なんだあれ?」
と言うと奥様は、
「さっきなんとか観音て書いてあったって言ったじゃん」と。

聞いてないのが悪いのだが、これは大変だ、なぜ早く言わないんだと思う。
慌てていると「鳥居観音こっち」みたいな看板が。
ギリギリ間に合ったようだ。

行ってみると山の下に駐車場があった。
こっから登るのかと思って絶句しかけたら、その奥に自動車用の登山道が。
当然そっちに吸い込まれる。


DCIM0009.jpg
ただ、カネを取られるようだ。。
500円。
人は居なかったからズルはできそうだが大人だからしない。
カネをパイプの中に突っ込む。


DCIM0010.jpg
かなりの激坂を登っていくと妙な物体が所々で出現。
ここまで来てやっと、ずいぶん前から山の上の仏像が気になってたのを思い出した。
なんでもすぐ忘れて困る。


物体をスルーしながらずんずん登ると、かなり登ったところで突然彼らは現れた。


DCIM0013.jpg
まぁまぁでかい。
この辺から道は少しダートになるが、構わず進むとどん詰まりに駐車場と墓地が。
クルマを停めて観音像へ。


DCIM0015.jpg
来た。
思ったより大きい。
気がはやる。


DCIM0018.jpg
真下で。
3体並んでると迫力あるね。
一番大きい人は35mだと。
できたのは昭和46年だと。ボクよりひとつ若いじゃん。

巨大仏像の時はいつも天気がそこそこいい。
神のチカラか?

DCIM0021.jpg
中はやはり入れるようになってるんで、迷わず突入。
そこには受付の方?が居られて200円取られた。
別料金なのね。
まぁいい。少々のカネを払っても見ておくべきだ。


DCIM0022.jpg
中にはたくさん仏像が。
この人はよく見る。なんだっけ?
不動明王だっけ?

知らんが他にもカラフルなのやシンプルなのがあっておもしろい。


DCIM0026.jpg
いよいよ中央のこの螺旋階段を登って天上界へ行く。
ちょっと疲れそう。


DCIM0040.jpg
グルグルグルグル回ってどんどん上へ。
けっこう長い。

この時点で奥様は「コワイ」と言ったので、見捨てて一人で登った。


DCIM0039.jpg
最後は直登ラダーのような階段。
運動不足を怨む。


DCIM0032.jpg
最上階の扉を開けて外に出るといきなりエクストリーム!

あぶねー!

金網一枚で天空と隔てられた極狭の空間は必要以上に気持ちを煽る。


DCIM0031.jpg
観音様の首の後ろに居るのだが、狭すぎてこんな写真しか撮れない。
これは観音様の頭。

しかも床に水ハケのために外に向かって下り勾配がついてるんで、勝手に危ない方に体が寄ってしまう。

これは金網に寄りかかって撮った。


DCIM0029.jpg
網のスキマからカメラを出して下を撮る。
となりのがちっちゃく見えるな。

カメラ落下注意!


DCIM0037.jpg
山のてっぺんだけあって眺めは素晴らしい。
でもなんかゾクゾクするなー。

奥様は置いてきてよかった。
こんなトコ来たら発狂するな。

ひととおりゾクゾク感に満足したら降りる。
下に着いたら奥様が丸い木の板を持っていた(写真なし)。

焼き印で絵の書いてある板の裏に願い事を書いて、山の斜面にブン投げるとよいらしい。
板の入ってる箱には300円と書いてあった。。またカネ取るのか。

願い事を書く。
「無病息災」と書いてその下に「カネ」と書いておいた(写真なし)。


DCIM0042.jpg
あれが板の発射台。
眺めよし。


DCIM0044.jpg
奥さまに投げさせた。
ナントカって念仏を7回唱えて投げるのだが、7回目に顔に虫がとまり、「ギャッ!」と喚いてから投げた(写真なし)。

ちょいちょいカネを取られるのが気になるが、なかなか楽しい。
仏像好きなら一度は行くべし。


おわり


鳥居観音
場所:埼玉県飯能市上名栗3198

 

秩父までドライブ

今日は午後から台風だっていうし、クルマ。

とりあえず走ってみて青梅を抜ける。
秩父にでも向かってみる。


DCIM0046.jpg
いつも山伏峠を越えるのだが、今日は気分転換で天目指峠(あまめざすとうげ)を越える。
道は狭めだが特に問題は無い。

R299に出て正丸トンネルを抜け、道の駅あしがくぼで一休み。

露天でいろんなものを売っていた。


DCIM0051.jpg
その中にかわいいカエルくんが。
ちょっと欲しくなる。

結局奥様はこれでない別のを買っていた。

昼にゃちょっと早いが蕎麦とずりあげうどんをいただき出発。

観音参りと温泉の後、秩父市街へ。

特に行くあてもないんで小鹿野方面を回って浦山ダムから戻ることにした。


DCIM0005.jpg
小鹿野に向かう途中、上り坂の頂点のバス停に「赤坂峠」の文字が。

地図に載ってない峠だ。うれしい。


DCIM0006.jpg
くるっと小鹿野を回ったら浦山ダムへ。
水が少ない。これからたくさん降るみたいだから増えればいいけど。

台風来るし早く帰ろ、と思ったらもう雨が。
激しくなったり弱くなったり。
でもたいしたこともなく無事帰宅。


2012093021500000.jpg
奥様が道の駅で買ったのはこれ。
かわいいがウチは団地なんでドアに掛けるわけにもいかず。
カーテンに掛けてた。

もう寝よ。


おわり


本日の峠:青梅坂、小沢峠、天目指峠、赤坂峠、有間峠
本日までの峠:635峠

 

夜走り

土曜。
休みだが疲れて動きたくない。
ボサーっとしてテレビ観ながら一日過ごしたが、夕方近くなって体力回復。
午後4時にちょっと出る。

ガソリン入れようとしたらタンクのカギが開かない。
すったもんだしてやっと開いたから、とりあえず手持ちのチェーンオイルをロック部にさしておく。

行く先は宮ヶ瀬か?と思ったがもう少し走りたいから山中湖にした。


2012092918120000.jpg

18:15 道の駅どうし。暗い。
もう6時になると真っ暗だ。バイクも一台もいない。


2012092918370000.jpg

山中湖。暗い。
気温17度。ちょっと寒い。
何しに来てんだろ。

ちょろっと湖畔を走ったら三国峠へ入る。


2012092918530000.jpg

真っ暗in三国峠。
下ると濃い霧が。。

R246で帰宅。
涼しくて気持ちよかった。


おわり


本日の走行距離:215km
本日までの走行距離:103845km

本日の峠:土山峠、トズラ峠、山伏峠、三国峠、明神峠、善波峠

 

kei オイル交換

オートバックスに寄ってオイル交換。


2012092317150000.jpg


銘柄は、もう忘れた。
バイクと違って熱意がない。

エレメントは未交換。


おわり

 

別所の湯

こんにちは。いろいろあってまた日記を引っ越すことになりました。大変です。


朝。
また雨が降っている。

バイクに乗れないんでクルマで出撃。


2012092319130000.jpg
別所の湯に来てみた。
ここは温泉ではない。のだが気持ちよければどうでもよい。


2012092313100000.jpg
入る。シカが居た。
撫でておいた。

料金は700円。


2012092313060000.jpg
当然写真はここまで。

内湯、露天、サウナと一通り揃ってる。
ひとつ冷たい(かなりぬるい)湯船があって、あったかいのと交互に入ると気持ちいい。


宮ヶ瀬ビジターセンターんとこでスモークチキン買って帰る。


2012092318360000.jpg
そのまま帰るのもなんだから和田峠寄った。
雨だから茶屋も駐車場もお休み。

来週は晴れてくれ。


おわり

 

今日も温泉ドライブ

今日も降ったり止んだり。
バイクは諦めてクルマで外へ。



お昼は八王子の六角堂。
ハリガネいっちょう。



ここらの温泉はほとんど行ってしまったんで、穴場を探したんだが見当外れだった。
で、仕方なく東尾垂の湯へ。


帰りは宮ヶ瀬湖のほとりを。



虹が見えた。
けっこう鮮明。



家に着いたら雨も止んでるんでちょっとバイク。
30分ほど近所を流す。

明日からまた仕事。がんばろ。


おわり


本日までの走行距離:103632km

 

雨上がりの宮ヶ瀬

午前中、中途半端な時間から降り出した雨が止んだので、3時過ぎに出発。

今日はバイクに乗れないかと思ってたけど、少しでも乗れるようなら飛び出す。
行く先は宮ヶ瀬だけど。でも久しぶり。



けっこう暑いが、太陽が雲に隠れると風が涼しい。
秋だな。



雨上がりでモヤモヤしてたライダーが多かったのか、駐車場は思いのほか多くのバイク。
コーヒーとタバコで一服。



帰りの寄り道はやっぱりやなみ峠。

強い雨の後だから路面がグチャグチャしてた。


R246に出て家に向かう。
暫く走ると途中の信号待ちで赤いCRMが真横に停まり、

「kattsuさんですよね?」とニコッと笑いかけてくる。

唐突な出来事なんで一瞬たじろいだが、「はい。」と答える。

バイクを見てわかったそうで。するどい人だ。

「宮ヶ瀬いったんですか?」

「はい。」

「ボクらも今行ってきたんです」って。

じゃあさっき駐車場に一緒に居たのかなぁ、などと思ったが流れの多い国道なんでそれ以上言葉も交わせず走り出す。
気の利いた事も言えないですみません。
それ以降、走り方は一気におとなしく安全運転に。人が見てるかと思うと滅多な事はできないもんだ。

最近声をかけられたり、あそこで見たとか言われることが増えてきた。
まずいなぁ。


おわり


本日の走行距離:114km
本日までの走行距離:103602km

本日の峠:土山峠、平山坂、やなみ峠

 

伊東 弁天の湯

なんとか三連休を取ることができたんでちょっとドライブ。
行くあては無い。
ブラブラ流してたら伊豆に来たんで伊東の温泉でも入ってみることに。



伊東駅。
駅前にクルマを停め、歩く。

ツーリングマップルにも載ってる松原温泉会館に行こうと思ったが、歩いている途中路地の方に温泉マーク発見。スルスルと引き寄せられていく。



これだ。
当然矢印の方向へ進む。



細い路地裏の道に湯川第二浴場の古い看板が。



その先に弁天の湯があった。

なんとも言えぬいい雰囲気。
松原温泉会館に行く予定だったんで一応そっちにも行ってはみたが、こっちの雰囲気に負けてわざわざ戻ってきた。

入り口でいきなり男湯と女湯に分かれている。
暖簾をくぐると懐かしの番台が。すばらしい。番台の両側で奥さんと料金(250円)を払う。

脱衣所のロッカーは年季の入った木製、天井にはまた年代物の三菱製扇風機がクルクル回ってた。
湯船はタイル張りのものがひとつ。ケロリン風呂桶。昭和だ。

路地裏にあるせいか、観光客はおらず地元のお客がほとんど。
あんまり雰囲気がいいから写真撮りたかったけど、人が居るから当然マナー優先。



あー気持ちよかった。

入り口前の木椅子に座って休む。


当たりの温泉だわ。

絶対また来よ。


さらに周辺をプラプラ。



菓子屋でプリンをいただく。
うまい。



夕食は長浜海岸で松福のらーめんを。
替玉無料。

帰りは渋滞も無く一般道ですいすい帰った。

後で調べたら伊東には七福神の湯っていう共同浴場が点々とあるらしい。
今度はバイクで行って巡ってみよ。


おわり


弁天の湯
場所:静岡県伊東市湯川2-9-9
営業時間:14:00~22:00
定休日:水曜日
駐車場:なし

 

仙台周辺小旅行

ひょんな事から仙台~石巻を結ぶ仙石線に乗った。

仙石線は震災で途中の部分がまだ復旧できておらず、代行バスで運行している。
石巻から仙石線に乗り、矢本という駅で降ろされる。そこから代行バスに乗り換え、松島海岸駅まで行く。途中の写真は無い。
30分くらいで到着。



夜の松島海岸駅。

人は限りなく少ない。


また電車に乗り換え、仙台へ。
仙台で用を足し、また移動。



東北本線なんて乗ってみたりして。

長椅子が12人掛けなんで妙な感じだった。




石巻線にも乗ってみよう。

一両かぁ、バスみたいだ。




仙台で買ってもらったお弁当。

おいしくいただいた。


乗り物に乗りすぎてケツが痛いわ。
とある人に心から感謝。


おわり

 

« »

09 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR