川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

台風直後

朝。
台風は夜の間に過ぎ去って、幸いにもウチは無事だった。
多摩川に近い親や兄弟たちも何事もなく一安心。
安心ついでにちょっと出かけてみよかとサンバーで走り出す。



ぐるぐる回って三国峠。

ポンコツサンバーでもなんとか登れた。



山中湖の展望台。

雲キレイだけど、富士山にも雲。。



反対側の方がキレイだわ。


帰ろ。

道志みちを行く。



道の駅どうし。

裏の川がまだ濁流。
当然施設はお休み。

道志みち付近は土砂災害があちらこちらに見られた。
道路には泥が浮いていて、昨夜は道路が川になっていたと思われる。



大室指のバス停。

ここは大室指椿林道の入口で馴染みのある所だが、泥がかなり流れた跡がある。
林道は大変なことになってるのではないだろうか。

その後もたくさんの土砂災害の脇を通り、青根に出た。



道がおかしい。

降りてみた。



あ、、、

路上を土砂が覆っていた。

かろうじて迂回路があり、反対側に出てみる。



・・・

人的被害はなさそうに見える。
重機がくればなんとかなりそうではあるが、至るところでこのようになってるのではないだろうか。



その先の青根交差点。

大雨のため全面通行止め。
ここは昨年の台風で大崩落が起きて暫くの間通行止めとされていた箇所。
大雨のため、と書いてあるがまた崩落してなければいいが。

この交差点、どちらを見ても戻る方向以外は通行止めか、どこそこには抜けられないと書いてあった。
まさか山中湖方面に戻るのはイヤなのでクルマが来た方向に行ってみた。
ここの迂回路は何本かあるのだが、どこも全面通行止めの看板がついていて、ダメかな?と思ったがひとつだけ看板の無い道があったのでそこを行く。



なんとか無事に道志みちに戻れた。

が、出た所にあったのは全面通行止めの看板。
向こう側にはなかったが、こちら側からは入れないようだ。

となると道志みちで山中湖側に向かうには、かなり迂回しないとならないことになる。
他の道の状況もわからないので、また暫く通行止めになってしまうかもしれない。

なんとか帰れたけど、道志みちにはまだ行かない方がよいだろう。



おわり


本日までの走行距離:137618km
スポンサーサイト



 

江ノ島回り

朝。
昨日はやっぱり仕事だった。
起きて歯医者さん行って。
昼になったら動きだす。



お昼は毎度の藤花さん。

今日はひとりで来たよ。

あてもなくプラプラして。



久々の江ノ島。



人、たくさん。



変なジュース飲んで。


去る。


海岸沿いから秦野に向かって。



浅間峠。

秦野たばこ祭りの打ち上げ花火で、夜はこの道通行止めになると。
通れてよかった。



ついでに善波峠寄って。



当然善波トンネルも。

ホテル街から矢倉沢往還の古道に抜けようと思ったら、ガイジンの方がたくさん居てお祭りやってて
通れなかったので諦めた。

帰りは途中でウィンカーの玉が切れちゃって、ナップスで玉買って修理して帰宅。

最近こんなんでも乗れると嬉しい。


おわり


本日までの走行距離:29908km

 

久しぶりのバイク

マフラー取り付け終わったんで、耐熱ブラックを焼き付けないと。
行くのだ。

久々に出動。



いつもの土山峠から。



宮ヶ瀬。

やっとこっち側の人間に戻れたけど雨が。。



志田峠寄って。



ほんのわずかのダートを楽しむ。



大きな空。



トズラ峠で道志みちへ。



青根防空監視哨。

風強くて危ない。



綱子天神峠。

いつも迷って到着。
ここもわずかのダートが楽しい。



山中で廃車。

ヤマハ メイト50とスズキ ランディ50。
ランディは珍しい。
初めて見た。


さ、帰ろ。



やまなみ温泉そばの小道で神社。

鳥居の赤がXLと合う。


帰り道に2りんかんにタバコ吸いに寄ったら、テールランプが外れててホイールのあたりでブラブラ(笑)。
写真撮るの忘れた。
ソッコーでエーモンのネジセット買って取り付け。
配線繋ごうとシート外したら、



インナーフェンダーが無い。。

中ドロドロ。
あー、そういえば着けた記憶が無い。
洗えばいいよ。
直して帰宅。



ちゃんと直ってたわ。

すぐ壊れるクセに今日は頑丈だった。


おわり

本日までの走行距離:29698km

 

八王子のシルクロード

朝。
晴れた→祝日→休めた→バイク直ってる→出かけよう。
思い立ってバイクに跨がり、



出発したのは午後11時半。。

行くのだ。



今日は八王子の山をウロウロ。

手始めに野猿街道の野猿峠に。


去る。



続いて八王子のシルクロード、絹の道へ。

歴史の古道を行く。



絹の道。

歴史の古道は今は抜け道になっており、交通量が存外に多い。



ふと見ると絹の道資料館なるものが。

迷わず入る。



なんと立派な資料館。

こういうのが最近かなり好きになってきた。
歳とったせいか。

八王子は昔から養蚕や織物の生産が盛んだったそう。
絹織物はこの絹の道を通って港へと運ばれていたそうで。

堪能したわ。



館内に周辺地図。

あ。



なんと鑓水峠発見。

これは知らなんだ。
行かねば。
但し、車両通行禁止のよう。



仕方がないので歩く。



車両通行禁止の割にはクルマがいっぱい。

でもここに住居を構えている方のようで。



更に行くと道は未舗装に。

雰囲気出てきた。
かつては絹商人が闊歩したのだろう。



100mちょっと?でピークが見えてきた。



鑓水峠。

絹の道の石碑が立つ。
往事はたくさんの人が歩いたであろう、歴史の峠に立つといつも感慨深い。

でもなんか心霊スポットとしても有名らしい。。



もう少し先に行くと八王子市街が一望。

気持ちいいけど、1分も居ると「もういいか」と思う。
人間として恥ずかしい。

戻って先へ。
御殿峠をスルーして、七国峠に向かう。



七国峠への入り口。

ニュータウンの住宅街からいきなり山。



いきなりこの標識も。

ヘルメットおやじと仮面ライダー少女。
子供が腐りかけなのが異様に不気味。
絶対に夜は来たくない。



歩く。

が、



一向に七国峠に着かぬ。

道標も削れててわからん。
もう一度地図を見てみた。


間違えた。。


戻ってもう一度バイク。



ここだった。



デカい給水タンクの脇を探る。



あ。

あった。



「ここは七国峠」て書いてあるので間違いない。

やっと着いたわ。
ずいぶん前からこの峠のことは認識してたがやっと来れたわ。
なんか八王子側はニュータウン開発で古道がかなり消失したらしい。
町田側から来ればよかったな。
車道に近いんであわよくばバイクで行けるかな?と思ってたのだが、ちょっとね。
実際行って行けなくもない道なんだけど、やめましょう。

戻る。



峠近くの都道506号の峠。

これが現代の七国峠にあたるのだろう。


寒いからもう帰ろ。
さっきから寒すぎて何回もスマホのバッテリーがゼロになっちゃってるし。



でも宮ヶ瀬は寄ってみた。

バイク少なめ。
寒いからか。

近くでへんな峠発見したんだけど、スマホがもう立ち上がらんので終了。

久々のツーリングは気分いいわ。
明日からまた今年最後の週の仕事がんばろか。


おわり。


本日までの走行距離:28071km

本日の峠:野猿峠、鑓水峠七国峠
本日までの峠:791峠

 

久々ちょい乗り

朝。
今日はバイクに乗らねば。
寅ちゃんは昨夜観たし、今観るものはない。
とは言いつつも、ボヤボヤして、破れてるswingster直してもらって。。
お昼前にやっと出る。

ハンドルストッパーが折れてるんだけど、スッ転ばなきゃ大丈夫なんでXLに乗る。



とりあえず寺へ。



景色のいい寺だった。



いつもの景色のいい林道へ。

ちょっと荒れてる。



あー。

だめだこりゃ。



こっちもだめだわ(笑)。



諦めて地震峠に寄って。



宮ヶ瀬で一服。

ちょっと乗るだけでも今は気持ちいい。



帰りに物寄峠にも寄って。



締めは博多っ子で。


久しぶりに通勤以外で乗れて満足。
早くハンドルストッパー直さなきゃ。


おわり


本日までの走行距離:27831km

本日の峠:地震峠、土山峠、物寄峠

 

« »

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR