川 崎 流 浪 記

神奈川県川崎市発のオートバイ旅日記

 

FRPリアフェンダー

松山のおみやげ。
せっかく来たのだからと先生がおみやげにくださった。



XR185/200のリプロリアフェンダー。

本物のリアフェンダーから型取りしてるんで、形は本物そのまま。
昨今XRのリプロ外装は海外でたくさん作られているが、なぜかXR185/200の外装はどこも作ってくれてない。
XR200R用はあるんだけどねぇ。なんで185用は無いのかね。
なのでなかなかの貴重品。



材質はFRP。

なので塗装が必要。
それと、バイクが捲れたりしてガツーンとフェンダーに衝撃が加わると、PPと違って割れてしまう。
割れても修理はきくけど。

でもやっぱりオリジナルのこの形は魅力的。



いま付けてるR&Pのフェンダーと比べてみる。

これも苦労して取り付けただけあって、けっこう気に入ってるんだが。



長さもばっちりで。

なかなか上手に取り付けたもんだ。
これはこれでぶっ壊れた時用に取っておかないと。

まだ付けるのは先なんだが、塗装の準備くらいはしておくことにした。



ペーパーがけして。



プラサフ吹いた。

チビ缶のプラサフ買ったら全然足りなかった。。。
もう一回買ってこよ。

今日はここまで。


おわり
スポンサーサイト

 

バーパッド

朝。
とりあえず10時前には起き、科捜研の女を観てから動く。

今日はとっときのヤツ(たくさんある)をやろう。



コレ。

カッコいい柄の布切れ。
このままでも充分よくてなんだかもったいない気がするのだが、着けてみる。

クルっと巻いて。



チョ、チョ、チョーカッコいい!!!

なんちゅーカッコよさ。
着けると更によろしい。
やっぱマルコムは旧ロゴでしょ。

バーパッドのカバーってホントは逆に巻くんだっけ?
でもこっち向きの方が自分で見えるからいいだろ。

2cさん、松山にカッコいいバーパッドありました!
さて、ちょっと乗ってこよ。


おわり

 

念願の松山ツアー(5)

朝。
おはようございます。
サンバーは快適に眠れるクルマです。



気持ちいいわ。

今日も晴れてるし。
晴れオトコに戻ったな。

9時にまたあそこに。
今日もまたお仲間さんが来てくれてて。
松山の人はいい人ばっかだなー。

何しよっか?
アンダーガードが鉄のまんまだなー、ここまでやったらアルミでしょ。
と先生は言い、
おみやげにアンダーガードをアルミにしましょう。
と言って漁りに行く。

あ、これについてる。
と発見し、引っ張り出す。



これ。

こっからアンダーガードを外す。
ちょっと曲がってたけど、先生はひっぱたいて直してしまった。

昨日のひどい泥を落としながらまたダベってると、またお仲間さんが来てくれて談笑。
L型のステーが必要なんでホームセンター行きましょう、なんて言ってたらまた一人お友達が。



なんかすごいバイクで来た。

BBRのアルミフレームになんかのエンジンとかなんかの足回りとか外装とかくっつけて、作っちゃったバイクらしい。
週4くらいでここに来て一から作ったとか。。

先生とこれは大変だったねー、とか言ってる。
ここはもう、「アレ」な人ばかりが来るんだなと悟る。


みんなでホームセンターへ。
コーナンで塩梅のよさそうなステーを購入。
戻るとXR500RのカモちゃんがXL125Sで来てくれてて、試乗させてくれた。

ボクの125Sとは全然違って粘る特性のエンジン。
これもアレの腰下使ってアレしてるエンジンだとか。
先生のも昨日乗って同じような特性だったけど、更に粘り強い特性なのは貴重なパーツを使ってるからだそうで。



XRのタンク乗ってるし。

いいなー。
XRのタンクはXL125Sとバヨネットの大きさが違うだけだそう。
だからXL250Rとかからバヨネットを切り取って溶接すればXRと同じタンクになりますよ。
キャップはXL250Rなんかと同じです。
などと先生は言う。
やりたくなるんでやめてください(笑)。

でもあのエンジンはいいなー、などと呟いてると横で「作る?」と悪魔の囁きをする人がいる。
ここではもうアレな人ばかりなので、改造とかカスタムとかではなく、必ず「作る?」と言うのだ。
組み合わせたり、ワンオフするのが当たり前になってます。
川崎ではバイク作る、とはあまり言いません。完全にアレな人の隠語です。
凝った加工もちょいちょいとやってくれるトコがすぐ近くにあるそうで。
羨ましいぞ松山。



アンダーガードの続き。

ノーマル外して。



これを着ける。

ボクのノーマルアンダーガードは後ろ側がひっかけるだけのタイプで、これは先生も見たことないと言ってた。
もう使わないから資料という名目で山の中にそっと置いてくればよかった(笑)。



先生は慣れた感じで加工をしていく。

もう何台もやったんでしょうね。



で、完成。

ありがとうございまーす。
アルミになるとカッコいいなー。
でもオイル交換の時外す必要があるって。
まぁ、それは仕方ない。
カッコいいんだから我慢しよう。



こちら先生のXL125S。

ボクのXLはサビだらけって思ってたら、かっつさんのはキレイですよー私の見たら驚きます、
なんて先生は言ってたんだけどホントだ。。。
でもね、見た目と裏腹に中身がすごいんですよ、これは。



横にあるこいつ。

これもお仲間さんの「作ってる」途中のXRなのだが、これがまたすごくカッコいい。
足が長くってね。
リアサスがとりあえずで付けてたものなんで、いいのがないか皆で探し始める。
今のはダンパーが死んでるので、他のにスプリング交換してみたり、違うのはめてみたりとやってみる。
そうこうしてると先生がどこからかヘイゴンの新品(2本も)や、わからん新品サスを持ってくる。
一体ここはどうなってるのか?
なんでも出てくるんだけど。
ヘイゴン欲しくなったりして危なくて仕方ない。
XRのサスは結局XL125Sのノーマルで落ち着いた。

掘り出しついでに出てきた250Sのサスは、ダンパーが効いてるので「おみやげに予備で」と進呈してくれた。
ありがとうございます。

話は尽きないのだが、そろそろ帰らねばならない時間。
XL積み込んで、皆さんと握手して、「必ずまた来ます」と言い、サンバーで出発。

別れはいつも切ない。
でもホント楽しかったー。
ホントにまた行きますんで、皆さんその時はまたよろしくお願いします。
ありがとうございます!

小豆島DSの話をしていて、「今度は小豆島で会えたらいいですね」なんて話してたので、小豆島でもいいかなー。
当分行けませんが。。。


帰りはどうしよう?と思いながらもやっぱりしまなみ海道行ってみよかとハンドルを向ける。
が、時間がちょっと無理そうだとすぐに気づいて、そうだ!道後温泉いこ。
と通りすぎてしまってるのだが、まだ大丈夫そうなので戻って道後へ。

ついてみたらなんだこりゃあ!、行列がなんだこりゃあ!
道後温泉本館は入浴行列がものすごい長さになってた。。。
本館以外にも温泉があるのは知ってるのだが、もう戦意喪失で傷心して松山道へ。
来た道帰ろ。



で、朝。

ここはどこだろう。
昨夜から走ってるんだが、調子よかったのは淡路までで、そこからはもう眠くて眠くて。
100kmも持たないで休憩したり、事故渋滞が3回あったり、帰りに実家によったりで、家に着いたのは16時半頃。
松山出たのが18時半頃だったから、22時間もかかったか。



サンバーのメーター。

行くときが119018kmだったから、1827kmも走ったのか。
松山は遠いなぁ、サンバーよありがとう。



XL降ろして。

荷物片付けて無事、松山ツアー終了。
脱力するわー。



おみやげの赤フレーム。

こんなものまでおみやげにいただきました。
ここに隠してあります。
うちの奥様はサンバーの荷台になど全く興味はないので、暫くはバレないでしょう。

先生を始め松山の皆さん、大変お世話になりました。
色々よくしていただいて、おみやげもたくさんいたきまして、ありがとうございます。
XL125Sに乗ったからできたこのご縁、XLに乗ってよかったわー。
また会う日まで!


おわり


今回のサンバー走行距離:1827km

 

念願の松山ツアー(4)

朝。
昨夜遅くまで飲んだが、起きるのは早くないので辛くない午前10時。



松山駅。

まんまと雨は降っていない。
今日は降らずに済むようだ。

コンビニで朝ごはん買って出発、先生の所へ。
先生朝のうちはお仕事なので、終わってから久万方面にツーリング。
昨晩のXLのお仲間さん達もお付き合いいただいてみんなで行く。

ワイワイと楽しいのだが、ほとんど写真を撮ってない。
大勢で楽しい時は写真など撮らないものだ。

で、一本目の道へ。
ここも楽しかったのだが、写真が無いのでしばらく文字放送で。

先生は道を上がっていく。
着いていくと入り口も細いのだが、更に激細って道かどうか怪しい感じに。
更に追い討ちをかけるように傾斜はキツくなり、昨日の雨で路面はヌチャヌチャに。。
先生は最後のほとんど斜面みたいなとこで押してたがなんとか登ってた。

次はボク。
えーいと上がってはみたものの、泥がひどい。
ちょっと回しすぎなようで、掘りながら少し登ったのたが最後の斜面みたいなとこでピンチ。
タイヤが谷側に流れて落ちそうになる。
一旦リアを戻して押しながら登ろうとするが、回しすぎなのでほじって泥を飛ばすだけ。
後ろに居た彼は泥がかなり飛んできて大変だったようだが、そんな事は構っていられない。
こっちは落ちそうなのだ、それどころではない(笑)。

思わず笑いがこみ上げてきて、バタリと倒れる。
見かねた彼は落ちたリアタイヤを上げてくれて、横でゼーゼー言ってるボクに変わって、

「乗りますよー」

ってボクのXLに乗ってなんとか上まで押し上げてくれた。
あーよかった。などと喜んでる場合ではない。
「人に自分のバイクを乗ってもらう」という、ライダーとしてあるまじき愚かなことをしてしまったではないか(笑)。
自分のことは自分でやるようにいつもしてるんですが、ついつい。



その彼が続いて登ってくる。

若いのにXR500Rなんて貴重なとんでもバイクで。
結局押したけど。



全員上がって一休み。

こんなカバレロ125なんて珍しいバイクも一緒で。
かろうじて名前知っていた。

またまた細い登りに。
倒木に四苦八苦しながらも登りきる。

降りてお昼ごはん。
「心」という釜揚げうどんのお店。
食べたことのない味でとてもうまかった。
愛媛に来たら絶対また寄りたい、と思わせるようなお店。
なのに写真はまた撮ってない。。。
いいんだよ、楽しい時は写真など撮らんもんだ。

食後(食前だったか?)の林道は林道あるあるでちょっと通れず。



その後に行った林道も。

すげー倒木でまた通れず。。



こんな洗い越しがたくさんある林道だとか。

行きたかったわー。
で、別の林道へ。
フラットな林道をブンブン。
XR500Rとカバレロが速い速い。
ボクは途中バイクが真横を向くくらいスベったりしたが、偶然転ばずにすんだ。



林道途中の広くなった所で停めて休憩。

一番奥の方が先生です。



ホンダの3台並べて撮って。

下って道の駅へ。
帰りましょー。
あー、楽しかったわー。

先生んとこに戻ってバイク漁り。



こんなすごいのでてきた。

あそこもあそこもあそこも、、、いろんなとこがおかしくなってる。
ちょっと乗らせてもらったら、ボクのとは全然違う。
これはアレとアレとアレの組み合わせで作って、エンジンはアレの腰下と、アレで組んでて…

で、XR185を見に行く。



1979とある。

79年式XR185である。
まだ完成していない。
ちょっとかわいそうな感じもあった(笑)。
先生、早く完成させてあげて下さい。


このあと先生はまた飲み会を開いてくれて、皆さん集まってくれて。
ありがとうございます。
飲みながらまた数人でバイク談義。
普段普通の人でも、バイクの話になると「アレ」な人になってしまう人ばかりで、話がマニアックすぎる。

じゃこ天や鯛めしなど、地元のおいしいものも食べられて満足。
明日どうしよう?となって、「じゃあバイクいじりましょうかー」てなことになり、
明日はバイクいじりと部品発掘に決定。
いやー今日も楽しかったわ。

で、今夜は先生のウチ付近で車中泊。
おやすみなさーい。


おわり

 

念願の松山ツアー(3)

朝。
まだ雨は降ってない。



おはようございます。

今日は松山への移動日。
でも少し余裕あるし、降ってないので少しバイクに乗る。
昨日気になってた峠に行ってみよ。

道の駅の前の国道を少し東へ。



旧国道に入る。

一気に道はいい雰囲気に。
期待できそ。

地元の車もまだけっこう走る生活道路のよう。
クルマと一緒に上がって行くと、



やったー。

なんともよい感じのトンネル。
昔はこの細いトンネルをたくさんのクルマが往来したのだろう。
哀愁が漂ってる。
ただ、夜一人では来たくない。



中へ。

全面に補強が巻かれているのがちょっと残念。
これが無いといい雰囲気なんだろなー。



反対側。

頭上注意のトラが無ければもっといいのだが、これはこれで古そうで味があるかも。


去る。



トンネル抜けた先の村。

最初は佐村河内に見えた。



峠下の集落。

なんか降りそうになってきた。

現道に出て戻る。



これが現道のトンネル。

立派だわ。
と思ってたらとうとう降ってきた。
急いで戻ってXLを積み込む。
さて、松山までドライブするか。

とある峠に向かって県道を走る。
さ、これから峠道に入るか、と言うところで、



ん?



アレー?



なんじゃ?



増えた(^o^)

たくさんのアンドロイドが居た。
なんだろう、そういう町なのか。
旅してると不思議なものによく出会う。

いざ、峠道へ。
この辺りはどこ通っても峠道は狭い狭い。



梨ノ峠。

下っていったん国道へ。



また県道入って桜美峠。

地図には堀割峠って書いてある。



峠から分岐でダートが延びる。

このダートを行くと寒風峠に着くようだが、今回はスルー。
県道を下る。



野良。

一言二言会話して。

国道へ。
まだ時間があるので暫く国道で松山方面に。
ちょっと行ってみたい峠があるんで。



トンネルの前で旧国道に入る。

この旧道から現道が見える感じがいつも好き。



峠に着いた。

ここは徳島県と愛媛県の県境の境目峠。
名前は安直だが、雰囲気はとてもいい。



これより東、徳島県三好郡とある。

いい道標だわ。



ワキには朽ちかけたおにぎりが。



下にはまた古そうな県境の道標が。



とても立派な石垣が組まれている。

往時はさぞ重要な峠だったのだろう。
気持ちよかったのでここで暫く休憩。
一服して下る。



現道トンネルの上にでた。

こういうパターンは意外に少ない。


国道に戻って高速へ。
そろそろ松山に急がんと。



17時半に松山駅前のホテル着。

サッとシャワー浴びて準備。
もうすぐようやく先生と会える。
今日はXLオーナーの友人を呼んでくれてるみたいなので楽しみ。

先に会場で待っていると先生到着。
「はじめまして、やっと会えましたねー」と握手。
お友達も含めて5人も来ていただいて、感謝です。
飲みながらバイク談義。
あんなことやこんなこと、みんな面白い人ばっかりでもう楽しくって。

一次会終わって場所変えて二次会に。
またまた面白い方が加わって更に楽しく。
貴重な資料やパーツがポロポロ出てきたりして、話は尽きない。
こんなに深くバイク談義できたの初めてだわー。

夜も更けたので、明日の予定(久万方面に走りに行くがおまかせ)を聞いて一旦お別れ。
なんだかボクにとっては怪しげなとこに行くようだが、それは明日のお楽しみ。

おやすみなさい。
楽しかったわー。


おわり


本日の峠:府能峠、梨ノ峠、桜美峠(堀割峠)、境目峠
本日までの峠:790峠

 

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かっつ

Author:かっつ
どんなに忙しくても一日最低8時間はオートバイの事を考えるバイクフリーク。

得意技はキャンプツーリング、長時間運転。

アクセスカウンター
ツーリング経県値
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR