川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

七尾峠越え

朝。
今日は何もしないつもり。
だったのだがヒマ。
奥様も聞いたらヒマだと言うので昼から出かける。

カマスボー食ってターンパイクへ。



大観山。

去る。



富士見峠。



富士見峠からの富士山。

昨日は撮らなかったのに今日は撮る。
雲が邪魔ね。

湯河原へ下って目当ての県道102号へ。
なぜか初めての道なのだが、結構な急勾配でぐいぐい登っていってなかなか楽しい。



七尾峠。

峠はそうでもないけど、途中の道が急坂、カーブ、景色と変化があって面白い。
今度からこの道使お。
熱海駅まで直結だし。

駅で降りる。



熱海駅変わりすぎ。

最近外国人に大人気だとか。
日本人ばっかり居るけど。



お土産物の商店街ブラブラ。

楽しい。
食って歩いて。

帰るかー。

海岸沿いは混むから熱海函南道路で三島へ。



峠のトンネル抜けたら夕暮れの富士山。

サンバーと一緒に撮って。

東名高速は大渋滞なのでR246で帰る。どうせヒマだし。

明日は連休最後だから家出ボーつとしてよ。


おわり


本日までの走行距離:128170km

本日の峠:富士見峠、七尾峠、善波峠
本日までの峠:792峠
スポンサーサイト

 

峠を歩く

本が家に届いた。



全国2954峠を歩く。

2954もの峠をどうやって越えたのか、どんな峠が載ってるのか興味津々。

著者の中川さんは、これだけの峠をたったの10年で越えたらしい。
1日1峠に近いじゃん。。
できるものなんだなーと感心しきり。

一気に読んじゃった。
この後またじっくり読み返してみよう。


おわり

 

お駄賃の峠越え

今回は峠越えが少なかったんで、帰りの駄賃に普段死んでも行かなそうな峠を、サンバーで越えることにした。

まずはツーリングマップル中部北陸13ページ目の、ど真ん中の紙のつなぎ目にあって本をグイッと開かないと
見えない場所にある長坂峠に。


IMG_20170505_195513.jpg
長坂トンネルで突かれている峠。

峠好きとはいえやっぱり夜のトンネルに一人は気色悪い。


IMG_20170505_212608.jpg
続いて菊川の県道79号にある地蔵峠。

これもまたトンネル。

この2峠、市街地の近くにあって、昼間は時間に余裕でもない限り絶対に行かないような場所にある。
こんなヒマな時の夜にでも行かないとね。


おわり


本日までの峠:779峠

 

三度目の打越峠

朝。
昨日は頭痛いのに夜中起きちゃって、オードリーヘップバーンの映画を観ちゃったんで、起きたのは10時。
頭痛は無くなってたんでいそいそと遊びに行く。


DSCN3686.jpg
やってきたのは打越峠。

R412の中華屋さんの看板が無くなってたんで、国道からの入口がわからなくてウロウロしちゃったよ。


ajihei.jpg
コレね。

中華屋さんかどうか知らんけど、この絵好きだったんだけどな。
画像はグーグルストリートビューから。

いいから進む。


DSCN3687.jpg
打越峠。

ぷーたとうさんの情報によるとトレール車じゃ下からだと厳しいようなので、今回は峠側から下る腰抜け作戦で
峠越えチャレンジ。


DSCN3692.jpg
それでも心配なんでXLを置いて歩いて見に行く。

たぶん大丈夫そうだった。。

行く。


DSCN3693.jpg
ソロソロと降りていくと、見覚えのある木。

これはぷーたとうさんがどけてくれた倒木に違いない。
感謝感謝。


DSCN3694.jpg
けっこうな斜度が。

すべりながら落ちていく。
登りとは違って落ちればいいんでテクニックは無くてもなんとかなる。


DSCN3696.jpg
急斜度ヘアピン溝コーナー。

こういう時、かっこつけてサスペンションを延ばした事を後悔する。


DCIM0455_2016110619244426c.jpg
一通り転げ落ちたら馬坂の杭の所に着いた。

ほうらやっぱり下りなら大丈夫。
最初に来た時は徒歩道だからバイクで行っちゃだめって書いたけど、元々車道だったみたいなので
よいでしょ。


DCIM0458.jpg
峠下の海底集落に出て日月神社。

あー楽しかった。


去る。


DCIM0460.jpg
途中のクソ狭い九十九折の道で倒木。

せっせとどけておいた。


DCIM0462.jpg
志田峠へ。

全線舗装されてしまうのか、法面が崩れていた箇所も修復して補強されている。
残っているダートも1km未満だが。


DCIM0464.jpg
宮ヶ瀬。

今日は意外に暖かくバイクもいっぱい。


DCIM0465.jpg
帰りは東南林道で。


DCIM0467.jpg
三増峠に向かう途中に妙な脇道発見。

登る。


DCIM0468.jpg
ダート。


DCIM0469.jpg
看板が。

こんなとこにもバイクが入ってくるようで(ボクもだが)、バイク進入禁止だって。
まぁ、徒歩道には行かないように。


DCIM0472.jpg
開けた畑に出た。

1キロくらいのダートだけど、ちょっと楽しかったね。


DCIM0475.jpg
最後は相模野CC峠。

短いツーリングだったけど、ちゃんと走れてリフレッシュになったわ。
明日からまた仕事頑張ろ。


おわり

本日までの走行距離:23309km
本日の峠:打越峠、志田峠、三増峠、相模野CC峠

 

和見峠越え

朝。
疲れた。曇ってる。
寝る。

10時。起きた。
カップラーメン。

11時半出発。

先週行けなかった和見峠行こ。


DSCN2148.jpg
川。晴れた。


DSCN2149.jpg
県道から和見へ。


DSCN2150.jpg
七不思議。

どこにでも言い伝えがあるもんだ。


DSCN2151.jpg
脇道入る。



DSCN2152.jpg
なんだこの道。

狭くて脇はストン崖。


DSCN2156.jpg
めんどくさい事になってきた。


DSCN2157.jpg
と思ったらすぐ家。

人ん家だった。別荘か?


去る。


DSCN2161.jpg
今週も和見集落の末端に来た。


DSCN2162.jpg
先週と違って掃除されてる。


DSCN2163.jpg
脇道は通行禁止。

行く。


DSCN2164.jpg
倒木。

めんどくさい。
戻る。


DSCN2167.jpg
先週のゲートに着いた。

一服とおしっこ。
ココに来るとどうも催す。

忍法で突破。


DSCN2169.jpg
結構すぐに峠着。

和見峠。

やったー。感動はそれほどない。
ダート林道の分岐があるが、がっちりゲート。

下る。


DSCN2174.jpg
下ってもがっちりゲート。。

悲しい。

ワキは甘くない。ストン崖。。。


DSCN2175.jpg
忍法でくぐった。

向こう側をゆるくしとくんじゃないよ。


DSCN2176.jpg
川。また一服。

忍法使うと疲れる。


DSCN2178.jpg
またまた来ました駐車場。


DSCN2179.jpg
犬目付近の峠。

名は無いのか。


DSCN2180.jpg
恋塚。

下ってR20~R139


DSCN2184.jpg
白道へ。


DSCN2189.jpg
橋。

太郎さんのようなオブジェ。

林道へ。


DSCN2191.jpg
林道名物通行止め。


DSCN2192.jpg
当然行く。


DSCN2197.jpg
しばし走ると峠。


DSCN2195.jpg
トズラ峠。

神奈川にもトズラ峠あり。


DSCN2200.jpg
下ったら森屋荘という宿に。

あれっ?


DSCN2201.jpg
恐竜の骨が干してある。


戻って奈良子林道へ。


DSCN2202.jpg
道のど真ん中にネコ。

どかない。


DSCN2203.jpg
しばし戯れて。

さようなら、すぐ戻ってきます。


DSCN2207.jpg
ここもダートが長かったんだけどな。

ほとんど記憶が無いが。


DSCN2209.jpg
奈良子の終わり。

あーもう、峠(大峠ではない)までは行けると思ったが。

ちょっと歩く。


DSCN2211.jpg
橋。

渡ったら丈夫だったんで、ジャンプしたら、「ミシッ!」と大きな音がした。


去る。


旅のおばちゃんが居たんで楽しい会話。

帰ろうっと。


DSCN2216.jpg
寄り道の猿橋。


DSCN2218.jpg
それより気になるのは隣の橋。

なんだろー、迫力があるんだけど。
帰って調べたら発電所の水路橋だった。
日本初の鉄筋コンクリート製水路だって。


DSCN2224.jpg
最後はやっぱりいつものやなみ峠で。

疲れててもやっぱバイクは乗るもんだな。


おわり


本日の走行距離:245km
本日までの走行距離:21166km

本日の峠:和見峠トズラ峠、平山坂、やなみ峠
本日までの峠:740峠

 

« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR