川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

宮崎台 つの八(閉店)

JUGEMテーマ:グルメ




久々、二度目の来店。







素朴ならーめん屋さん。



地元の人気店。



今日はおいしいと評判のチャーハンも頼もうっと。








らーめんは今回もしょうゆで。



値段は変わらずの450円。



他店は軒並み値上げしてると言うのに据え置き。こんなに安いのに。








チャーハンも来た。



値段忘れた。



うまい。もう一杯欲しくなる。






大切にしたい近所のお店。

また来るよ。



旅の最後もらーめん屋さんで締めくくったぜ。





おわり
スポンサーサイト



 

韮崎 博多長浜ラーメン

こんにちは。毎日駅まで歩く道の途中の家に数ヶ月前からキレイなCB750FOURが停めてあります。うらやましく毎日見ているのですが、ずっと雨ざらし状態で貴重な名車が…大変です。





R20を東京から長野方面に走っているとき、韮崎あたりで道沿いにこの看板が出てくる。







この辺りに長浜ラーメンと言うのはとても場違いに感じる。



でもね、結構目立つんだよこの看板。



かなり前から気になってさ、



でもね、友達とかと来ると「ここで博多ラーメンかい!」



って思うじゃん。



なかなか入る機会がなかったんだよね。






実は昨夜もココ通って「よし、入るぞ」と思ったんだけど、僅かに遅かったようでラストオーダー終了してたんだよね。







ココ、「博多長浜ラーメン」てのが店名らしい。



らーめんの種類の事だよね、コレ。珍しいね。



店構えはキレイで入りやすい感じ。






いざ、突入。



食券購入し、席につく。店内はかなり変則的なカウンターとテーブルの配置であった。







もち長浜ラーメン(630円)を注文。



豚骨臭はほとんどしない。



食べてみても臭いはしなかった。








麺は当然博多麺。



加水の低いストレート細麺である。



糸のように細くはなく、ある程度の太さがあるものだ。






かなり無臭のスープはなんともクリーミーに感じた。なにかこう、牛乳でも入ってる感じ。

奥様は口に合わないようだったが、ボクはこういうのもありかな?って思ったよ。



食べてる時は感じなかったけど、結構油こってりのようで、放っておいたらスープの表面に「ゆば」ができてた。







お決まりの替え玉(130円)もした。



頼んでから出てくるのがとても速い。



良い事だ。






お昼時って事もあったけど、結構お客さんが入ってた。人気店なんだね。



ここら界隈じゃちゃんとした長浜らーめん珍しいと思うから(根拠なし)、近くに来たらまた寄っちゃうかも。

林道も温泉も近くてよく来るトコだしね。





おわり



博多長浜ラーメン

場所:山梨県韮崎市一ツ谷2066-1

TEL:0551-23-1341

営業時間:11:00~23:00

定休日:なし

駐車場:あり

 

下諏訪 やすらぎの足湯 御柱神湯

JUGEMテーマ:旅行




諏訪大社下社秋宮付近をウロウロして足湯を探していたら、目的の足湯とは違う足湯に出くわした。







儀象堂という施設?お店?



なんだかよくわからんが時計に関するトコらしい。



そこの入り口にあった。








御柱神湯という看板が。



ここら辺は何でもかんでも「御柱」を付ける事が多い。



全て御柱に結び付けてしまう。



今日も何度御柱の話をしている人を見たことか。



地元にこれだけ誇れる物があるというのは、都会の人間にとっては実に羨ましい。



御柱祭を知らない方はこちらへ。豪快です。








9時からが利用時間だが、時間前に来たのに既に湯が張られていた。結構ぬるかったが寒いので浸からせてもらった。







あー気持ちいい。



スミマセン、勝手に入って。



待ちきれなくて。。



こんなに広いのに隅っこにいるのはイジケてるんじゃなくて、あそこからお湯が流れてきてるからなんだよね。



そこだけ少しあったかいんだよ。



でもなんだか貧乏神みたいだね。






暫く浸かってたら9時になったのだろう、お店?の中からおねいさんが現れ、



「おはようございます、湯加減はどうですか?」



などと聞いてきた。利用時間前に勝手に入ってた汚い旅人だと言うのに全くもって優しい対応である。

それなのにボクは思わず、



「ぬるい」



などと答えてしまった。こここのバカ!

これは大変だ、恩を仇で返すようなものだ。

しかし、おねいさんはニコニコして



「スミマセン、今調整しますね~」



みたいな事言って湯加減を調整してくれた。

うーん素晴らしい。思わず惚れそうになった。

ここは他のおねいさんも挨拶して声かけてくれて、オッサンとしては非常に喜ばしいトコである。



たったそれだけで、探してた足湯の事など忘れ、ココはいい湯だったなぁ、、、などと思いにふけるボクであった。





おわり



--追伸--

儀象堂、調べてみたら「時の科学館」という時計の博物館みたいなトコだった。

一歩も入らずに帰ってしまってすみません。今度来たらちょっと寄ってみたいね。

公式HPはこちら。ブログはこちら

 

諏訪まで行ってみた

JUGEMテーマ:旅行




なんとなく家を出て、なんとなく走って目的もなくフラフラする週末流浪の旅、また行ってきた。



小淵沢近くの蔦のなんとかって道の駅で爆睡。朝を迎える。

諏訪湖に向かい、湖をシレ~っと一周。休憩中に諏訪大社近くに足湯がある事を知り、ハンドルを向ける。







諏訪大社下社秋宮到着。



漢字が10コ並んだ。



ヒマなのでとりあえず中に入り散歩。



クルクル回るが寒い。



川崎とは寒さが違う。



早々におみやげ屋さんに逃げ込む。








さすが湯の街、怪獣の口からも湯がわいている。



ひしゃくが置いてあるが、



「飲めません」と書いてある。



じゃあ、置くな。






諏訪大社の周りも散歩してみる。近くの美容院に足湯があり、なかなかいいと聞いたのだが見つからぬ。







かわりにデカいロープを発見。



デカすぎ。



聳え立っている。



あ、その下には








また怪獣が湯を吐いている。



このお湯も滔滔と流れるのみで飲めないのであろう。



この街はお湯怪獣が多いようだ。



よく見ると「温泉怪獣スパラドン」て名前が書いてある。



というのはウソだ。






結局美容院の足湯は見つからなかったけど、別の足湯を発見。堪能して帰路へ。







途中小武川林道へ寄り道。



ダートは結構減ってたけど楽しかった。



景色もいいね。






林道出たら気になってたらーめん屋さんに寄っておなかを満たす。







また走り出したら今度は富士山がクッキリと。



この辺りでこんなにキレイに見えたの久しぶりだよ。



空気が澄んでいるね。






このまま一般道でトロトロ帰ったよ。疲れた~。

今日もオチは、無い、ね。





おわり

 

« »

11 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR